働かなくてもいい社会を実現するには?

地球解放を目的とする組織「レジスタンスムーブメント」の公式ブログ「The Portal」の記事を翻訳しています。

状況更新(17/02/12)

 

追記:PFC-JAPAN OFFICIALが更新されました。

コブラ近況報告 2017/2/12 ~ PFC-JAPAN OFFICIAL

 

ーーーーーーーーー

 

一部正確に訳せていないかもしれません。ご了承ください。

画像を入れるとサイズ的に公開できないので、とりあえず本文だけです。 

 

ソース:

http://2012portal.blogspot.jp/2017/02/situation-update.html?m=0

 

状況更新

 

キメラグループの掃討は続いています。最近太陽系内で劇的な状況の改善がありました。光の勢力はどうにか太陽系からのものと太陽系外のプラズマ異常のほとんどを排除しました。最も残っているトップレット爆弾を内包したプラズマ異常の大半は現在地球の中心から地球半径の3倍の範囲に堆積しています。

 

これはヤルダバオート生命体の「ヘッド」の場所で、隔離地球に存在する量子異常の場所です。このプラズマ異常フィールドはプラズマシールドとしてこの記事で説明されています。

http://news.mit.edu/2014/plasma-shield-against-harmful-radiation-1126

 

キメラグループはこの異常プラズマを最も有名な共振周波数である11.76ヘルツ(α波に反応する)と15.68ヘルツ(ベータ波に反応する)のスカラーフィールドで維持しています。これらの2つの周波数はヴェールの基本となる周波数です。ヴェール・スカラーフィールドの有害な影響を同じ周波数のバイノーラル音で打ち消すことができます。

https://www.youtube.com/watch?v=jjmfRAlkpTQ

 

https://www.youtube.com/watch?v=YW1NTKaXQLA

 

https://www.youtube.com/watch?v=DV8-Gi1tRjk

 

いわゆるヤルダバオート生命体の「触手」は本当は触手ではなく実際は変化しているプラズマフィラメントです。それらは1つずつ取り除かれているのではなく、全て光の勢力の前進にともなってゆっくりと解消しています。ヤルダバオート生命体はいつも太陽か発生し、太陽風によって太陽系中に広がっている健全な太陽プラズマを糧にしているプラズマ寄生体です。

 

 太陽系中のトップレット爆弾を内包するヤルダバオート生命体のプラズマ異常のフィラメントの密度は存在が完全に解消するまでに現在急速に減少していて、今、基本的にはヤルダバオート生命体の「ヘッド」だけが残っています。この「ヘッド」は26000年間惑星地表に帰するプラズマ異常のたくさんの層で構成されています。

地球外の太陽系の大多数、月の軌道は現在光の勢力とその艦隊の勢力下にあります。

同時に惑星地表をにより近いエネルギーグリッドをめぐる戦いは全力をあげていて、

不幸なことにこれには鍵となるライトワーカーや光の戦士へのスカラー攻撃をふくんでいます。

http://unleashingnaturalhumanity.com/2017/01/06/etheric-implants-are-human-nature/

トップレット爆弾を内包するヤルダバオート生命体が排除されれば、イベントは主なブレイクスルーに向かって指数関数的に加速するでしょう。

http://prepareforchange.net/2017/02/03/the-removal-of-the-veil-how-the-event-will-change-everything-immediately/

 その間に惑星地表ではトランプ大統領の背後にいる勢力が統合されています。

まず、ドナルドトランプのシークレットアドバイザーであるエリックプリンスです。彼の背後にはマルタ騎士団がいます。

 

https://theintercept.com/2017/01/17/notorious-mercenary-erik-prince-is-advising-trump-from-the-shadows/

 

http://vaticanassassins.org/2010/10/06/knights-of-malta-rule-blackwater-xe-the-cia-and-its-boy-us-president-obama/

 

http://www.bibliotecapleyades.net/sociopolitica/sociopol_blackwater12.htm

 

 マルタ騎士団イエズス会によって支配されています。

 

http://theunhivedmind.com/UHM/the-rise-and-weakness-of-the-order-of-malta/

 直接マルタ騎士団を支配している主な勢力はヨーロッパの古いアルコンの黒い貴族であるパッラヴィチーニ家とオルトラーニ家、そしてスペインの前王であるフアンカルロスです。

 

トランプの背後にいる2番目の勢力はゴールドマンサックスです。

http://www.zerohedge.com/news/2017-01-30/nomi-prins-goldmanization-president-trump

 

http://theantimedia.org/goldman-sachs-hacked-election/

 

イエズス会はトランプをアメリカの大衆を「左翼」と「右翼」に二極化し人工的に作られた内紛を作り出すための道具として用いています。

 私たちはイベントに近づいているので、世界中のPFCグループを活性化させることがとても重要です。こちらにあなたがたのPFCのグループを作り、拡大するためのチェコのPFCグループによる素晴らしいガイドラインがあります。

http://bod-zlomu.blogspot.com/2017/02/to-pfc-groups-administrators-leaders.html

 3月11日~12日に台北で開催される新しいアセンションカンファレンスに招待します。

http://portal2012.org/Taiwan.html

 ちょうどいいタイミングなので、そこではアセンションプロセスに関するたくさんの新しい情報が発表されるでしょう。

Victory of the Light!

