働かなくてもいい社会を実現するには?

地球解放を目的とする組織「レジスタンスムーブメント」の公式ブログ「The Portal」の記事を翻訳しています。

脱お金

食料飢餓を引き起こす原因は?

限界費用ゼロ社会―<モノのインターネット>と共有型経済の台頭 作者: ジェレミー・リフキン,柴田裕之 出版社/メーカー: NHK出版 発売日: 2015/10/27 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る (限界費用ゼロ社会より引用) 富裕層のエコロジカル・…

何が幸せをもたらすのか

~~~~~~~~~ 限界費用ゼロ社会―<モノのインターネット>と共有型経済の台頭 作者: ジェレミー・リフキン,柴田裕之 出版社/メーカー: NHK出版 発売日: 2015/10/27 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る (限界費用ゼロ社会より引用) 幸福…

無料のエネルギー

限界費用ゼロ社会より~~~~~~~~~~~~~もし私が25年前(1990年くらい)にこんなことをいったらどうだろう?2015年には、人類はインターネットで音声や動画、テキストをやりとりし、世界の知識をまとめたものにアクセスでき、一人でも同時に10億人を…

すべてが無料になる時代に向かって

もう4ヶ月くらい前に書いた以下の記事。 paradism.hatenablog.com The Zero Marginal Cost Society Jeremy Rifkin - YouTube この動画と同じような内容をジェレミーリフキンが 英語で出版していて、つい最近日本語版が翻訳されて 書店においてあったのを私…

お金のなくなる日

龍人さんのブラックジョーク集2より引用 http://www2u.biglobe.ne.jp/~nagaryu/tanpen2.html ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 目が覚めた。 俺はいつものように顔を洗って新聞を広げた。 一面トップの大見出しは「今日から貨…

お金の減る国

龍人さんのブラックジョーク集2より引用 http://www2u.biglobe.ne.jp/~nagaryu/tanpen2.html ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 「今日は、お金が存在しているのにうまくいっている星の 取材にきました。 地球では貧富の差がものすごい…

今の当たり前が崩壊する「お金を必要としない社会」

お金のない社会は今の社会になれているとイメージしにくい。 以前、龍人さんのサイト「りゅうじんの独断と偏見(所有・お金編)」から引用して以下の記事を書いたことがある。 http://www2u.biglobe.ne.jp/~nagaryu/jinseishoyu.html paradism.hatenablog.com こ…

拡張プラウト主義に学ぶ「都市農業」がもたらすメリット

最近、友人と話していて、 「あなたの考えは拡張プラウト主義に似ている」と言われたので、 実際に拡張プラウト主義を読んで私が得た新しい発見を書いていく。 自給の重要性を語るところは確かに同じみたいだ。 何か得られるものがあるかも。 拡張プラウト主義…

お金社会から完全に卒業するには

人間はなぜお金を欲しがるのか? 生きていくため、生活するためという理由がある。 ということはお金がなくても生きていける、生活できれば、 お金はいらないということか。 お金がない社会を目指すにあたり、商品やサービスが無料になることを 想定してみる…

経済が成長しなくなったら

経済成長が進んでいた時期は、お金がよく動いていた。 まだ家にない家電、テレビ、冷蔵庫、洗濯機などをどの家庭も買い求め、 そのおかげで企業もどんどん儲かり、雇用も万全だった。 お金を払う(=他人任せ)ことで、日常生活に必要な食料や電気を得ていた。…

命令構造の崩壊

人間社会は上下関係のある序列社会である お金の必要な社会では、お金を出すものが偉い、立場が上という暗黙の了解みたいなのがある。 会社にお金を出資してくれる株主、 会社のサービスにお金を払う消費者、取引先 なんでこういう社会になっているかという…

ベーシックインカムか、あれもこれも無料にするか

ここまでベーシックインカムについての記事を連投してきた。 ベーシックインカムを考えてて思ったことだが、 なぜベーシックインカムや労働、年金、生活保護が求められるのかというと、 それらがもたらすお金によって生活を成り立たせるためだ。 では逆に、…

実際にベーシックインカムはどうなるか

前の記事で設定したルール(貯金に1%の税金)で ベーシックインカムを運用すると どうなるか? 実際のシミュレーションをしてみた。 まず日本の貯金総額はどれくらいあるのだろう? http://www.garbagenews.net/archives/2067203.html 「日本の家計金融資産残…

金貸し、窮地に陥る必然構造

9月末の国連演説、最近のシリアへのロシアの介入とかを 見ていて何か変わってきた気がするので、 金貸しの窮地についてまとめてみた。 サイト「金貸しは国家を相手に金を貸す」、 テーマ「金貸し、窮地の暴略その3~窮地に陥る必然構造」 より引用 最近、金貸し…

収入に関係なく生活水準を上げていける社会

ここで少し、なぜ「働かなくてもいい社会」を実現する 必要があるのかを整理してみる。 このブログを書きはじめたときは 「機械によって人間の仕事が奪われる」 という内容だった。 いわゆる「シンギュラリティ(技術的失業)」。 そして、もう1つの内容は 「通貨発…