読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  働かなくてもいい社会を  実現するには?

人間が仕事をしなくても社会がまわる現実的なしくみについて書いていきます。

イベントとそれから 

原文:

The Event and then What? - a Picture Review - Prepare for Change

 

f:id:paradism:20170526092747j:plain

(ダニエルによるインフォグラフィック)

 

 

コブラ:イベント

 

Steve: デービッド・ウィルコックは、人類のDNAと人間の意識に大きな変化を起こす太陽活動について語っています。それはあなたが言っているイベントとは同じですか。

Cobra: ええ、全く同じです。彼とコーリー・グッドが語っている太陽活動というのは、銀河からのパルスによって引き起こされるものです。26,000年ごとに発生する銀河パルスは、銀河中のすべての星々に何らかの変化を引き起こします。その銀河のスーパーウェーブが私たちの太陽系に到達すれば、コーリーたちが話したような変化を私たちの物理的な太陽に引き起こします。それは私が言っているイベントの一部です。この太陽活動は銀河のセントラル・サンの活動と関連しています。それによって地球に激変が起き、カバールの追放も、金融システムのリセットも、完全開示もすべて関連しているのです。

http://prepareforchange-japan.blogspot.jp/2016/11/pleiades-interview.html

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

 

Lynn -
私の引用が正しければ、「地球中心のエネルギが地表を突破して地球外のエネルギーと合流すると、圧縮突破が起きる」とあなたは言っていました。
宇宙からやってくる銀河の巨大なスーパーウェーブについては何度も聞かされましたが、地球中心ではどんなエネルギーが出来ているのでしょうか。

COBRA -
地球の中心はスターゲートです。
銀河のパルスでこのスターゲートが起動させられ、スターゲートからのエネルギーが地表に届きます。
でも、圧縮突破はそれに留まりません。
地下にいる光の勢力が地上に到達し、上空にいる宇宙の兄弟姉妹達はある程度地表まで降りてくるという意味です。

http://prepareforchange-japan.blogspot.jp/2016/08/pfc.html

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

 

ジョン:すべての人はイベントに何を感じるでしょうか。

COBRA :今簡単にイベントについて話しますので、何がやってくるのか基本的な考えを持てるでしょう。イベントはこの惑星における光の勢力の最後のブレイクスルーであり、イベントは多くの世界を持っています。イベントは物質界とエネルギー界を持っています。エネルギー界は惑星における振動のブレイクスルーです。なぜなら私たちは物質界だけでなく、エーテル界やアストラル界のような高次な世界にも存在しているからです。そしてそれらの世界には支配要因、支配するものが存在し人類をスピリチュアル的に支配しています。光の勢力は大きく前進し、ある時点でエネルギー界にエネルギーのブレイクスルーが起こり、それから金融システムのリセットとして物質界に具現化するでしょう。金融システムのリセットが起きるとき同時に、人類を支配していた人々の大量逮捕が実施されます。それらの人々は拘留され公正な裁判が与えられますが、もはやその人生で権力のある地位へのアクセスは許可されないでしょう。

(c2c0113)

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

イベント後

 

Lynn:
イベントの後、三次密度の人間の体は今のように年を取ったり死んだりしなくなるって本当ですか?

COBRA
人類はなお年を取るでしょう。
ただ、それはより楽な取り方になるし、大きく若返る技術もあります。
イベントはすべての終着点ではありません。
奇跡的な突然の転換ではありません。
それは、みんながよりよい存在になるためのプロセスの始まりです。

http://prepareforchange-japan.blogspot.jp/2016/05/pfc.html

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

質問:DNAのらせん構造で使用できるのは10本だけですか?

COBRA:物質界では私たちが持っているのは2本です。遺伝子操作されています。私たちはエーテル界に12本持っています。イベント後、物事は急速に進み、DNAは活性化されるでしょう。

 

 (am0413-conf)

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

 

f:id:paradism:20170526104237p:plain

Lynn:
イベント発生時のチンターマニストーンの役割は何でしょうか?

COBRA
それぞれのチンターマニストーンはレンズの役割を担います。
圧縮突破のエネルギを焦点に合わせるためのレンズになります。
(セントラル・サンからの)鼓動エネルギが惑星に届くとき、そのエネルギはある種の導体を通る必要があります。
エネルギ超導体とでも呼びましょうか。
イベント発生時、チンターマニストーンはそのエネルギ超導体になります。
地球のエネルギ・ネットワークはある程度完成されているため、これらのエネルギは惑星表面をかなり円滑に流れるでしょう。

http://prepareforchange-japan.blogspot.jp/2016/05/pfc_3.html

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

カーリー:
レジスタンスムーブメントは銀行システムと軍需複合体を人類の役に立つために改造しますが、
それはどのように実現されるのでしょうか。

コブラ
もちろん計画はされています。
何度もいいましたが、まずキメラグループが駆除され、
カバールが逮捕されることが先決です。
東方連合はすでに新しい金融システムを準備していますが、
それはファーストコンタクトまでの過渡期のためのシステムにすぎません。
ファーストコンタクトが始まると、先進的な技術は人類にもたらされます。
それによって人類は宇宙連邦の一員となり、
ほかの宇宙連邦のメンバーとも対等に交流できる自立した種族になっていくでしょう。

f:id:paradism:20170526103806j:plain

カーリー:
つまり、私たちが一人前の種族になると、先進的な技術が与えられるのですね。

コブラ
そうです。

http://prepareforchange-japan.blogspot.jp/2016/03/blog-post.html

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

LOUISA-
レプリケーターというと、分子を複製するのですか?

COBRA-
分子を複製するだけでなく、設計図さえあれば、それを物理面に顕現化することで、設計図通りの物質を作れるのです。

 

f:id:paradism:20170526105239g:plain

 

www.youtube.com

 

f:id:paradism:20170526105331g:plain

http://prepareforchange-japan.blogspot.jp/2016/07/3.html

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Lynn -
イベントの後、男女関係は改善されるのでしょうか?
一人の女性に対して、複数の男性が競い合うようなことは減るのでしょうか?
私たちの個人関係はもっと充実したものになるのでしょうか?

COBRA -
イベントの後、アルコンは排除されます。
彼らは二度と人間関係に干渉できなくなります。
それまで存在していた男女関係の古い対立やトラブルはそのまま消えてなくなります。
人々は再び真実の愛を理解するようになるでしょう。
いままでの慣わしは廃止され、それによって人間関係は劇的に改善されるでしょう。

http://prepareforchange-japan.blogspot.jp/2016/08/pfc.html

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Richard -
イベントの後、私たちはネガティブな勢力から、物理的かつ精神的に自分を守る方法を身につけるのでしょうか?
それとも、ネガティブな勢力は最小限に削がれて、私たちはプロテクションを心配する必要がなくなるのでしょうか?

COBRA -
イベントの後、ネガティブな勢力は完全に取り除かれるでしょう。

 

Richard -
イベントの後、新しい医療技術またはヒーリングチェンバーが一般市民に提供されるのはいつからですか?