 

翻訳:Takanobu Kobayashi / PFC-JAPAN Official Group

 

 

地球の最もパワフルなエネルギー・ポイントとチャクラがある場所

 

ソース:THIS Is Where Earth’s Most Powerful Energetic Points And Chakras Are Located… 

http://www.lifecoachcode.com/2017/01/26/where-earths-chakras-are-located/

 

以下本文

 

 

ちょうど私たちにエネルギーセンターやチャクラがあるように、母なる地球もそれを持ちます。

 

あなたがこの宇宙や地球の性質を調べれば、いかに全てが鏡であることを理解し始めるでしょう。宇宙は私たちの内外にあり、私たちは皆つながっています。

 

惑星全体を走っている微細な電流を通じて私たちは母なる地球につながっています。これらの電流は「レイライン」として知られていて、ほとんど母なる地球の静脈のようです。

 

ちょうど私たちがハートの内外を流れる静脈を持つように、母なる地球もDNA鎖と同じ方法で地球の周囲に巻きついているエネルギーの線であるレイラインを持っています。

 

実際、レイラインが交差している場所はエネルギーの高い地点もしくは電荷が高度に集中していると考えられています。たいてい、最も科学的な異常が発生する場所です。

 

f:id:paradism:20170209122638j:plain

これらのレイラインはまたより高い振動数から情報やエネルギーを得て、それらを世界中に運び、知識や知恵を全ての住民に広げます。

 

これらのまさに興味深い地点には「偶然にも」エジプトのピラミッドやマチュピチュストーンヘンジアンコールワットを含む、世界中の最も聖なる寺院や記念碑があることです。

 

あなたが古代エジプト人のような高度な文明を調べると、彼らはそのエネルギーとこれらのエネルギーの流れの力を理解していたように思えることは明らかです。

 

実際、最古の文化はもしかするとレイラインの理解があったかもしれません。中国ではそれらはドラゴンラインとして知られています。南アメリカではシャーマンがそれらをスピリットラインとして言及していて、オーストラリアではアボリジニーがそれらをドリームラインと呼んでいて、西部ではそれらはレイラインと言及されていました。

 

f:id:paradism:20170209122907j:plain

気づくべき最も興味深いことはレイラインが交差している地点は占星術星座と完璧に一致することです。

 

これらのレイラインを母なる地球の流れとして考えると、母なる地球もまたエネルギーセンターやチャクラを持つということがいかに可能であるかを理解し始めるでしょう。

 

これらは母なる地球のチャクラと信じられています。


 
Root Chakra(ルートチャクラ)
アメリカ、カリフォルニア、シャスタ山

f:id:paradism:20170209123150j:plain

シャスタ山は北カリフォルニアからオレゴンへ走っているカスケード山脈の一部です。とりわけカナダの国境に接しています。シャスタ山は最も帯電している山のひとつと信じられていますが、エリア全体もエネルギーが行ったり来たりしています。このエリアは母なる地球のエネルギーシステムの根幹であると信じられています。

 

 

Sacral Chakra (セイクラルチャクラ)
南アメリカ、ペルー、ボリビアチチカカ湖

f:id:paradism:20170209123246j:plain

チチカカ・ストーンは母なる地球の太陽神経叢の幾何学中心です。マチュピチュ、クスコとイキトスを取り囲むエリアはとても高いエネルギーを持つと信じられています。

 

二つのレイラインチチカカ湖で交差し、これらはシャスタ山からチチカカ湖へ走っている男性性の大きなレイラインと女性性の大きなレイラインを含みます。
 


Solar Plexus Chakra(ソーラープレグザスチャクラ)
オーストラリア、ノーザンテリトリー、ウルル・カタ・ジュタ国立公園

f:id:paradism:20170209123327j:plain

ウルル・カタ・ジュタ国立公園と呼ばれているエリアは地球の太陽神経叢であると信じられています。これらのエリアはいまだに先住民アボリジニーにとって聖なるエリアとみなされています。女性性の大きなレイラインチチカカ湖とウルル両方ともにつながっています。
 


