読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  働かなくてもいい社会を  実現するには?

人間が仕事をしなくても社会がまわる現実的なしくみについて書いていきます。

コモンズ

コミュニケーション・コモンズ

~~~~~~~~~~~~ 限界費用ゼロ社会―<モノのインターネット>と共有型経済の台頭 作者: ジェレミー・リフキン,柴田裕之 出版社/メーカー: NHK出版 発売日: 2015/10/27 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る (限界費用ゼロ社会より引用…

ロジスティクス(輸送)・コモンズ

~~~~~~~~~~~~~~~~ 限界費用ゼロ社会―<モノのインターネット>と共有型経済の台頭 作者: ジェレミー・リフキン,柴田裕之 出版社/メーカー: NHK出版 発売日: 2015/10/27 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る (限界費用ゼロ社会…

協同組合の復興

~~~~~~~~~~~ (限界費用ゼロ社会より引用) 協同組合について最初に理解すべきは、 民間企業が営利の事業体として活動する構造になっているのに対し、 協同組合はコモンズとして活動するように設計されている点だ。 協同組合は競争ではなく協力を、…

エネルギー・コモンズ

~~~~~~~~~~~~~~ (限界費用ゼロ社会より引用) 水平展開型の構造がもたらす膨大な社会的・経済的利益を 最大限に活用するために、 インターネットを開かれたグローバル・コモンズに保つのは容易ではない。 そして、この新しいコミュニケーション…

新しいコモンズの世界観

~~~~~~~~~~~~~ (限界費用ゼロ社会より引用) オープンソース・ライセンスは文化の大衆化を促すように構想されており、 それはそれで結構だ。 このような法的手段をコモンズ方式の管理に付加するのはさらに素晴らしい。 私たち人類の社会生活の大…

インターネットがもたらすあらゆるものの大衆化

コモンズは社会に一体どんな変化を引き起こすのだろう? ~~~~~~~~~~~~~~~~ (限界費用ゼロ社会より引用) 新しいコモンズ参加者(コモナー)は、政治的運動の範疇をはるかに超えた 動きを生み出す。 コモナーが体現するのは深遠な社会的変化であ…

囲い込み(クローズド)とコモンズ(オープン)

特許で儲けるか、オープンソースで公開するか。 ~~~~~~~~~~~~~~~ (限界費用ゼロ社会より引用) 私(リフキン)が最先端技術の囲い込み(著作権)という 新たな囲い込みを初めて知ったのは、1979年のことだった。 微生物学者アナンダ・チャクラバー…

コモンズという統治モデル

~~~~~~~~~~~~~~~~ (限界費用ゼロ社会より引用) 政府、民間部門、コモンズという三大管理モデルの長所と短所を調べても、 どの管理モデルが最善かは、個々の状況に大いに左右されるため、わからない。 民間部門は目的によってはきわめて効率…

コモンズの喜劇

限界費用ゼロ社会で何度も出てくる超重要な言葉である「コモンズ」。 今回はこれがどこから始まったかを書いていく。 ~~~~~~~~~~~~~ コモンズについての最も有名な叙述はおそらく、 ギャレット・ハーディンが1968年に「サイエンス」誌に発表した 「…