COBRA -
人々が起きた数々の変化に適応し、全員で同じ思いを共有できる段階になれば導入されます。
ヒーリング・チェンバーの導入は、イベント後の半年先から数年以内だと思います。

f:id:paradism:20170526111127j:plain

www.youtube.com

 

http://prepareforchange-japan.blogspot.jp/2016/08/pfc.html

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Lynn – イベントの後、地球が公式的に宇宙の惑星社会の一員になるのはどのくらい掛かりますか。一世代はかかりそうですか。
 
COBRA – それよりもずっと早いです。

http://prepareforchange-japan.blogspot.jp/2016/12/cobra-interview.html

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Richard – 量子異常の発生、またはせめて26000年前から今までの宇宙物語を光の勢力の観点から描く映画を作る予定はありませんか。

COBRA – ありますよ。イベントの後で作る計画が上がっています。

 

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

f:id:paradism:20170526111741j:plain

Jedi : イベント後、スターファミリーやアセンデッドビーイングとの交信を円滑に行うにはテレパシーが必要なので、テレパシー能力を開発したいのですが、どうしたらいいですか。

Cobra : イベント後、銀河のセントラル・サンから大量のエネルギが流れてきてサポートしてくれます。テレパシー能力の開発もかなり楽になるでしょう。光の勢力は開発するための助言や指示を授けてくれるでしょう。ただし、能力が勝手に身につくものではなく、それなりの時間と練習を注ぎ込む必要があります。それでも今よりはずっと簡単になるでしょう。

http://prepareforchange-japan.blogspot.jp/2017/01/IGAG-interview.html

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Lynn – イベントの後、殆どの法律と司法制度全体が変わるため、世界中の裁判官と弁護士の将来はどんな感じでしょうか。

COBRA – 彼らは他の職業に就くように再訓練されるでしょう。他のことをする必要があります。

Lynn – 法体制はなくなるのでしょうか。

COBRA – 法体制は大きく再構築され、簡略化されます。裁判官は必要なくなります。弁護士の数も劇的に減らされるでしょう。

http://prepareforchange-japan.blogspot.jp/2016/06/pfc.html

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

PFCC: 最後の質問です。

人類は地球解放の遅延にこれ以上耐えられないと考える人たちがいます。イベントと完全開示は必ず実現すると示される安心材料を彼らは求めています。2026年までに人類は本当にアセンションに到達できるのか、それを疑問視しています。イベントを確実に2017年内に起こすためには、私たちがなすべきことは何でしょうか。
COBRA: 誰もがその任務を100%遂行すれば、イベントは2017年に起きるでしょう。この発言以外に、イベントの予測時期について語ることはできません。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

 

 

           何ができるか

  • 日曜日の合同瞑想に参加する–  日本時間毎週日曜日25時(月曜深夜1時)
  • 情報を広める – インターネット、ブログ、 YouTube    –    記事を書く
  • ハイヤーセルフ/ソウルとつながる –  内なるガイド/ヒーリングを受け取る
  • 自分の振動数を高める – 内なる力を探す
  • あなたのミッションを遂行する
  • 自分の才能を活かす   =  行動する

 

 

スティーブン・クックによるCOBRAインタビュー 2012/5

原文(前半):

http://goldenageofgaia.com/2012/05/18/the-2012s-interview-cobra-part-1-of-2/

 

f:id:paradism:20170525153607j:plain

スティーブン(以下、ス):

コブラ、あなたは2012年の3月末にブログ「ポータル2012」で姿を現しました。これより前に何をしていましたか?自分のブログを開設しようとしたきっかけは何でしょうか?

 

コブラ(以下、コ):

他の人々と同じく私は基本的に惑星地球で人生を過ごしてきました。同時に、特別作戦に関わることでこの惑星の解放のために戦っています。来るべき変化について一般大衆に知らせるためにブログを開設するよう3月後半にレジスタンスに指示されました。

 

ス:なぜ2012年3月31日にブログを始めたのでしょうか?重要な理由がありますか?

コ:4-4ポータルの数日前であり、惑星の意識レベルが私の提供しようとする情報を受け取る準備ができたからです。

 

ス:あなたの一番最初の投稿で以下のように言っています。

「私たちは特別なときを生きています。これは時代の変化です。金融システムは再構築され、マトリックスは崩壊し、新たな社会が生まれるでしょう。私たちの現実はまさに変化しようとしていて、その変化は全ての人に影響します。この世界はまさに完全に新たな次元、新たな現実、線形時間の終焉に突入しようとしています。準備はいいですか?この旅は準備への単なる導入ではありません...それはこの特別な時期のための究極の準備です。それはまだこの惑星で明かされていない2012年と惑星の次元変化についての情報とガイドを含みます。」

あなたが意味する「旅」とは何でしょうか?そしてどのようにあなたは私たちをこの「旅」へ準備させるのでしょうか?

コ:旅は私たちが3次元から5次元へ移行するという比喩です。情報は力です。私は人々にそれを提供します。

 

ス:コブラはコンプレッション・ブレイクスルーの略語であるとあなたは自分のブログで説明しました。

prepareforchange-japan.blogspot.jp

 しかし、なぜその名前を選んだのでしょうか?危険で有毒な蛇という少し恐れの要素をその名前は持っています。確かイルミナティの強力なシンボルでは...

コ:コブラはクンダリーニ、悟りの力、開放と自由の力のシンボルでもあります。そして、ええ、それはイルミナティにとって危険です。それは彼らにとってわずかな恐れを表していて、彼らが恐れるのはもっともです...

ス:なぜ自身の身元を秘密にする必要があるのでしょうか?

コ:自分のミッションのために、私は脅迫されたり、物理的に攻撃されたり、尋問されてきました。私の大切な人々は物理的に厳しく拷問されました。これが私の身元を秘密にしておくのに充分な理由です。カバールが排除された後、私は自分が何者なのかを明かすでしょう。その時が来る前に私が自分についての詳細を明らかにすることはないでしょう。

ス:あなたの国籍や年齢について話すことはできますか?

コ:できません。

 ス:あなたは重要なことはメッセージであり、メッセンジャーではないとも言っています。しかし人々はメッセンジャーを信じる必要がまだあるのではないでしょうか?彼らはまた本当の姓名を好みます。加えて、ここ数週間以上にあなたの経歴を私たちは知りません。あなたが信頼できる情報源であり、自分が言っていることが信頼できるというあなたが人々に確かさをもって提供する信用はどんなものでしょうか?

コ: 多くの人々にとって、自由のためのこの戦争はビデオゲームもしくはインターネットで読むサイエンス・フィクションの小説のようなものです。舞台裏で直接関わっている人たちにとっては、それは本物で、とても危険なものです。そのため私はいかなる信認も提供しないでしょう。私が情報を与え、人々はそれについて意見を述べます。

 

また 信認を求めることは思考の罠でもあります。多くの高位のイルミナティは学会や企業界において立派な信認を持っていますが、彼らが惑星にしてきたことを見てください。

 

ス:なぜあなたはメッセンジャーとして選ばれたのでしょうか?

コ:まず、私がレジスタンス内のマイケルや他の幹部とは個人的な友人であるからです。そして、私は情報戦争における専門家であり、光の最後の勝利を支援するために、この分野における私の専門技術を活かすのに適しているからです。

 

ス:しかしあなたがマイケルに会ったのは1977年の一度だけです。

コ:マイケルとの更なる関係は機密情報です。

 

ス:そして情報戦争とは何を意味するのでしょうか?

コ:情報戦争とは光の勢力と闇の勢力の間の諜報/対敵諜報分野における戦争のことです。

あなたが偽情報でないとどのように私たちは知るのでしょうか?あなたが書いてきたことは他人が以前読んできただろうことや考えていることといつも一致するわけではありません。どこであなたはそのような全体像の詳細を手に入れるのでしょうか?

コ:信頼できる情報源からあなたがたに情報を与えるよう最善を尽くしています。しかしながらあなたがたも私の情報(そして他のいかなる情報)を直感と理性の組み合わせで確認する必要があります。この組み合わせは偽情報を識別するカギです。練習すればかなり正確になるでしょう。

私の情報源:プレアデス人との直接接触による情報、レジスタンスとの直接接触による情報、オカルトエコノミーとアルファベット機関内部に深くつながりを持つ情報エージェントによる情報

 

ス:ポータル2012という名について話してください。なぜそれを選んだのか、それがあなたにとって何を意味しますか?

コ:ポータルはかつてレジスタンス・ムーブメントのマイケルのイントラネットウェブサイトの名でした。彼に敬意を表して同じ名を選びました。

 

ス:なぜあなたのブログでは暗号も伝えるのですか?闇側にも分かってしまいますよね。

コ:それは一度に多くのレジスタンス諜報員と意思疎通するための実用的方法だからです。私のブログを確認することで、彼らは更新を得ることができます。もちろん機密情報は他の手段によって送信されます。

闇のエージェントは決してその暗号を解読することはできません。たとえできたとしてもそれほど役に立ちません。実際それは彼らをより恐れさせます。彼ら自身の没落の情報を含んでいるからです。

 

ス:しかし広く世論に広めるためでもあります。世論へのメッセージと他方トップシークレットの目的という2通りの読者に役立つ奇妙な綱渡りのようなものです。1つのブログにまとめるには変わった組み合わせだと思いませんか?