Heart Chakra(ハートチャクラ)
イギリス、ストーンヘンジ

f:id:paradism:20170209123439j:plain

ストーンヘンジだけではなくグラストンベリー、サマセット、シャフツベリーとドーセットで囲むエリア全てが母なる地球のハートチャクラを形成しています。ストーンヘンジが造られた場所はこれらのエネルギー全ての中で最も強力な地点です。再び、女性性の大きなレイラインはウルルをストーンヘンジへつなげています。
 


Throat Chakra(スロートチャクラ)
中東、ギザの大ピラミッド、エルサレムシナイ山、 オリーブ山

f:id:paradism:20170209123608j:plain

母なる地球のスロートチャクラは大ピラミッド、シナイ山エルサレムにあるオリーブ山を含みます。スロートチャクラは母なる地球の最も高いエネルギーセンターのひとつであり、歴史上の特別な時期にその重要性を示唆しています。それはまた男性性もしくは女性性の大きなレイラインにつながっていない唯一のエネルギーセンターです。

 

 

Third Eye Chakra(サードアイチャクラ)

f:id:paradism:20170209123856j:plain

サードアイチャクラは唯一動いています。これは地軸の動きのためです。サードアイチャクラは150年から200年もしくは長い年月ごとに動いています。これらの長い年月はまた星座と並んでいます。2012年に私たちが水瓶座時代に移行し、サードアイチャクラは現在ストーンヘンジ近くの西ヨーロッパに位置することを意味します。私たちがやぎ座の時代に移行するとき、サードアイチャクラはブラジルへと動くでしょう。

 

 

Crown Chakra(クラウンチャクラ)
チベットカイラス山(ヒマラヤ山脈

f:id:paradism:20170209124124j:plain

カイラス山はヒマラヤのなかで最も聖なる山とみなされていて、チベットに位置しています。ここは母なる地球のクラウンチャクラであり、さそり座の満月とつながっていると信じられています。

 

実際、多くの地域でさそり座の満月の夜にカイラス山のエネルギーが利用しています。それは4月もしくは5月に一年に一度決まって発生します。母なる地球にとってこの満月はさそり座が死や再生の考えと結びついているように、新たな進化の始まりとエネルギーの新たなサイクルを示しています。

 

 

これらの7つのチャクラはとても高いエネルギーを持っていますが、惑星の周囲には他にもレイラインが通っているエネルギーの高い地点があります。

これらは以下の場所を含んでいます:
 
バミューダ・トライアングル
カラチ、パキスタン
魔の海(日本)
富士山(日本)
マウイ、ハワイ
セドナアリゾナ
カルガリー、カナダ
フィンドホーン、スコットランド
キエフウクライナ
バリ、インドネシア
イースター島
アンコールワットカンボジア
サラワク、ボルネオ島
ガボン(西アフリカ)
ケープタウン南アフリカ
タウポ湖、ニュージーランド
 
そして私たちがまだ発見していないもっと多くの場所があるかもしれません!

 

翻訳:Takanobu Kobayashi / PFC-JAPAN Official Group

 

 

ヴィーガン向けレストラン、Ts たんたんに行ってきた。

 

T'sたんたん とは?

 

f:id:paradism:20170119184203j:plain

f:id:paradism:20170119184250j:plain

 

T's たんたん とは、

上の写真で説明されているように、

肉、魚、卵、乳製品などの動物性食材を使っていない

レストランです。

 

つまり、ヴィーガン向けです。

 

どんな料理が出てくるのか気になると思うので今回はそれを

紹介してみようと思います。

 

注文したのはこちら!

 

f:id:paradism:20170119185509j:plain

 

「おい、ヴィーガンしろよ」

とツッコミたくなるメニューの数々。

 

しかし、肉、魚、卵、乳製品は使われていません。

 

ちなみに今回頼んだものは

・豚骨っぽいラーメン(豚骨風味にしているだけで豚骨ではない)

大豆ミートの唐揚げ

・ベジギョウザ

です。

 

まずは豚骨(っぽい)ラーメンから

f:id:paradism:20170119190053j:plain

 

写真では見た目しかわからないと思いますが、実際豚骨ラーメンっぽい味でした。

 

f:id:paradism:20170119190833j:plain

f:id:paradism:20170119190914j:plain

 麺とスープがどういう食材で作られているかをきちんとメニュー表に

描かれていて、すごく好感が持てました。

 

次は、「大豆ミートの唐揚げ」と「ベジギョウザ」。

f:id:paradism:20170119191748j:plain

 

f:id:paradism:20170119191635j:plain

 

見事に大豆ミートでできています。

 

