読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  働かなくてもいい社会を  実現するには?

人間が仕事をしなくても社会がまわる現実的なしくみについて書いていきます。

お金

ニホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ(本の紹介)

ここ最近、「〇〇を食べてきた」という記事しか書いていないような気がしますが、 実はもう1つだけヴィーガンのお店の記事がありますので、しばらく別記事をお待ちください。 前回の記事で、アインソフリプルで食べた「ヴィーガン・ハンバーガー」について…

日銀を国有化すると、どんなメリットがあるのか

ちょうど1年くらい前に以下のような記事を書いた。 paradism.hatenablog.com 日本の中央銀行である日銀を国有化すると、 私たちの暮らしはどう変わるのだろうか? ①国家非常事態対策委員会 2016/02/04_ベンジャミン・フルフォード 6:20~ 麻生、安倍、黒田…

食料飢餓を引き起こす原因は?

限界費用ゼロ社会―<モノのインターネット>と共有型経済の台頭 作者: ジェレミー・リフキン,柴田裕之 出版社/メーカー: NHK出版 発売日: 2015/10/27 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る (限界費用ゼロ社会より引用) 富裕層のエコロジカル・…

何が幸せをもたらすのか

~~~~~~~~~ 限界費用ゼロ社会―<モノのインターネット>と共有型経済の台頭 作者: ジェレミー・リフキン,柴田裕之 出版社/メーカー: NHK出版 発売日: 2015/10/27 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る (限界費用ゼロ社会より引用) 幸福…

お金社会から完全に卒業するには

人間はなぜお金を欲しがるのか? 生きていくため、生活するためという理由がある。 ということはお金がなくても生きていける、生活できれば、 お金はいらないということか。 お金がない社会を目指すにあたり、商品やサービスが無料になることを 想定してみる…

経済が成長しなくなったら

経済成長が進んでいた時期は、お金がよく動いていた。 まだ家にない家電、テレビ、冷蔵庫、洗濯機などをどの家庭も買い求め、 そのおかげで企業もどんどん儲かり、雇用も万全だった。 お金を払う(=他人任せ)ことで、日常生活に必要な食料や電気を得ていた。…

命令構造の崩壊

人間社会は上下関係のある序列社会である お金の必要な社会では、お金を出すものが偉い、立場が上という暗黙の了解みたいなのがある。 会社にお金を出資してくれる株主、 会社のサービスにお金を払う消費者、取引先 なんでこういう社会になっているかという…

対処療法型ビジネス

働かなくてもいい社会を正当化する理由として 「技術的失業」や「経済崩壊」、「人類にとって初めての時代」などを これまで書いてきたが、 さらに「対処療法型ビジネス」(今勝手に作ったことば、造語) という点から書いてみる。 ここでは、警察、病院、エネルギーに…

ベンジャミン・フルフォードの講演会に行ってみた

最寄りが原宿で、講演開始15分前くらいに 駅に到着。 会場に着いたときはギリギリ5分前くらいだったが、 私はマイペースに受付を華麗にスルーしてトイレへ直行。 するとなんといきなりトイレでベンジャミンさん本人と遭遇(笑) とっさのことで頭が回らず…

数千年に一度の歴史的転換点

この本にはなかなか興味深いことが書いてある。 現在の私たちが直面する状況を マンガ「進撃の巨人」や「鋼の錬金術師」、「鉄腕アトム」などを用いて 説明したものだ。 本屋でも読んだけど、ネット上でも公開されていた。 http://diamond.jp/articles/-/67609?dis…

誰かが絶対に持っている

通貨発行権について調べている内に気づいたことがある。 お金は借金から生まれる。 お金ができる仕組み。銀行の詐欺システム(2/5) Money As Debt - YouTube 企業が銀行から借金したときにお金が作られる。 ある意味、銀行がその企業を買ったとも言える。 銀…

金貸し、窮地に陥る必然構造

9月末の国連演説、最近のシリアへのロシアの介入とかを 見ていて何か変わってきた気がするので、 金貸しの窮地についてまとめてみた。 サイト「金貸しは国家を相手に金を貸す」、 テーマ「金貸し、窮地の暴略その3~窮地に陥る必然構造」 より引用 最近、金貸し…

収入に関係なく生活水準を上げていける社会

ここで少し、なぜ「働かなくてもいい社会」を実現する 必要があるのかを整理してみる。 このブログを書きはじめたときは 「機械によって人間の仕事が奪われる」 という内容だった。 いわゆる「シンギュラリティ(技術的失業)」。 そして、もう1つの内容は 「通貨発…

お金のいらない社会に至るまで

「お金のいらない国」というテーマで 活動されている長島龍人さんのサイトより。 お金のいらない社会に至るまで 1.お金とは何かを考える人が増える。 お金は人間が考えた道具であり、空気や水のように 人が生きるのに本来必要なものではない。 また、現在の金…

諸悪の根源、利子システムの問題点

今度は利子システムの問題点について。 これはすごくわかりやすい。 らっきーデタラメ放送局 第143回『天下無敵!利子のトリック!』 - YouTube さらにこういう動画もある。 お金の問題点_0002.wmv - YouTube 「お金の問題点」の続き - YouTube こんな例で説…

自然界に逆らうお金の永遠性と腐るお金

日本人は お金を儲けるのは「悪」だ と考えているのに 貯金は美徳だと考えている。 日本人は貯金などして 自分の懐にお金をためこむのが 好き。 お金を儲けることも 貯金をすることも 豊かになるという点では同じなのだが。 今回はそんな貯金がもたらす問題に…

国民が政府の財布をにぎれ!!

企業の製品を買うかどうかは消費者が選ぶことができる。 税金を支払うかどうかを国民は選ぶことができない。 もし国家の運営がビジネスになったらどうなる? つまりは、税金を納めるかどうかを国民が決めることができたら? 国民が(政治家・官僚・利権屋では…

ベーシックインカムがもたらす教育の革命的転換

ベーシックインカムを実現する会より引用。 ベーシックインカムが教育に大変化をもたらす。 子供が将来食っていける。なんとかなる。 子供が将来食っていけるかどうかで 親や教師が不安になり「社会は甘くないぞ」 と発作を起こす。 ベーシックインカムがある…

企業が政治家を支配できる理由

今回は企業が経済に与える影響について書きます。 あなたは法人税が下がるくせに消費税とかが上がって 不満に思ってないだろうか? あなたが納めた税金が大企業の赤字をまかなうために 使われているとしたら怒るかもしれない。 私はなぜなんだろうと理由を考…

ベーシックインカム実現できるかも

昔の記事で私は 「ベーシックインカムに反対」 としてました。 「制度は素晴らしいけど財源どうするの?」 みたいな。 あれからいろいろ調べたわけです。 ただネットサーフィンしてただけなんだけど。 Google検索で 「ベーシックインカム」と入力すると 「ベーシック…