コ:一般大衆がレジスタンス・ムーブメントを知るときがやってきたのです。

ス:人々があなたの言葉を信頼できる情報源として決めることを支援する、あなたの現在、もしくは以前の経歴やその他で明らかにすることはありませんか?

コ:何もありません。

ス:あなたは自分が軍人ではないとはっきりと主張しました。レジスタンス・ムーブメントに対してどのような正当性を主張しますか? 

 コ:数年間、私は彼らと協力していて、私がいくつかの特別作戦に秀でてきたのと同じく、彼らは私を徹底的に吟味してきました。例として私は何人かのカバールのトップメンバーの降伏交渉を支援してきました。

ス:レジスタンス・ムーブメントはラダック東部のコンカ・ラ近くのヒマラヤにおける地球の地殻上部にある地下とボラボラ島の下で居住し、彼らは両方の場所のプレアデス人の基地と物理的な接触を絶えずとっているとあなたは言いました。もっと話してください。

コ:あなたが言った場所はプレアデス人の地下基地です。レジスタンス・ムーブメントはより大きな大都市の地下にその主要な基地をもっています。

ス:あなたマイケルとレジスタンス・ムーブメントが1977年に始まったと話しました。あたかもあなたがそこにいたかのように。そこにいましたか?

コ:ええ、私はニューヨークの地下基地で1977年に一度マイケルと会いました。

ス:にもかかわらず、彼は良い友人だと言っていました。

コ:あいにくこれ以上は説明できません。

ス:マイケルはまだレジスタンスを導いていますか?

コ:ええ。

 ス:もしそうなら、あなたは彼やレジスタンス・ムーブメントと35年間にわたり活動してきたことになりますが、合っていますか?そうでないなら、どのくらいの期間あなたは関わってきましたか?最初に関わったときはどうでしたか?

コ:私は彼らのために働いていません。私たちは共に活動しています。

 ス:最初のコンタクトの後、私は長年にわたり関わりませんでした。私がより積極的に関わった最後の20年です。私がカバールについての機密情報を一般大衆に公表した後に、カバールのメンバーが私を攻撃してきて、レジスタンスが私を保護するという申し出をしたとき、私の活動が始まりました。

 ス:レジスタンス・ムーブメントのために最初に引き受けた仕事は何ですか?

コ:この質問に答えることはできません。

ス:その公式な接触を超えてあなたの今の役割は何ですか?あなたはレジスタンスの戦士ですか、もしくは単なる彼らの主要な広報手段なのでしょうか?

コ:私は決して物理的な戦闘に関わりません。そのため技術的にレジスタンスの戦士ではありません。私がより関わっているのは諜報、対敵諜報、カバール降伏交渉、その他の特別作戦です。

ス:あなたの通信環境は何ですか?電気通信に関わっていましたか?メディアやPR?ジャーナリスト?

コ:この質問に答えることはできません。

ス:あなたは現在国の軍部や政府内のエージェントやコミュニケーターですか?

コ:私の情報エージェントには国の軍部や政府勢力の幹部と接触している人もいますが、私はそれらと関わっていません。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

原文(後半):

http://goldenageofgaia.com/2012/05/19/the-2012s-interview-cobra-part-2-of-2/

 

ス:あなたは自身をライトワーカー、ライトウォーリアもしくは何と呼びますか?

コ:ライトワーカー、ライトウォーリア 、そんなに気にすることでしょうか?私は惑星を解放するために何をするかをより重視します。

ス:あなたは自身を地球の同盟と説明しますか?

コ:ええ。

ス:あなたは銀河同盟と地球同盟の間の世界の橋渡しをしているように思えますが、合っていますか?

コ:ええ。そうです。

ス:そしてなぜあなたはーあなたのどのような人生の側面がこれを行うことを可能にしますか?

コ:私はプレアデス人と物理的に接触をして、レジスタンスとも物理的な接触を持っているからです。

ス:あるメッセージを投稿するようレジスタンスにあなたは指示されたと言っていました。それはレジスタンス・ムーブメントだけによるものですか?

コ:レジスタンス・ムーブメントとプレアデス人です。

ス:プレアデス人はあなたのメッセージの多くの情報源なのでしょうか?

コ:ええ、いくつかは。

ス:あなたは地球人ですか、プレアデス人ですか?

コ:人間の身体に転生したプレアデス人です。

ス:あなたはプレアデスから(チャネリングではない)メッセージを伝えると言いました。プレアデス人との個人的な接触に関して少し詳細に説明してくれますか?

コ:アセンションのためのプランがありますが、これがどのように起こるかという正確なプランは、カバールが排除されるまで、機密情報です。これが理由でポジティブなET種は情報を与えてくれません。これがほとんどのチャネリングを混乱させてきました。チャネリングはポジティブなETとのコンタクトのエネルギーを感じますが、やってくる一般的なメッセージを除いて情報がありません。そこで彼らは潜在意識でメッセージを補います。これがほとんどのチャネリングが信頼できない主な理由です。どのうち数名が信頼できるかもしれませんが、彼らが誰なのかは言いません。

私とプレアデス人とのつながりはチャネリングではありません。カバールが廃除された後、一般大衆へアセンションプランに関する情報を提供します。

 ス:オペレーション・パンドラはCIAのマインドコントロール・マイクロウェーブとは何も関係がないとあなたは言いました。さらにオペレーション・フェニックスはCIAがベトナムで行った作戦とは何も関係がないとも。あなたは自分のウェブサイトで両方の暗号を述べていますが、あれらは何でしょうか?

コ:

オペレーション・パンドラ:非物質的アルコンの排除

オペレーション・フェニックス:まだ機密情報です。オペレーション・フェニックスについては何か素晴らしいことが起こっているということだけは言えます。

ス:あなたはコンプレッション・ブレイクスルーの瞬間であるイベントとそれが大量逮捕に限らないことを書いています。この2つがどのように関連するかを話してください。

コ:おそらく大量逮捕の瞬間に非物質界のネガティブな存在も排除されるでしょう。これは宇宙における最後の闇の排除の瞬間です。宇宙の光の重要性の大きなブレイクスルーです。

 ス:あなたはこう言っています。「イベントの前に、ソースは銀河連合を通じて光のパルスを送ってきて、プレアデス人が惑星地表にいる300人の諜報員を使うレジスタンス・ムーブメントに指示し、軍や法執行機関内の重要な人物に接触して、作戦が始まります。」

これがいつ起こるかあなたの考えを聞かせてください。

コ:これが起こるのは機会の窓の範囲です。

ス:そのような大規模のミッションに300人以上の諜報員が本当にいるのですか?

コ:惑星地表にいる諜報員は300人だけです。彼らは実際の逮捕には関わらないでしょう。これはポジティブ・ミリタリーとポジティブな民間当局の仕事です。レジスタンスは情報と戦略的な助言という支援を与えるだけです。

ス:5月5日から6月6日までの間の現在の機会の窓について話していましたが、多くの人々は待つことにイライラしています。彼らに言うことはありますか?

コ:待たないでください。積極的に関わってください。情報を広げてください。集団瞑想に加わってください。あなたができることは何でも行ってください。

ス:あなたは時にはネット上の他のコメンテーターからの情報を引用しています。あなたはベンジャミン・フルフォード、デイビッド・ウィルコック、ドレイクを信頼できる情報源として説明しています。どのようにこれを知るのですか?

コ:私には彼らの信頼性を確認している素晴らしい情報源がいます。

ス:どのようにあなたは正確性と信頼性を識別するのでしょうか?

コ:私はソースとの卓越したスピリチュアルなつながりがあります。

ス:あなたはなぜ今週にドレイク、ベンジャミン・フルフォード、デイビッド・ウィルコック、ケリー・キャシディー、ビル・ブロックブレイダーへ公開文書を送ったのでしょうか?どんな話ですか?私たちが知らないあなたに対する偽情報キャンペーンがあったのですか?

