読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  働かなくてもいい社会を  実現するには?

人間が仕事をしなくても社会がまわる現実的なしくみについて書いていきます。

ディスクロージャー嘆願書に署名してきた。

面白い画像を発見したのでプロフィール画像をこちらに変更。 ツイッターも始めたのでよろしく。 アカウント名:働かなくてもいい社会 秘密宇宙プログラムやUFO、 人類全体に利益がある未来的テクノロジー、 政府の腐敗、犯罪について 今まで隠されてきた情報…

食料飢餓を引き起こす原因は?

限界費用ゼロ社会―<モノのインターネット>と共有型経済の台頭 作者: ジェレミー・リフキン,柴田裕之 出版社/メーカー: NHK出版 発売日: 2015/10/27 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る (限界費用ゼロ社会より引用) 富裕層のエコロジカル・…

共感するヒト(ホモ・エンパチクス)

~~~~~~~~~~~~ 限界費用ゼロ社会―<モノのインターネット>と共有型経済の台頭 作者: ジェレミー・リフキン,柴田裕之 出版社/メーカー: NHK出版 発売日: 2015/10/27 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る (限界費用ゼロ社会より引用…

持続可能性のカギは電力

~~~~~~~~~~~~~~ 限界費用ゼロ社会―<モノのインターネット>と共有型経済の台頭 作者: ジェレミー・リフキン,柴田裕之 出版社/メーカー: NHK出版 発売日: 2015/10/27 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る (限界費用ゼロ社会より…

何が幸せをもたらすのか

~~~~~~~~~ 限界費用ゼロ社会―<モノのインターネット>と共有型経済の台頭 作者: ジェレミー・リフキン,柴田裕之 出版社/メーカー: NHK出版 発売日: 2015/10/27 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る (限界費用ゼロ社会より引用) 幸福…

インテリジェント・インフラとは

~~~~~~~~~~~~~ 限界費用ゼロ社会―<モノのインターネット>と共有型経済の台頭 作者: ジェレミー・リフキン,柴田裕之 出版社/メーカー: NHK出版 発売日: 2015/10/27 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る (限界費用ゼロ社会より引…

コミュニケーション・コモンズ

~~~~~~~~~~~~ 限界費用ゼロ社会―<モノのインターネット>と共有型経済の台頭 作者: ジェレミー・リフキン,柴田裕之 出版社/メーカー: NHK出版 発売日: 2015/10/27 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る (限界費用ゼロ社会より引用…

ロジスティクス(輸送)・コモンズ

~~~~~~~~~~~~~~~~ 限界費用ゼロ社会―<モノのインターネット>と共有型経済の台頭 作者: ジェレミー・リフキン,柴田裕之 出版社/メーカー: NHK出版 発売日: 2015/10/27 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る (限界費用ゼロ社会…

協同組合の復興

~~~~~~~~~~~ (限界費用ゼロ社会より引用) 協同組合について最初に理解すべきは、 民間企業が営利の事業体として活動する構造になっているのに対し、 協同組合はコモンズとして活動するように設計されている点だ。 協同組合は競争ではなく協力を、…

エネルギー・コモンズ

~~~~~~~~~~~~~~ (限界費用ゼロ社会より引用) 水平展開型の構造がもたらす膨大な社会的・経済的利益を 最大限に活用するために、 インターネットを開かれたグローバル・コモンズに保つのは容易ではない。 そして、この新しいコミュニケーション…

新しいコモンズの世界観

~~~~~~~~~~~~~ (限界費用ゼロ社会より引用) オープンソース・ライセンスは文化の大衆化を促すように構想されており、 それはそれで結構だ。 このような法的手段をコモンズ方式の管理に付加するのはさらに素晴らしい。 私たち人類の社会生活の大…

インターネットがもたらすあらゆるものの大衆化

コモンズは社会に一体どんな変化を引き起こすのだろう? ~~~~~~~~~~~~~~~~ (限界費用ゼロ社会より引用) 新しいコモンズ参加者(コモナー)は、政治的運動の範疇をはるかに超えた 動きを生み出す。 コモナーが体現するのは深遠な社会的変化であ…

囲い込み(クローズド)とコモンズ(オープン)

特許で儲けるか、オープンソースで公開するか。 ~~~~~~~~~~~~~~~ (限界費用ゼロ社会より引用) 私(リフキン)が最先端技術の囲い込み(著作権)という 新たな囲い込みを初めて知ったのは、1979年のことだった。 微生物学者アナンダ・チャクラバー…

コモンズという統治モデル