私個人の感想としては、ふつうの、つまりは

肉とかを使っているラーメン、ギョウザ、唐揚げと比較しても大して味は変わらず、

深い満足感を得ることができました。

 

値段は

べジらーめんとんこつ風味 ¥800

唐揚げ ¥350 べジギョウザ ¥250

となっています。

 

 

さらにそこへ「動物を殺していない」という安心感が追加されます。

なかなか気分がいいものです。

 

そしてここまで来るとある考えが浮かびます。

 

「あれ、別に肉とかいらなくね」

 

 

 

もし、

「動物は殺したくないけど、いきなり生野菜生活はムリだ」

と思っているあなた。

 

まずは、T's たんたん で

ヴィーガン向けのおいしいラーメンから

始めてはどうでしょうか?

 

 

注)写真に自由が丘と書いてありますが、ヴィーガン向けラーメンのお店があるのは

東京駅京葉ストリートです。自由が丘にもT's レストランのお店はありますが、

メニューが違います。

 

 自由が丘のお店のメニュー

http://ts-restaurant.jp/menu/dinner/

 

 

 おまけ

 

 

ついでに醤油ラーメンも頼みました。

うまいです。

 

 

f:id:paradism:20170119195242j:plain

 

 

 

ハンガリーグループによるコブラ・エーテル解放会議報告

 

重要な状況報告 ~ PFC-JAPAN OFFICIAL

において

 

惑星解放にもっと直接的に関わりたい方のために、解放グループの活動方法についてのとてもいい例があります。(おまけに短いコブラ・インタビューがついています)

http://2012portal-hungary.blogspot.com/2017/01/cobra-interview-with-hungarian-cobra.html

 

というのがあったので、ハンガリー会議の報告をアップしました。

この前のインタビューがおまけで、こちらの会議がメインでした。

 

paradism.hatenablog.com

 

 

 

以下本文 

 

原文:

http://2012portal-hungary.blogspot.jp/2017/01/cobra-interview-with-hungarian-cobra.html?m=0

 

 

 

私たちはこの会議を長い間待ち望んでいました。それはよく晴れた素晴らしい天気の午後、ブタペストの会議ホールで行われ、初めての集いに90人の人々が参加しました。

 

f:id:paradism:20170115115736j:plain

 

あらゆる国からやってきた人々は仲良くするような呼びかけを感じ、彼らは異なる場所、スロヴァキアからさえやってきました。スカイプで私たちと共に参加したドイツのグループもありました。

f:id:paradism:20170115115809j:plain

f:id:paradism:20170115115844j:plain

f:id:paradism:20170115115827j:plain

 

 

グループ、運営、助手、支援者を紹介した後、私たちは自分たちの目的、なぜ私たちがここにいて、何が自分たちのミッションなのかについて話し合いました。

以前、私たちはグループのメンバーによってたずねられた質問をコブラに送りました。

会議では、これらの質問をコブラの回答と共に読み上げました。

ハンガリー・オンライン・ラジオのオーナーである Antal Berecz も会議に参加しました。

http://www.barradio.eu/

 

私たちはイベントとやってくる変化のためにどのように準備するかに関する将来の計画について参加者に情報、ニュース、報告、インタビューを伝えました。

f:id:paradism:20170115115928j:plain

 

参加者はまたハンガリーの薔薇の姉妹団のメンバーにも出会いました。彼女たちはこの素晴らしいミッションのための女神のエネルギーによって選ばれました。そのグループはこれまでのところ2回集まりました。その女性たちは自分たちの崇高なミッション、どのように自分たちの生活が変化し、全ての人のためのより良い世界を創造するためのアセンション・プロセスをどのように自分たちが支援できるかについて話し合いました。彼女らは月例会議を行っていて、次回は2017年1月22日にブタペストで開催されます。

f:id:paradism:20170115120313j:plain

f:id:paradism:20170115120332j:plain

f:id:paradism:20170115120345j:plain

 

 

地域のイベントサポートグループと薔薇の姉妹団のグループを将来多くの人々が参加できるようにあらゆる国で始めることに献身した人々もいました。

f:id:paradism:20170115120409j:plain

f:id:paradism:20170115120422j:plain

f:id:paradism:20170115120436j:plain

 

 

私たちは Anita Rácz によってリードされた、「恐れを手放す」ガイドつきの瞑想を通じて内なる旅へ進みました。私たちは自分たちの恐れの根源を探り、私たちそれぞれが愛が絶えず私たちの生命を流れ、それが私たちの生命を引き継ぐことができる無上の喜びの状態に到達することができました。それはインドの化身であり、ワンネス大学の設立者である  Sri Amma と Sri Bhagavan からの特別な瞑想でした。ウィークリー・アセンション瞑想もガイドつきの瞑想の中に含まれました。

f:id:paradism:20170115120507j:plain

f:id:paradism:20170115120518j:plain

 