コ:最近彼らの間で口論がありました。私は彼らにお互い話し合い、赦し、癒して、それからリソースをより効果的に共有して協力してほしいだけです。

ス:なぜ彼らだけなのですか?確かに彼らはメッセージを発信し、私たち皆が求める変化を支援する唯一の人々ではありません。

コ:ええ、それは本当です。誰かを提案すると私たちはこの議論に彼らを含めることができるかもしれません。

 ス:自分のブログで他人があなたに情報を提供するよう呼びかけています。なぜですか?そしてどのようにしてそれらの情報源が信頼できるかどうかを知るのですか?

コ:私自身も含めて全てのことを知っている人はいません。そしてそれはより多くの情報を持っていたり、人々と新たな意味のあるつながりを構築することに差し障るものではありません。

ス:最近ワシントンでは銃撃戦があり、正確ではありませんが、NATOの間にそってことが起こっているかもしれないといううわさがあります。これらのことについて知っていますか?

コ:両方の話は本当です。軟禁状態のカバールメンバーたちは少し神経質になっています。今週(2012年5月20日)はとても強烈な緊張状態となるでしょう。

ス:同じようにG8についてもうわさがあります。G8がキャンプ・デービッドに移った理由について何か知っていますか?

コ:カバールはすべての人が1か所にいることを恐れています。そのため彼らは多様化させようとしています...

 ス:オバマ大統領は良い人物の一人ですか?

コ:私はオバマについての情報を持っていますが、まだ機密です。それにも関わらず、より大きな視点において、オバマに関するこのドラマ全ては必要ではありません。オバマが良い人物だろうと悪い人物だろうと、それは大して変わりません。

ス:あなたはアルコンについての説明、特にカルマの主とアセンデッドマスターについてのコメントが議論を呼ぶことに気づいているにちがいありません。例えばそのカルマの主は多くの人々が理解している4D、アストラル界に住んでいることです。(より高次元の世界を意味しないのでしょうか?)また、アセンデッドマスターは(多くの人々が信じているような)カルマの法則を教えていないことも。ブログでのこれらに関するあなたの見解について議論したり質問している人々に何か言うことはありますか?

コ:純粋なアセンデッドマスターの教えはここ地球では存在しません。(全てのチャネリングを含む)アセンデッドマスターから来ていると推定される全ての教えは実際彼らの弟子の教えです。その弟子たちは完全に悟りを開いておらず、したがってある程度カバールのマインドプログラミングに影響を受けやすいです。

純粋なアセンデッドマスターたちの教えは彼らが人々の集団の前に現れ、スピリチュアルな事実について教えることになるでしょう。あなたが知っているように、これは起こっていません。これが起きるのはファーストコンタクトの後です。

ス:ポジティブな考えを送ったり、私たちが望む世界を視覚化する他に、私たち皆ができる役立つことはありますか?

コ:情報を広めてください。周囲の人々と意義のあるつながりのネットワークを構築してください。

ス:この意識の変化のために待っている全てのライトワーカーに何か助言はありますか?

コ:変化に積極的に参加してください。あなたの夢を生きてください。

ス:今他に何か言いたいことはありますか?

コ:光は勝利するでしょう、私たちはその勝利に近づいています。

 

 翻訳:Takanobu Kobayashi / PFC-JAPAN Official Group 

 

 

 

 

開示プロセス 2017/5/17

元記事 The Portal: Disclosure Process

 

開示プロセス 2017/5/17

 

私たちの太陽系内では大きな変化が起こっています。完全開示のプロセスを支援するために、無数のポジティブな宇宙種の多くのマザーシップから成る巨大な艦隊が私たちの太陽系内における重要な共振点の最終的な位置に到達しました。

 

それらのシップのなかには写真ではっきりと見えるものもあります。以下の写真は私たちのチームが今週StratoProbe 5で撮影した地表から17km(57000フィート)のものです。

 

f:id:paradism:20170518111748j:plain

f:id:paradism:20170518130950j:plain

 

 

 

最近、26000年間で初めて、キメラグループは惑星地球の隔離状態の安定性についての不安を示し始めています。

これが空軍宇宙軍団内において防衛を強化している理由です。

http://www.ascensionwithearth.com/2017/04/secret-space-program-update-united.html#more

 

http://www.saffm.hq.af.mil/News/Article-Display/Article/1140695/af-announces-major-changes-to-space-enterprise/

 

開示プロセスは指数曲線であり、私たちが現在経験しているソフト・ディスクロージャーの段階ではゆっくりですが、私たちがイベントの瞬間の完全開示というブレイクスルーに到達するまで、着実に加速していきます。

地表の住民による多くの一見無関係な取り組みは、隔離状態を貫くための光の勢力のより大きな計画(オペレーション・プリズンブレイク、脱獄作戦)の一部です。

 

地球に近い宇宙空間、地球軌道、月や火星における多くの宇宙計画の取り組みは数年でブレイクスルーを経験すると期待されます。

 

http://www.cloudsao.com/ANALEMMA-TOWER

(記事要約:アナレンマタワーという超高層ビルを上空5万kmに配置する隕石から吊るすという驚愕のプラン。世界中のどこでも建設可能なうえ、どこにでも行くことができる移動式のビル、つまり空中都市。無謀とも思えるプランだが、同社は2021年に「NASAアメリカ航空宇宙局)」が、小惑星の回収ミッションを計画していることを指摘し、実現に前向きだ。詳細はこちら

http://tocana.jp/i/2017/03/post_12753_entry.html)

 

http://www.space.com/36654-virgin-galactic-fly-space-tourists-2018.html

(記事要約:ヴァージン・ギャラクティック社は2018年末までに高度100kmまでの商業宇宙飛行を成功させようとしている。宇宙船スペースシップツー1台につき6人の観光客と2人のパイロットが乗り込む。チケットの値段は25万ドル=約2800万円弱)

 

https://sputniknews.com/science/201704261053015674-space-tourism-russia-us-moon-iss/

(記事要約:ロシアの航空宇宙会社であるエネルギア社はアメリカの宇宙旅行会社であるスペース・アドベンチャーズ社と協力して月軌道[チケット代:1.5億ドル=約166億円]や国際宇宙ステーション[チケット代:2500~3500万ドル=約27億~39億円]に観光客を送り届けようとしている。)

 

http://www.ibtimes.com.au/nasa-chief-human-spaceflight-bares-plan-lunar-station-1549696

(記事要約:NASAは火星への中継地として2020年代から月面に基地を建設する計画がある。)

 

http://www.zdnet.com/article/china-and-europe-plot-to-build-base-on-the-moon/#ftag=RSSbaffb68

(記事要約:中国とヨーロッパの宇宙機関は月面に共同基地を建設し、月面採掘や宇宙旅行の拠点にしようとしている。)

 

http://www.space.com/36829-this-company-plans-to-mine-the-moon.html

(記事要約:各国の民間企業が小惑星や月での資源採掘を2020年前後に始める予定。日本からはispace社が参入しようとしている。月面にある水を宇宙船の燃料として利用して、低価格かつ高頻度な月面へのアクセスを提供し、宇宙輸送に革命を起こそうとしている。ispace社http://ispace-inc.com/jpn/)

 

http://www.space.com/36858-made-in-space-archinaut-satellite.html

(記事要約:メイドインスペース社は3Dプリンターと柔軟なロボットアームを搭載したArchinautというテクノロジーを開発した。宇宙空間において必要な部品を3Dプリンターで印刷し、ロボットアームで組み立てることができる。既存の衛星の修理やアップグレードに役立つ。)

 

 

主流メディアはゆっくりと地球外生命の存在を公表するための準備をしています。特定のネガティブな派閥がこれを部分開示に偏向させようとするでしょうが、彼らはうまくいかないでしょう。全ての主流メディアのソフトディスクロージャーの公表はまさに完全開示への足掛かりであり、オペレーション・プリズンブレイクの一部です。

http://www.ancient-code.com/nasa-mankind-discover-extraterrestrial-life/

 

http://www.ascensionwithearth.com/2017/04/on-verge-of-most-profound-discovery.html#more

 

https://news.uchicago.edu/article/2017/04/26/recently-discovered-solar-system-could-seed-life-between-adjacent-exoplanets

 

http://nypost.com/2017/04/25/aliens-may-have-existed-in-our-solar-system-long-before-us/

 

https://www.universetoday.com/135347/look-ancient-civilizations-solar-system/

 