~~~~~~~~~~~~~~~~ (限界費用ゼロ社会より引用) 政府、民間部門、コモンズという三大管理モデルの長所と短所を調べても、 どの管理モデルが最善かは、個々の状況に大いに左右されるため、わからない。 民間部門は目的によってはきわめて効率…

コモンズの喜劇

限界費用ゼロ社会で何度も出てくる超重要な言葉である「コモンズ」。 今回はこれがどこから始まったかを書いていく。 ~~~~~~~~~~~~~ コモンズについての最も有名な叙述はおそらく、 ギャレット・ハーディンが1968年に「サイエンス」誌に発表した 「…

医者中心から患者主導の医療へ

~~~~~~~~~~~~ (限界費用ゼロ社会より引用) 寝床や衣服、食料をシェアするというのは、人々の日常生活の かなり個人的な側面に触れる行為だが、医療データの共有は、 コモンズにアップロードされるものの中で最も私的な領域にまで踏み込む 行為だ…

広告の終焉

~~~~~~~~~~~~~~ (限界費用ゼロ社会より引用) コモンズの協働型経済(共有型経済)ではすでに、 資本主義体制の原動力となった広告の抜本的再構成を迫っている。 何百万人もの受け身の消費者が生産消費者(プロシューマー)になりつつあり、 さらに…

すべての人に無料のWi-Fiを!

このブログを私が書くことも、あなたに読みに来てもらうことも 可能にしているのは、Wi-Fiなどのインターネット接続を可能にする 無線システムである。 ~~~~~~~~~~~~~~ (限界費用ゼロ社会より引用) 生産消費者(プロシューマー)が、自らの無線…

労働から解放される人類

今回はロボットが労働に及ぼす影響について、 いわゆる技術的失業の話。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ (引用ここから) 通信やエネルギー、3Dプリンター、高等教育の限界費用をゼロに向かわせている ITとインターネット・テクノロジーは、人間の…

無料なうえに進化していく教育

これまで、エネルギー(電気)、3Dプリンター(製造)が無料になっていくことをまとめたけど、この限界費用ゼロ革命は 教育分野にも大きな変革を及ぼしはじめている。 ~~~~~~~~~~~~~~ 限界費用ゼロ社会―<モノのインターネット>と共有型経済の台…