 

会議の終わりに私たちはホールの中で大きな円を構築し、手をつないで、マイケル・ジャクソンの歌であるHeal the Worldを聞きました。途中で太陽系全体を通じてキラキラと輝くその光と…美しい地球を想像しました…愛と平和だけが存在し…人々のハートにワンネスと調和が存在し…手をつなぎ、お互いに笑いながら人々は地球での強力なライトグリッドを創造し、ともに異なる言語でしゃべっていました…

 

www.youtube.com

 

 

重要な状況更新 2017/1/13

一部正確に訳せていないかもしれません。ご了承ください。

 

原文:

http://2012portal.blogspot.jp/2017/01/important-situation-update.html

 

2017年は以前のどの年よりも惑星地表でより多くの光の存在が見られるでしょう。ギャラクティック・センターからの非物理的な光の粒子が大いに増加しているからです。2016年最後の日、空には真珠母雲や他の普通でない雲の現象という形で、多くの兆候がありました。

 

f:id:paradism:20170114235048j:plain

f:id:paradism:20170114235101j:plain

f:id:paradism:20170114235112j:plain

 

この増加した銀河の光を2017年の銀河のスーパーウェーブの可能性の兆候として解釈する人々もいます。(イベントを読んでください)

 

その間にもキメラグループの掃討は続いています。最近この太陽系内部の光の勢力のある地位に潜入したキメラグループが発見されました。キメラは捕まえたカバールのメンバーを銀河のセントラルサンへ連行するテレポーテーション・ポータルの1つをハイジャックすることさえできました。これらはカイパーベルトのキメラの基地へ流用されました。この状況はすでに解決しています。

 

外縁バリア・タキオン膜はある程度プラズマ異常に透過性があり、ある条件下でネガティブなプラズマ・エンティティはセトのトンネルを通じて太陽系に出たり入ったりできることも発見されました。太陽系外のプラズマはまだ完全に初期異常、特にオリオンのアームにそってのびるプラズマのフィラメントから自由になっていません。

https://en.wikipedia.org/wiki/Orion_Arm

 

f:id:paradism:20170114235246j:plain

 

この領域のプラズマ異常は数百万年前のオリオンの銀河戦争から発生していて、ほぼ完全に癒されましたが、残っている少ない量がヤルダバオス・エンティティと相互作用しています。特異なプラズマが最も集中しているのはリゲル星系から牡牛座分子雲と呼ばれる牡牛座暗黒星雲までです。

https://en.wikipedia.org/wiki/Taurus_Molecular_Cloud_1

 

これら全てに対しての反応として、総勢数億の銀河の光のグループが太陽系に入ってきていて、キメラの最後の掃討を支援しています。このポジティブグループの正体はまだ明らかにすることはできません。

 

またレジスタンスと銀河連合と同盟している全ての離脱グループはこの太陽系内でかつて遭遇したことのないほどのレベルで強力な活動を始めました。

まだ銀河連合と同盟していない全ての離脱グループ(SSPと地下グループ)はキメラに潜入されています。

 

この地表では、この潜入はより強力なものとなってさえいます。多くの場合、計画による物事が進んでいないとき、それははっきりとした潜入の兆候です。惑星の全てのポジティブ・グループはキメラやその部下の潜入に悩まされています。多くの地政学的出来事がこれを裏付けています。

 

ダーイッシュがパルミラを奪い返した真の理由はロシア軍司令部のとても高い地位への潜入でした。当惑した、ロシアのアナリストはなぜそれが起こったのかについて説明を出しました。

https://sputniknews.com/middleeast/201612141048542487-syria-palmyra-daesh/

 

強力なロシアのスパイ衛星から写真の単純なコンピューターベクトル解析が一点に収束するグループを容易に発見することを彼らは忘れていました。

 

カバールはBRICS諸国にも潜入したがっていて、彼らはインドにおける劇的な金融戦争の背後にいます。

 

最も危険なキッシンジャーの戦略はトランプを通じてロシアと組んで、中国と対峙し、東方連合を破壊しようという試みです。

http://journal-neo.org/2017/01/09/is-trump-the-back-door-man-for-henry-a-kissinger-co/

http://www.independent.co.uk/news/world/asia/rex-tillerson-south-china-sea-state-media-prepare-military-clash-donald-trump-global-times-a7525061.html

 