科学者たちはついにプラズマのウェブ(訳注:蜘蛛の巣状のもの)を見つけました。

http://earth-chronicles.com/space/waves-are-found-that-go-through-the-cobweb-of-the-universe.html

 

こちらでは完璧に説明されています。

http://unifiedfractalfield.com/cosmogenetics/

 

 宇宙における最大のトーラス構造のひとつである、ダイポール・リペラーはこの宇宙においてその中心に局部銀河群と双方向に横方向へ配置されている2つの耳たぶ状の双極性を伴う領域です。ここはその中央ヌルゾーンにおいて惑星地球に伴う初期異常を浄化する宇宙の中継地です。ダイポール・リペラーは圧縮突破のプロセスを活性化させる宇宙の発電機です。

https://www.nature.com/articles/s41550-016-0036

 

f:id:paradism:20170518111918j:plain

 

宇宙の基本構造に関して、科学者たちはついにダークエネルギーが存在しないことを理解し始めています。

http://www.sciencealert.com/bubbles-of-expanding-space-could-be-the-end-of-dark-energy

 

加えて、代替コミュニティではシューマン共鳴が増加していないことをついに理解し始めています。

http://www.stillnessinthestorm.com/2017/04/must-read-schumann-resonance-advanced-science-psychophysical-regulation-and-psi.html#more

 

http://www.diamondlightworld.net/blog/heartmath-institute-the-schumann-resonances-are-not-increasing

 

http://sedonanomalies.weebly.com/schumann-resonance.html

 

シューマン共鳴はシューマン教授の名をとって命名されました。この人物はドイツの初期の宇宙プログラムに関わり、後にペーパークリップ作戦でアメリカへ渡りました。シューマン共鳴の周波数はかなり安定していて、電離層の空洞の物理的な大きさによって主に定義されています。

 シューマン共鳴の振幅はまさに変化していて、電離層のプラズマが励起するときにより増加します。太陽活動、雷雨、スカラー・プラズマ兵器やHAARPの使用や最近では光の勢力がプラズマ異常を排除したときに、電離層のプラズマが励起します。

 

f:id:paradism:20170518111947j:plain

 

科学や代替コミュニティにはゆっくりと解消されるであろう他の概念があり、示され理解されています。熱力学第二法則(閉鎖系は存在しない)、過去へのタイムトラベル(少なくともマクロレベルで因果律に反する)、平面地球(平面地球における日没は大気の吸収が原因で不可能であり、日没の日光は大気中を何千マイルも進む必要がある)

 

 Victory of the Light!

 

 翻訳:Takanobu Kobayashi / PFC-JAPAN Official Group

 

 

 

 

ヤルダバオート除去率と識別力

 

ついにヤルダバオート頭部の除去率が50%を超えたそうです。

 

f:id:paradism:20170513121618j:plain

 

追記:5/12現在、52%になったそうです。

www.disclosurenews.it

 

そしてコブラは最新のアップデートにおいて、識別力について書いています。

prepareforchange-japan.blogspot.jp

 

この記事ではこのサイトの情報が正しいのかどうかを識別する方法を自分なりに考えてみました。

 

 

そもそもヤルダバオートが除去される条件とは?

 

国際黄金時代グループのコブラ・インタビュー ~ PFC-JAPAN OFFICIALより

Cobra : チンターマニストーのエネルギ・グリッドは日増しに強くなっていて、イベントのフラッシュを持ちこたえるほどの強さはもちろん備わっています。ただ、それよりも大事なのは、このグリッドがヤルダバオートの消滅に役立っていることです。それはチンターマニのグリッドをさらに強化する理由の一つでもあります。強ければ強いほど、プラズマ異常の完全解消を進めることになります。」

 

 

PFC コブラ・インタビュー 2017/3 ~ PFC-JAPAN OFFICIALより

イベントを前進させるための一番の戦術

「Lynn – エーテル界解放瞑想の成功以降、ヤルダバオートトップレット爆弾は地表だけのものになりましたが、ヤルダバオートの頭を消滅させるために、一番の戦術は何ですか?
 
COBRA – 一番の戦術は、戦略的な場所チンターマニストーを埋めることです。陸地だけでなく、海岸から遠く離れた海にも置く必要があります。

 

 

次は時系列から検証

 

17/1/14 重要な状況報告 ~ PFC-JAPAN OFFICIAL

「また、太陽系外縁のバリアとして張られたタキオン膜は、プラズマ異常をある程度通すことも見つかりました。特定の状況下では、ネガティブなプラズマ生命体はセトのトンネルを経由して膜を通り、太陽系の内外を行き来できます。太陽系外側にあるプラズマの初期異常はまだ完全に取り除かれていません。銀河のオリオン腕に沿って延びているプラズマ・フィラメントの領域は特にそうです。」

 

 ↓

 

17/2/12 コブラ近況報告 2017/2/12 ~ PFC-JAPAN OFFICIAL

「光の勢力太陽系とその先にあった殆どのプラズマ異常を除去することができました。残ったプラズマ異常やトップレット爆弾の大半は、地球の中心から直径1.5倍以内の領域に溜まっています。」

 

「太陽系全体のトップレット爆弾とともに、ヤルダバオートの異常プラズマフィラメントの密度は、急速に下がっています。フィラメントも溶ける寸前の状態まで達していて、残っているのは実質ヤルダバオートの「頭部」だけです。この「頭部」を構成しているのは、過去26,000年間に地表に幾重も積もってきた異常プラズマの層です。」

 

 

17/3/1 エーテル界解放報告 ~ PFC-JAPAN OFFICIAL

「活性化の瞬間、巨大なポジティブ・プラズマの波が太陽系を一掃し、地球の電離層をも通り抜けて、シューマン共振数を急上昇させました。」

「この波によって、太陽系から殆どのネガティブ・プラズマが実質的に一掃されました。レジスタンスから、月の軌道の外側領域からプラズマ異常を検出できなくなったという連絡が来ました。

それはつまり、ヤルダバオートの「触手」が完全に消失して、「頭部」だけが残ったことを意味します。
私たちの活性化以降、ヤルダバオートの「頭部」のヒーリングは予想よりも早く進んでいます。
 
 

17/3/13 台湾アセンション・カンファレンス報告 ~ PFC-JAPAN OFFICIAL

「カンファレンスが土曜日のクライマックスを迎える前に、一部の重要なライトワーカーに対して、アルコンが酷い攻撃を仕掛けたため、光の勢力の堪忍袋が切れました。

光の勢力はそれに対抗するため、土曜日の夜23:30(台湾時間/日本時間は24:30)に、「マートの正義」という名の猛烈作戦を開始しました。この作戦は21時間も続きました。その結果、すべてのネガティブな非物質的生命体は、排除の運命と銀河のセントラルサン送りを免れなくなりました。さらにこれに伴い、ヤルダバオートの頭部の浄化も大いに加速されました。

 

 

PFC コブラ・インタビュー 2017/3 ~ PFC-JAPAN OFFICIAL

「ヤルダバオート

 

Aaron – 次の質問です。ヤルダバオートの完全消滅まではあとどのぐらいかかりますか?
 
COBRA – いままでのどんな時よりもずっと近づいたといっていいでしょう。その生命体の触手またはプラズマ・フィラメントはすでに完全に取り除かれています。頭のほうは消滅の初期段階です。
 
Aaron – イベントへの前進を妨げているなんらかの爆弾はありますか?
 
COBRA – ええ、もちろんです。まだトップレット爆弾が残っています。それが残っている限り、イベントは起きません。それが一番の理由です。トップレット爆弾がなくなれば、イベントの引き金は引かれるでしょう。
 
Aaron – 乗り越えなければいけない障害はほかに何かありますか?
 
COBRA – いま言ったように、残りのプラズマ異常と、ヤルダバオートと結合したトップレット爆弾を取り除いたら、イベントを引き起こすことになっています。それがいま進行中の計画です。
 
イベントを前進させるための一番の戦術
 
Lynn – エーテル界解放瞑想の成功以降、ヤルダバオートとトップレット爆弾は地表だけのものになりましたが、ヤルダバオートの頭を消滅させるために、一番の戦術は何ですか?
 