無料になる3Dプリンターでの製造

~~~~~~~~~~~~~~~~ 限界費用ゼロ社会―<モノのインターネット>と共有型経済の台頭 作者: ジェレミー・リフキン,柴田裕之 出版社/メーカー: NHK出版 発売日: 2015/10/27 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る (限界費用ゼロ社会…

無料のエネルギー

限界費用ゼロ社会より~~~~~~~~~~~~~もし私が25年前(1990年くらい)にこんなことをいったらどうだろう?2015年には、人類はインターネットで音声や動画、テキストをやりとりし、世界の知識をまとめたものにアクセスでき、一人でも同時に10億人を…

すべてが無料になる時代に向かって

もう4ヶ月くらい前に書いた以下の記事。 paradism.hatenablog.com The Zero Marginal Cost Society Jeremy Rifkin - YouTube この動画と同じような内容をジェレミーリフキンが 英語で出版していて、つい最近日本語版が翻訳されて 書店においてあったのを私…

お金のなくなる日

龍人さんのブラックジョーク集2より引用 http://www2u.biglobe.ne.jp/~nagaryu/tanpen2.html ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 目が覚めた。 俺はいつものように顔を洗って新聞を広げた。 一面トップの大見出しは「今日から貨…

お金の減る国

龍人さんのブラックジョーク集2より引用 http://www2u.biglobe.ne.jp/~nagaryu/tanpen2.html ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 「今日は、お金が存在しているのにうまくいっている星の 取材にきました。 地球では貧富の差がものすごい…

実際に食べてみた

以前水耕栽培で得た経験を記事にしたが、 paradism.hatenablog.com あれからそれなりに大きくなった野菜を実際に食べてみることにした。 あれより大きくなっただけで、スーパーとかで売っているもの と比べるとかなり小さい。 まるでベビーリーフならぬ、ベ…

万能すぎる大麻

大麻ときくとあなたはどんな印象を持つだろうか?私の場合、大麻=逮捕されるイメージがある。ところがこの大麻という植物、実はかなり万能で自給社会には必要不可欠なものである。 以下のページ真ん中、「工場」より引用土の中で自然に分解するヘンプ(大麻)プ…

今の当たり前が崩壊する「お金を必要としない社会」

お金のない社会は今の社会になれているとイメージしにくい。 以前、龍人さんのサイト「りゅうじんの独断と偏見(所有・お金編)」から引用して以下の記事を書いたことがある。 http://www2u.biglobe.ne.jp/~nagaryu/jinseishoyu.html paradism.hatenablog.com こ…

拡張プラウト主義に学ぶ「都市農業」がもたらすメリット

最近、友人と話していて、 「あなたの考えは拡張プラウト主義に似ている」と言われたので、 実際に拡張プラウト主義を読んで私が得た新しい発見を書いていく。 自給の重要性を語るところは確かに同じみたいだ。 何か得られるものがあるかも。 拡張プラウト主義…

お金社会から完全に卒業するには

人間はなぜお金を欲しがるのか? 生きていくため、生活するためという理由がある。 ということはお金がなくても生きていける、生活できれば、 お金はいらないということか。 お金がない社会を目指すにあたり、商品やサービスが無料になることを 想定してみる…

経済が成長しなくなったら

経済成長が進んでいた時期は、お金がよく動いていた。 まだ家にない家電、テレビ、冷蔵庫、洗濯機などをどの家庭も買い求め、 そのおかげで企業もどんどん儲かり、雇用も万全だった。 お金を払う(=他人任せ)ことで、日常生活に必要な食料や電気を得ていた。…

命令構造の崩壊

人間社会は上下関係のある序列社会である お金の必要な社会では、お金を出すものが偉い、立場が上という暗黙の了解みたいなのがある。 会社にお金を出資してくれる株主、 会社のサービスにお金を払う消費者、取引先 なんでこういう社会になっているかという…

対処療法型ビジネス

働かなくてもいい社会を正当化する理由として 「技術的失業」や「経済崩壊」、「人類にとって初めての時代」などを これまで書いてきたが、 さらに「対処療法型ビジネス」(今勝手に作ったことば、造語) という点から書いてみる。 ここでは、警察、病院、エネルギーに…

ベンジャミン・フルフォードの講演会に行ってみた