トランプが単なる操り人形で、彼の政策は舞台裏の見えないハンドラーたちによって画策されていることを多くの人々が理解し始めています。

https://truthearth.org/2017/01/03/a-short-word-about-presidents-and-their-puppet-masters/

http://www.zerohedge.com/news/2016-12-30/trump-exactly-where-elites-want-him

http://journal-neo.org/2016/11/25/the-dangerous-deception-called-the-trump-presidency/

https://www.armstrongeconomics.com/international-news/north_america/2016-u-s-presidential-election/is-trump-draining-the-swamp-or-filling-it/

 

明るい面では、中国が自国の宇宙ステーションでテストのために有名なEMドライブを何とか置こうとしていることを公表しました。

http://www.ibtimes.co.uk/emdrive-chinese-space-agency-put-controversial-tech-onto-satellites-soon-possible-1596328

 

ソフト・ディスクロージャーが続いていて、小惑星採掘が主流になってきています。

http://seekingalpha.com/article/4034859-miners-may-go-galactic-asteroid-mining

 

ある小惑星の経済価値を見積もるウェブサイトさえあります。

http://www.asterank.com/

 

惑星解放により直接かかわりたい人々のために、開放グループがどのように作用することができるかについて、ここ(おまけで加えられた短いコブラのインタビュー)にとても良い例があります。

 

http://2012portal-hungary.blogspot.com/2017/01/cobra-interview-with-hungarian-cobra.html

 

 

導かれたと感じた人々は自分の惜しみない寄付でマラウイの飢えている人々を支援することができます。(リンク先のページ右側、一番上の少し下です。)

http://prepareforchange.net/orphanages-in-malawi/

 

アフリカのマラウイや多くの他の場所の状況は完全から遠いですが、光はそこにも届くでしょう。

 

Victory of the Light!

 

 

 

 

 

 

ニュー・アトランティス(PFC JAPAN OFFICIALより転載)

 

prepareforchange-japan.blogspot.jp

 

2017年1月5日

原文: The Portal: New Atlantis

翻訳: Shigeru Mabuchi / PFC-JAPAN Official Group

 

 

ニュー・アトランティスとは、圧縮突破のサポートとなる地表エネルギ・グリッドに与えられたコードネームで、イベント後の新しい社会のコードネームでもあります。


75,000年前の旧アトランティスでは、ポールシフトが起きていました。その前に、赤道の位置はいまとは違う場所にありました。そのため、その時の惑星全体のエネルギ・グリッドも今とは違っていました。

 

 

75,000年前の時代までに、地球上のエネルギ・グリッドは完成されていて、完全にアセンデッドビーイングの制御下にありました。赤道の回りには多くの神聖な神殿が建てられていました。次の画像の赤い線が示すように、旧アトランティスの赤道は南米とアフリカ大陸を横切っていました。

 

f:id:paradism:20170105180359j:plain

 

興味深いことに、惑星上のエネルギ・ヴォルテクスの多くはいまだに旧アトランティスの赤道上に位置していることを確認出来ます。

http://sitsshow.blogspot.com/2016/11/There-Is-an-Alignment-Between-Ancient-Sites-That-Will-Blow-Your-Mind.html

 

http://home.hiwaay.net/~jalison/

 

f:id:paradism:20170105180422j:plain

 

実は、ニュー・アトランティスのプロジェクトは旧アトランティスにあったヴォルテクスを、まもなく完成する新しいエネルギ・グリッドに同調させているのです。


ニュー・アトランティスは何千年間も続けられてきた光の勢力のプロジェクトです。プロジェクトに関わっている主要人物の一人はセント・ジャーメインです。彼はフランシス・ベーコン (哲学者) - Wikipediaとして転生していたときに書いた「ニュー・アトランティス」という小説の中で、このプロジェクトの中身を人類に明かしました。その中で、彼は能力主義に基づくユートピア社会を描写しました。その次のサンジェルマン伯爵 - Wikipediaとしての転生では、彼はアメリカの独立を助け、合衆国憲法の制定に強い精神的影響を与えたことで、アメリカで新しい社会を共同創造しようとしました。

 

f:id:paradism:20170105180449g:plain

 

#NewAtlantis


ここにはニュー・アトランティス・プロジェクトの過去の進展について、非常によく書けた記事があります。記事はオカルト教義を正しい視点で捉えているため、ニュー・アトランティスに興味のある人は必読です。

http://cosmicconvergence.org/?p=13901


加えて、セント・ジャーメインは1775年にパリで、ある秘密のミステリースクールを創設しました。それがアメリカの独立に手を貸した秘密組織でした。


そのミステリースクールを構成していた星の同胞団のメンバー達はその後、パリにある三つの主要なポジティブ・フリーメーソン支部に加入し、そのメンバーに影響を及ぼし、結果的に様々な出来事の行方に広範囲の影響を与えました。