COBRA – 一番の戦術は、戦略的な場所にチンターマニストーンを埋めることです。陸地だけでなく、海岸から遠く離れた海にも置く必要があります。」

 

↓ 

 

惑星情勢の最新情報 2017-4-8 ~ PFC-JAPAN OFFICIAL

 「光の勢力は、すべてのプラズマ異常やプラズマ・トップレット爆弾、ベールに関わる全てのプラズマ・スカラー技術とともに、ヤルダバオートの頭を集中的に取り除いています。

「銀河連合とアシュター・コマンドによる光の勢力は水曜日に、地表に近いところのプラズマ異常の全力除去を精力的に始めました。

 

 

 

結論:ヤルダバオート頭部の浄化があと地表部分を残すところまで進展しているのは確実。ただし浄化がどのくらい進んでいるかは確認できない。

 

 

究極の確認方法

・このサイトにおいてヤルダバオートの除去率が100%になっているのに、COBRAがそれを否定する。

・最大の障害であったヤルダバオートに含まれているプラズマトップレット爆弾が解除されたのに、光の勢力が「直接」介入してこない。

・戦略的な場所にチンターマニストーンが全然置かれていないのに、このヤルダバオートの除去率が100%になっている。

 

 

追記

Yaldabaoth Tentacles Removal and Universal Dissolution Update - Disclosure News Italia内のコメント(このリンク内の下の方にあります)より

 

rabbit on 03/05/2017 at 4:10 pm

When the Universal Dissolution is to be 100%, Does it mean it can trigger “The Event” within several hours, days… or immediately?

全体の浄化率が100%になったときは、「イベント」を数時間以内、数日以内、もしくはただちに引き起こすことを意味しますか?

 

Disclosure News on 03/05/2017 at 4:30 pm

According to Cobra, once the dissolution will be close to the completion and the Toplet Bombs sensibly less than the Resistance Movement can enforce their operation and speed up the process. No one can make predictions or give the timings, we shall wait and see, while we do our best to increase our consciousness… probably, at that time, we will be very colse to the Event.

COBRAによると、浄化が完了に近づき、トップレット爆弾がかなり少なくなってくると、レジスタンス・ムーブメントは作戦を実行し、プロセスを加速させます。誰も予測やタイミングを出すことはできません。自分たちの意識を上昇させるために最善を尽くしながら、様子を見ましょう。もしかすると、その時、私たちはイベントにとても近づいているでしょう。

 

 

ニホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ(本の紹介)

 

ここ最近、「〇〇を食べてきた」という記事しか書いていないような気がしますが、

実はもう1つだけヴィーガンのお店の記事がありますので、しばらく別記事をお待ちください。

 

前回の記事で、アインソフリプルで食べた「ヴィーガンハンバーガー」について書きました。

 

paradism.hatenablog.com

 

その帰りに腹ごなしとして、新宿の紀伊國屋書店に行ってきました!

 

 

当初の目的は、ベンジャミン・フルフォード氏の著作を立ち読みしに行くことでした。

 

トランプドルの衝撃 新生アメリカはロシアとの白人同盟を目指す

こちらはウェビナーでも紹介された、彼の新作。

 

新装版 闇の支配者に握り潰された世界を救う技術

ガンが完治する治療法、寿命を千歳まで延ばす技術、水で走る車、記憶力を飛躍的に高める薬、海水を真水に変える装置、地球上を瞬時に移動するマシン」など、実際にすでに開発されている画期的なテクノロジーについて興味がある方はこちらの本が特にオススメです!!

このような本が日本語で読めることは本当にうれしい限りです。ベンジャミン・フルフォード氏に感謝です!

 

こちらの記事も参考になります!

d.hatena.ne.jp

 

 

そしてこれらベンジャミン氏の著作がまとまっているコーナーに置いてあった次の本が今回紹介するものです。

ニホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ

本当に偶然発見しました。もし新宿の紀伊國屋書店に立ち寄らなかったら、絶対に知ることはなかったでしょう。この本はたった1か月でベストセラー入りしています。どの程度かというと、初版の三倍を上回る注文が殺到し、あっという間に在庫がなくなり、重版の印刷が追い付かず、Amazonの入荷が2週間空くほどだそうです。

 

 

次のキーワードにピンときたら、読む価値が大いにあります。

 

金の流れや動き、誰が儲かるのか、台本
搾取されている、騙されている、 日本銀行が民間企業、ニュー山王ホテル、日米合同委員会、派遣会社の数、日本会議統一教会公明党(創価)、強行採決

 

 

さて、その内容は...

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

第1章 「政治」が無いことを知ろう

 

1 国会議員が作る法律は2割もない
2 法律は資本家によって作られる
3 言われたとおりに法律を作るとおカネがもらえる仕組み
4 政治家はゾンビであるという意味
5 ニホン国の仕組みは北朝鮮と変わらない
6 なぜニホン人のためではなく、外国人のために法律を作るのか
7 総理大臣はコンビニの店長のようなもの
8 国会議員に世の中を動かす力などない
9 野党でないのに野党のふりをする人々
10 政党の役割とは政治が存在すると錯覚させること
11 アメリカでもニホンでも資本が国家を操る
12 議会も政治も国家も無いということ
13 おカネのために政治をする者を何というか
14 まともな政治家はこうして消された
15 知性のない国民が知性のない政治家を選ぶ
16 政治家も国のおカネの流れを知らない
17 公務員が税金の全てを使ってしまう
18 貴族と奴隷の関係として捉えればよい
19 人種差別で国民の不満を解消させる方法
20 反戦運動はニセモノだった
21 原子力発電は国民を犠牲にするから儲かる
22 ニホンは泥棒主義の国
23 私たちの民度は世界最低のレベル
24 もう資本家に怖いものはない
25 戦争の目的とは国民の財産を富裕層に付け替えること
26 国の本質は暴力である
27 信じられないほど残酷なことを平気でする
28 お笑い芸人と政治の関係
29 国民は馬鹿だから何をやってもいいという考え
30 すでにニホンは先進国ではない
31 テロが起きるたびに政治家が大喜びする理由
32 なぜ国民が貧しくなる仕組みを作るのか
33 若者は自分たちが売られたという自覚がない
34 巨大すぎる詐欺だからこそ見過ごされる
35 君が想うより社会は1000倍も汚い 
36 すでに憲法は止まっていた
37 経済の仕組みとはたったこれだけ
38 大企業はどれだけ脱税してもかまわない
39 身分制度を直視すること
40 国民を食い物にして肥え太るという図式
41 宗教家が政治家になっておカネを稼ぐ
42 人とおカネの繋がりから世界の現実を見る
43 無知な人々が絶望の国を作る
44 大学よりも戦争に行かせたい
45 教育におカネを使わないから未来がない

 

第2章 地球から「国」が消える仕組み

 

46 政府を廃止する運動の高まり
47 コカ・コーラシャッター商店街の関係
48 ニホンは独立国家ではない
49 なぜ総理大臣は外国におカネを貢ぐのか
50 オリンピックはおカネ儲けのために開催される
51 北朝鮮のミサイルが危険ではない理由
52 戦争ほど儲かるビジネスはない
53 アメリカは戦争がなければ潰れてしまう 
54 徴兵のために選挙年齢を引き下げた
55 軍隊を駐留させて要求を呑ませる
56 大統領とは原稿を読むだけの仕事
57 資本家の道具としての政治家
58 世界は500年前から変わっていない
59 主権を奪われた国が廃れる状態を何というか
60 国民がパニック状態の時に行われていること
61 他国の混乱でカネを儲ける
62 右翼の意味もわからない馬鹿が右翼をやっている
63 株価と年金とネコの死体
64 消えた年金は誰のものになるのか
65 国民は主権があると勘違いしている
66 国民の暮らしではなく資本家の利益が第一
67 最も高い税金を払い、最も低い福祉を受ける
68 ニホンは「領土」を売る世界でただ一つの国
69 国民ではなく資本のために働くと誓った
70 戦争は銀行家によって作られる
71 なぜアメリカ兵はアメリカ製の武器で殺されたのか
72 私たちが共有する捏造の記憶
73 ニホン人のおカネがニホン人を貧乏にする仕組み
74 企業も政府も外国人に所有されている
75 アメリカとニホンの関係を表す言葉
76 国民を守る意思の無い国