パリの九姉妹支部(Les Neuf Sœurs - Wikipedia)に加入したグループはその支部のメンバーであったベンジャミン・フランクリンを通して、アメリカの建国に影響を与えました。

https://en.wikipedia.org/wiki/Les_Neuf_S%C5%93urs


2つ目のグループは、星の同胞団が目的とする真のオカルト知識を広めるために、パリのフィラレテス支部に加入しました。そのフリーメーソン支部のオカルト知識は、現代の西洋スピリチュアルやオカルト学問の大部分の源泉になりました。

http://freimaurer-wiki.de/index.php/En:The_Philal%C3%A8thes


3つ目のグループは、パリのカリオストロ・イシス支部に加入しました。その支部はイシス崇拝秘儀の主な情報源となり、その情報の断片がのちに一部のメンフィス・ミスライム支部に残されています。


イシスの秘儀の謎を今明かすことはまだできませんが、そのある一面を理解していた人は地上にほんの数人しかいませんでした。そのうちの一人はカリオストロでした。イベントが起きるまで、それについてはこれ以上何一つ言えません。


今、ニュー・アトランティスを完成させるため、私はセント・ジャーメインから協力を求められています。一言で言えば、ニュー・アトランティスの惑星エネルギ・グリッドは、圧縮突破・イベント・新しい社会を実現するために必要なエネルギ・ツールです。


その目的を実現するために、地球上のチンターマニ・グリッドは重要な手段の一つです。地球上のどこかの地中にチンターマニストーンが埋め込まれる度に、その地点に大きな天使が定着し、直径数キロのエネルギ・ヴォルテクスを形成します。

 

f:id:paradism:20170105180518j:plain

 

Vortex7


地球上に定着する天使の数がクリティカル・マス(臨界数)に到達すると、ヤルダバオート生命体の頭部は分解し始めるでしょう。


チンターマニストーンはアトランティスで有名なブルーストーンです。ブルー・アップルとも呼ばれるブルーストーンは、ポータルを開けるためにカタリ派 - Wikipedia

に使われました。

http://www.bibliotecapleyades.net/sumer_anunnaki/esp_sumer_annunaki13.htm


言うまでもありませんが、カタリ派の持っていたチンターマニストーンは元々女神イシスから来たものでした。イラクのモスル近くのニネベには、地球で最も重要な女神ヴォルテクスの一つがあります。そこで、ウンタースベルクのフーベルトゥス・コッホが女神イザイ(イシスの分身)から直接石を授かりました。その石はテンプル騎士団が最初に受け取った見本となって、カタリ派に渡りました。

http://www.ancient.eu/nineveh/


イスラム国がニネベを破壊しようとするのは決して偶然ではありません。

http://news.nationalgeographic.com/2016/11/iraq-mosul-isis-nimrud-khorsabad-archaeology/


これらは巡り巡って、エネルギ・グリッドを巡る戦いに行き着きます。そして今、光の勝利は目前にあります。ニュー・アトランティスは今かつてにないほど輝き出すでしょう。

 

f:id:paradism:20170105180530j:plain

 

 

 

コブラ・ハンガリー・グループによるコブラ・インタビュー 2016/12/6

 

インタビューというか質問集を集めたものだそうです。

スティーブことSteven Smaly さんと下の動画のSmaly7さんは同じ人なのか

別人なのか。

www.youtube.com

 

 

以下本文↓

 

ソース:

COBRA PORTÁL (Magyar): COBRA interview with the Hungarian COBRA Group & COBRA Etheric Liberation Hungary group meeting report - 29 December, 2016


The Portal: 2017

のコメント欄より)

 

www.youtube.com

 

スティーブ:ハンガリーではカバールと光の勢力はどちらがより影響力を持っていますか?
コブラ:両方です。

 

スティーブ:私たちを創造した先祖は誰ですか?
コブラ:質問を具体的にしてください。

 

スティーブ:次の質問は内部地球で生活している存在、クライオンに関係することです。コーリー・グッドもアセンションを望むこの存在について話していて、それは部分的に彼の言っていることを誤解させます。クライオンはたくさんの意味のない情報を共有しているように思え、彼の話がくだらないことが多すぎると感じるため、彼のメッセージを読むとき私は神経質になります。もしそうでないなら、なぜ私は彼に不安を感じるのでしょうか?クライオンははっきりした情報源ですか?

コブラ:ある程度は。

 

スティーブ:シェルダン・ナイドルは本当にシリウス星系からやってきていて、彼が共有する情報は正しいのでしょうか?彼の週ごとのメッセージは正確に示されてはいませんが、ライトシップやライトチェンバー、銀河連合について彼のウェブサイトで共有されている情報は正確です。

コブラ:シェルダン・ナイドルはシリウス人と物理的コンタクトをとっていました。

 

スティーブ:私にとって最も重要なことはどのタイムラインが活性化されるかです。存在する可能性があるタイムラインの数はいくつで、どれが主流になるかを決めるのは何ですか?全ての人が自分たちがここに転生した目的を達成できたとき、その結果はどうなりますか?

コブラ:わずかな変動を伴う主要なポジティブなタイムラインがあります。もし全ての人が自分のミッションを行っていれば、私たちは数十年前にイベントを起こせました。

 

スティーブ:アクセス・バーのメソッドは本当にポジティブなETにより人類に与えられましたか?
コブラ:はい。

 

アクセス・バーについて

http://www.aminahealing.com/accessbars.html

 

スティーブ:インドの化身のスリ・アマとスリ・バガヴァンはワンネス(ワンネスの大学)を創造するために働いていて、彼らを通じてのディクシャという現象を私たちは知っています。彼らは光のために働いていますか?彼らについてあなたが話せることは何でしょうか?彼らはイベントに向けて何か役割がありますか?

 

ディクシャについて

http://joy-healing.jp/contents/deeksha.html

 

コブラ:はい、彼らは光のために働いています。私たちをイベントに備えさせるために彼らはできるだけ多くの光をもたらそうとしています。

 

スティーブ:ハンガリーのポジティブなテンプル騎士団コブラエーテル解放・ハンガリーグループについて知っていて、私たちのグループの働きを監視していますか?
コブラ:はい。

 

スティーブ:女神の質が示すのはどんな種類の質ですか?どんな方法でそれは私たち個人の生活に現れますか?それは強力して行うどんな種類の「任務」ですか?どのようにして日々、私たちは自身の中にあるこの質を深めることができますか?イベントを支援することの他に、世界中で再構築された今日のバラの姉妹団、女神の本当のミッションは何ですか?

コブラ:女神のエネルギーは愛や優しさ、美しさという女性的な質をもたらします。それは私たちの生活がよりスムーズに、より障害が少なく流れるようにすることができます。あなたは自分の方法で女神のエネルギーにつながることができます。バラの姉妹団は日常生活にできるかぎり女神のエネルギーをもたらすために週ごとに会うことができます。

 

スティーブ:現在のライトワーカーの意識のレベルは以前と比べてどうですか?彼らの内面の光と強さは最近どれほど増加しましたか?
コブラ:光は強化されています。

 

スティーブ:スフィア・ビーイングであるブルー・エイビアンズは聖書で述べられている熾天使智天使ですか?
コブラ:違います。

 

スティーブ:同時存在の技術の助けを伴って、私たちは惑星の解放に向け巨大な成功を達成することができました。これらの技術を伴い、ある一定の条件の下で、私たちは安全にすでにある内部地球の文化とコンタクトをとることができます。もし多くの人々がこのメソッドを使えば、人類に有益な効果に加えてマトリックスを解消する結果になるでしょう。質問はこの技術を最も効果的な方法をどのように与えるかです。
コブラアセンションした後です。

 

スティーブ:聖書で登場するエルロイは地球の隠れた場所に住んでいて、社会のバランスを保っていますか?
コブラ:いいえ。

 

スティーブ:なぜマヤの人々は地下へ行ったのですか?彼らはどのように発達しましたか?
コブラ:彼らは離脱文明を築き、現在とても発達しています。彼らの多くはプレアデスの文明に再吸収されてきました。

 

スティーブ:なぜ私たちは自分たちの道を何度も繰り返さなければならないのでしょうか?それが消されたとき、どのように私たちはそれを思い出すことができますか?いつ細胞は再び思い出すことができますか?
コブラ:アルコンが記憶を消すからです。あなたが自分の魂に再びつながるとき、再び思い出すことができます。

 

スティーブ:私たちがたずねていない自分たちの道を敷くことができる重要な質問はどれですか?
コブラ:どのように本当の自分になることができるかでしょうか?

 

スティーブ:宇宙人の実験基地があり、クローニングが行われたエリア51について以前に読みました。エリア51はまだ存在していますか、もしくはすでに破壊されましたか?
コブラエリア51は再利用され、再構築されています。

 

スティーブ:ユダヤのタルムードによるとイエスは邪悪なニムロデの息子だそうです。これは実際に何を意味しますか?それは何を言っていますか?イエスは誰の息子として転生したのですか?
コブラ:これを述べているタルムードの正確な引用を見せてくれますか?

 

スティーブ:ありがとうございました。忙しい時間を割いてこのインタビューに答えていただいたコブラに感謝します。

 

光の勝利を!