 

第3章 新聞テレビは知能を破壊する

 

77 テレビを視るほど馬鹿になる
78 新聞と学校と洗脳
79 マスメディアは広告業者であって報道機関ではない
80 スローガンによって思考を麻痺させる
81 本当の経済の仕組みが語られない理由
82 「絆」という言葉の裏に隠されていること
83 目に見えない戦争を何というか
84 資本家がマスコミを所有している
85 これほど恐ろしいことが伝えられない
86 マスコミが何が重要であるのかを決める
87 危険な法案の成立をスキャンダルで隠す
88 どれほどニュースに触れても意味がわからないのはなぜか
89 こうして国民は知る権利を失った
90 おカネのためならどんな嘘でも流す
91 狂人は自分の狂気が認知できないから狂人である
92 著名人の言葉なら簡単に信じるという論理
93 これをナチ的状況と言う
94 現実とそうでないものをどう区別するのか
95 嘘を流すという職業
96 愛で地球が救えるはずがない
97 なぜ新聞テレビはアメリカのことを批判できないのか
98 テロリストなんてどこにもいない
99 国民を脅して軍事費を引き上げる
100 だから世論調査を信用してはいけない
101 新聞の社説が小学生の作文のようになった事情
102 要するにマスメディアは国民の敵であるということ
103 無知が悪なのではなく、無知の自覚のないことが悪なのだ
104 私たちの認識は常に歪んでいる
105 国民は家畜のように大人しくなった
106 マスコミがどれほど酷いことをしたのか
107 怒鳴り散らして反論を封じ込めるというやり方
108 テレビ局が国民に知られてはならないこと
109 ニホン社会は迷信によって成り立っている
110 新聞社は読者の生命よりも不動産の価値を優先した
111 国家と企業と報道が共同する暴力
112 国民が非科学的である限り新聞テレビは潰れない
113 当たり前のことがわからないバカ者を何というか
114 バラエティのノリで恐ろしいことを隠そうとする
115 小さな悪が積み重なると途方もない悪が出来上がる
116 誰もが仮想現実の住人であるということ
117 私たちは生まれてからずっと精神の牢獄にいる

 

第4章 学校は人間を機械にするところ

 

118 重要な歴史は教科書から削除されている
119 ヒップホップが必修科目になった理由
120 考えさせないための「教育」
121 学校は非公式の軍隊であるということ
122 なぜ才能の芽を潰そうとするのか
123 部活で身体も思考も壊される
124 スポーツは馬鹿を作るための道具
125 戦争したい人たちが教科書を書いている
126 なぜ先生を信用してはならないのか
127 歴史に学ばないから再び戦争する国になった
128 真面目に生きれば報われるという嘘
129 これはファシズムではないのか
130 自分を守るために知っておくべきこと
131 評価を真に受けると一番大事なものが死ぬ

 

第5章 これからニホンで起きること

 

132 国民はどんどん貧乏になる
133 移民が増えて失業者だらけになる
134 国民が進んで戦争に行くようになる
135 文化の廃れた国になる
136 緩慢な戦争が続く国になる
137 言論の自由がなくなる
138 国民が常に監視される
139 憲法が停止し、権利が縮小する
140 財政が破綻する
141 そこら中が病人だらけになる
142 食料の自給が止まる
143 先進国ではなくなる
144 企業が政府になる

 

第6章 なぜ大人は何も考えないのか

 

145 そもそも考える教育を受けていない
146 生まれてから死ぬまで刷り込まれること
147 聖書の時代から変わらない仕組みがある
148 洗脳は生涯途切れない
149 ほとんどの人間は社会の仕組みを知らないまま死ぬ
150 なぜ私たちはこれほど無抵抗なのか
151 自分を騙す心の働きがある
152 他人と同じであることで安心する心性
153 理解できないものを憎むという生理
154 思考はどのようにして歪むのか
155 信念や知識を覆す情報に触れると脳が「痛い!」と感じる
156 おカネをもらって「愛国」を叫ぶ人々
157 宗教によって思考力を奪う
158 今考えなければ永久に考える機会はないのに
159 ネットに依存するほど頭が悪くなる理由
160 権力者は知性を根絶やしにしたい
161 本を焼く国は、やがて国民を焼く
162 憧れる者に支配されるということ
163 教養がないから肩書に騙される
164 もはや当たり前のことが分からない
165 都合の悪い現実をなかったことにして自我を保つ
166 戦後から続く知能を低下させる取り組み
167 考えないことが一番良いという考え
168 まるで少女のミイラのようになった
169 生命よりも娯楽に関心がある
170 変化しないと精神が死ぬ
171 自分独自の考えというものはない
172 正常な人間を押しつぶす無理解の壁
173 無知であることはこれほどまでにおぞましい
174 人間が幼稚だから言葉遣いも幼稚になる
175 アリのように部分は見えるけど鳥のように全体が見えない
176 現実ではなく妄想に基づいて行動する
177 ヒトの群れもネズミの群れも同じということ
178 無知と迷信の密林に生きている
179 子供のまま大人になった人々
180 私たちは動物以下に堕ちたのか

 

第7章 これから君たちが考えなくてはならないこと

 

181 知性によって生存の確率が高まる
182 知識がなければネットの情報に触れても意味がない
183 読書しなければ人間になれない
184 繋がることよりも繋がらない価値
185 見るもの、聞くもの、読むもの、全てに作為が潜む
186 ネットで本を買うのをやめる
187 ツイッターフェイスブックは致命傷になる
188 そもそもすでに国がないのだから愛国心なんて持たなくていい
189 政治や社会に関心のない馬鹿者のふりをする
190 信じるのは自由だが、依存してはならない
191 科学と疑似科学を見分けること
192 ニホンの未来はアメリカの今であるという学説
193 必ず遭遇する「敵」を理解しておく
194 意思の疎通ができないのは当たり前である理由
195 関連を捉えられなければ思考しているとは言えない
196 知識の砂浜を歩く君の知識はコップ一杯程度
197 死ぬまで学び続けること
198 国境に跨る社会を築こう
199 生命を授かると同時に残酷を授かった
200 悪意と暴力と矛盾の中で可能性を模索する
201 世界が闇であるのなら自分が光になればいい

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

読んでみたくなる内容ばかりですよね!

 

政治、資本家・銀行家、マスメディア、学校といった常識という名の嘘をことごとく暴き、その真実をわかりやすく書いてあります。

 

しかもこの本がすごいところは、各テーマが片面1ページで完結するところにあります。つまり、要点が簡潔にまとまっています。気になるタイトルが多すぎて、ついつい何度も繰り返し読み進めてしまいます。非常に読みやすいです。

 

 第1章は「政治」、第2章は「お金」、第3章は「マスメディア」について書かれていますが、本書で指摘されている通り、これらすべてを資本家が所有しています。

 

そして、その資本家、銀行家つまり、カバール、さらに彼らを支配しているアルコンキメラグループといった闇の勢力の全体像へと展開していくことができます。

 

カバールについて

prepareforchange-japan.blogspot.jp

 

アルコンについて

prepareforchange-japan.blogspot.jp

prepareforchange-japan.blogspot.jp

 

キメラ(キマイラ)グループについて

prepareforchange-japan.blogspot.jp

 

 

この本を読んでも、アルコンキメラグループについてはおろか、カバールについてわかるわけではありません。ただ、この世界は暴力と矛盾に満ちているというまともなことを述べていて、真実への入口としては最適な良書です。

 

 

 

 

 以下まえがきより

「君たちが対峙する脅威とは、外国資本の傀儡と化した自国の政府であり、生存権すら無効とする壮絶な搾取であり、永劫に収束することのない原発事故であり、正常な思考を奪う報道機関であり、人間性の一切を破壊する学校教育であり、貿易協定に偽装した植民地主義であり、戦争国家のもたらす全体主義である」

 

「そしてそれは”できあがった脳”の大人には到底不可能な作業であり、柔らかく可塑(刺激によって変化可能な状態)性に満ちた脳を持つ君たち〈若者〉の特権なのだが、この場合における〈若者〉とは単に未成年を表すに止まらず、権威や常識に束縛されない自由な精神を持ち続ける者の総称であることを申し伝えておきたい。」

 

 

 

 

ヴィーガン・ハンバーガーを食べてきました!

最寄駅:西武新宿駅もしくは新大久保駅

f:id:paradism:20170503104814j:plain

 

 食べたヴィーガンハンバーガーはこの3つ

f:id:paradism:20170503105047j:plain

 

 まずはクリスピーソイチキンバーガー

f:id:paradism:20170503105405j:plain

 

 これがその断面。なかなかチキンぽい。

f:id:paradism:20170503105904j:plain

 

 次はファラフェルバーガー。ファラフェルは中東などで食べられているひよこ豆からできているコロッケみたいなやつです。

f:id:paradism:20170503105453j:plain

ファラフェルの断面図は割愛しました。一応写真を撮りましたが、しっかりと特徴を捉えることができませんでした。コロッケパンです。

 

 最後は、リプルチーズバーガーです。

f:id:paradism:20170503105629j:plain

 

 はさまれているヴィーガンパテがなかなか肉ぽい見た目。

f:id:paradism:20170503110320j:plain

 

 

 

外から見える店のカウンター席で食べていたんですけど、

外にいる人から食事している私を見ると、

「ここはマックかな?」

としか思えない光景だと思われます。

 

その昔、人工肉(人類を救う未来の食べ物「人工肉」のメリットと作り方解説ムービー - GIGAZINE)というのをネットで見たことありますが、

ヴィーガンハンバーガーの完成度の高さを見ると「もう別に人工肉さえいらないんじゃないかな」と思えてきます。

 

知らないでこれらのヴィーガンハンバーガーを食べたら、これらが肉を使わずに調理されていることに絶対気づきません。

 

 

 

 肉でご飯を食べているのか、肉についている味付けでご飯を食べているのか気になり、実際に調べたことがありました。

 

例えば「豚肉のしょうが焼き」って料理がありますよね。この豚肉の代わりにソイミートを入れて、同じ味付けをしたことがあります。

 

結果、ご飯は進みました...

 

同じことを唐揚げでもやってみました。鶏肉の代わりに、ブロックタイプのソイミートで唐揚げを作り、同じ味付けをします。

 

結果、ご飯は進みました...

 

そして今もカレーの中にソイミートを...

 

ご飯は(以下略)

 

 

結論として私は肉ではなく、肉についている味付け(調味料)でごはんを食べているだけだと気づきました。

 

絶対に肉が必要かと言われれば、「別になくてもいいよね」という感じです。

 

肉食についてはアントワインのこちらの記事も参考にどうぞ。

 

 

paradism.hatenablog.com

 

 

 

 

 

毎晩実施されている瞑想の一覧

 

集団瞑想について

COBRA – 瞑想は物質界と高次元界の間にチャンネルを作り出します。このチャンネルがあると、光の勢力はより多くの介入が出来るようになります。しかし、ただの祈りよりも、特定の場所、特定の時間に意図を持って集中した瞑想を行った方がその効果が何倍にもなるのです。
Richard – 例を挙げて頂けませんか。
COBRA – ウィークリー・アセンション瞑想はいい例です。

 

 

集団瞑想はどのようにしてプラズマトップレット爆弾の解除に役立つのでしょうか?

 

COBRA: 集団瞑想は物質界をそれより上位のスピリチュアル次元界に連結します。それによって多次元ブリッジが作り出され、光の勢力のプラズマやトップレット爆弾への対処に役立つのです。

 

 

 

①まずは闇の契約を抹消する宣誓文を唱えます。

 

 (5/11更新)ヤルダバオート瞑想の時間が23時に変更になりました。これで全世界同時に瞑想できます!より強力な効果が期待できます!

 

②21時:シリアペンタグラムヒーリング(毎日)

※平和瞑想はシリアと朝鮮半島ベネズエラが落ち着くまで、継続する予定です。

 

③22時:デイリー・アセンション瞑想(毎日)

 

④23時:全世界同時ヤルダバオート除去瞑想(毎日)

 

⑤25時(午前1時):ウィークリー・アセンション瞑想(週に1回)

 

 

ーーーーーーーーーーーーー

①まず、下記の闇の契約を抹消する宣誓文を唱えます。

※まだ1度もやってない方、初めての方、時間のある方、昨日瞑想に参加していない方対象

ーーーーーーーーーー

「私は、本当の自分として、自分の聖なる魂の存在として、次元上昇した全ての光の存在の名において、銀河連合の名において、ソースの名において、過去、現在、未来において、闇の勢力と私の存在のいかなる部分との間に結ばれた契約も合意も無効とし、それらすべてを解消することをここで命じます。いま、これらの契約と合意、さらにそれらがもたらした影響も、私の現実から完全に消去されました。私はいま自由になりました。私の全存在のあらゆるカルマはこれで消去されました。私は今から自由になり、永遠に自立した光の存在であり続けます。そうなりますように、そうありますように」光に包まれて、ここにて署名致します。(名前)

ーーーーーーーーーー

 

シリア・ペンタグラム・ヒーリング瞑想 毎日21時(午後9時)

注:情勢が落ち着くまで北朝鮮ベネズエラへも同時に瞑想しています。

 

この瞑想の目的はシリアのペンタグラムにあるダーイシュ(イスラム国)の指導者がコントロールしている残りの拠点(ラッカ、マンビジ)を解放するために行うものです。

 

瞑想音源:

http://pfc-jp.net/mp3/SyriaPentagramHealing.mp3

 

シリア上空で回転するハラフ陶器を可視化するための画像

http://imgcc.naver.jp/kaze/mission_anm/USER/20160413/74/7402614/2/816x496xe5e142a79ba0ed818b261dd3.gif

 

ハラフ陶器で朝鮮半島をヒーリングするイメージ

http://imgcc.naver.jp/kaze/mission_anm/USER/20160413/74/7402614/157/860x517xb03baaf9fa93a4d7b11033c1.gif

 

シリアのペンタグラム

f:id:paradism:20170430114246j:plain

 

シリアペンタグラムGoogleマップ(アレッポ、ホムス、パルミラ、ラッカ、マンビジ)

drive.google.com

 

 

 

ベネズエラの地図です。バイオレットフレームで浄化されるようイメージしてください。

 f:id:paradism:20170430114134j:plain

 

トライスフィア・アセンション瞑想 毎日22時、毎週日曜日25時(月曜日午前1時)

 

瞑想音声:

http://pfc-jp.net/mp3/Trisphere-Ascension-Guided-JP.mp3

 

 トライスフィアのイメージ画像

https://1.bp.blogspot.com/-uLBpvE_l3Zs/V9J3jysm9yI/AAAAAAAAAUI/XWQKQPD6YBQ000nW8N0dtlBPC6lPe6eqQCPcB/s320/TS6-Lightgroup1.png

http://cdn2.collective-evolution.com/assets/uploads/2015/10/Screen-Shot-2015-10-04-at-10.17.07-AM.png

f:id:paradism:20170430114435j:plain

f:id:paradism:20170430114509j:plain

 

 

全世界同時ヤルダバオート除去瞑想 毎日23時(午後11時)

約180人の非常に強力で危険なキメラグループの撲滅を意識して瞑想しましょう。

ロングアイランドはキメラグループの最後の拠点です!

 

瞑想音源:

http://pfc-jp.net/mp3/BurnOctopus.mp3

 

ロングアイランドのRHIC(重イオン加速器)を紫の炎で浄化するイメージ

 f:id:paradism:20170511191221j:plain

f:id:paradism:20170511191658g:plain

 

 

ロングアイランド全域を紫の炎で浄化するイメージ

 f:id:paradism:20170511191801g:plain

 

 

地球を紫の炎で浄化するイメージ

 f:id:paradism:20170511191845g:plain

 

 

ヤルダバオート(プラズマダコ)をバイオレットフレーム(紫の炎)で焼くイメージ

f:id:paradism:20170511191922j:plain

 

f:id:paradism:20170511191937j:plain