最寄りが原宿で、講演開始15分前くらいに 駅に到着。 会場に着いたときはギリギリ5分前くらいだったが、 私はマイペースに受付を華麗にスルーしてトイレへ直行。 するとなんといきなりトイレでベンジャミンさん本人と遭遇(笑) とっさのことで頭が回らず…

知識の獲得ではなく集合知での底上げ

googleの各サービス、LINEの無料電話、 paradism.hatenablog.com 上の記事でアトムが人類を不幸にするという話があった。 少子化を加速させる原因として機械に勝る知識を獲得するため 教育費が高くなること。 http://diamond.jp/articles/-/67609?page=2 昔…

定常経済のお手本「鎖国」

そもそも「定常経済」とは何だろうか? 定常経済とは「経済成長を目標にしない経済」、 つまり「経済活動が繰り広げられているはものの、 その規模自体は拡大していかない経済」のこと。 また 「人口と資本が一定で、資源を地球の扶養範囲内に抑えて維持する」 こ…

数千年に一度の歴史的転換点

この本にはなかなか興味深いことが書いてある。 現在の私たちが直面する状況を マンガ「進撃の巨人」や「鋼の錬金術師」、「鉄腕アトム」などを用いて 説明したものだ。 本屋でも読んだけど、ネット上でも公開されていた。 http://diamond.jp/articles/-/67609?dis…

ベーシックインカムか、あれもこれも無料にするか

ここまでベーシックインカムについての記事を連投してきた。 ベーシックインカムを考えてて思ったことだが、 なぜベーシックインカムや労働、年金、生活保護が求められるのかというと、 それらがもたらすお金によって生活を成り立たせるためだ。 では逆に、…

実際にベーシックインカムはどうなるか

前の記事で設定したルール(貯金に1%の税金)で ベーシックインカムを運用すると どうなるか? 実際のシミュレーションをしてみた。 まず日本の貯金総額はどれくらいあるのだろう? http://www.garbagenews.net/archives/2067203.html 「日本の家計金融資産残…

持続可能な循環型ベーシックインカムとは

お金の流れを良くすること。 売る側にお金が集まるのは自明の理。 貯まったお金に税金をかけ、みんなに分配する。 もちろん税金を負担した者にも毎月ベーシックインカムは入ってくる。 持っていないものは税金を負担する必要がない。 みんなの負担を下げるこ…

誰かが絶対に持っている

通貨発行権について調べている内に気づいたことがある。 お金は借金から生まれる。 お金ができる仕組み。銀行の詐欺システム(2/5) Money As Debt - YouTube 企業が銀行から借金したときにお金が作られる。 ある意味、銀行がその企業を買ったとも言える。 銀…

金貸し、窮地に陥る必然構造

9月末の国連演説、最近のシリアへのロシアの介入とかを 見ていて何か変わってきた気がするので、 金貸しの窮地についてまとめてみた。 サイト「金貸しは国家を相手に金を貸す」、 テーマ「金貸し、窮地の暴略その3~窮地に陥る必然構造」 より引用 最近、金貸し…

収入に関係なく生活水準を上げていける社会

ここで少し、なぜ「働かなくてもいい社会」を実現する 必要があるのかを整理してみる。 このブログを書きはじめたときは 「機械によって人間の仕事が奪われる」 という内容だった。 いわゆる「シンギュラリティ(技術的失業)」。 そして、もう1つの内容は 「通貨発…

水耕栽培にチャレンジ

実際に水耕栽培を始めてみた。 その経過(一ヶ月)と得られた教訓を書いていく。 ↑種まき、8/31 48個まいた。 この上↑2つが順調なやつ。14個。 それ以外 種をまいても発芽しないのが6個。 発芽したけど根がスポンジを突き破らなかったのが6個。 残り22個は…

脱所有へ向けての小さな第一歩

今日、OFF HOUSEという中古屋?に服を BOOK OFFに本を売ってきた、 いや、処分してきた。服は19点、本は13冊。合計¥1500くらい。金銭的には大したことはない。だけど引き取ってくれたおかげで 空いたスペースができた。本当にありがとう、引き取ってくれて…

時代の流れに乗るスーパーマリオメーカー

つい先日 「スーパーマリオメーカー」というゲームが 発売された。 このゲーム最大の特徴は ゲームにおけるコース(ダンジョン)をプレイヤーが なんと自分で好きなように作ることができるのだ。 スーパーマリオメーカー 紹介映像 - YouTube こういった例に近い…

太平洋「ゴミ」ベルト

私たちの身の回りには たくさんのプラスチック製品がある。 スーパーで買い物をすれば食品のトレイ、 洗剤が入っている容器など。 料理をしているとわかるのだが 台所のゴミはだいたい、「生ゴミ」か「プラスチックゴミ」だ。 このうちプラスチックゴミが太平洋…

無料でバスに乗れる!

あなたは 旅行にしろ仕事にしろ 交通費、移動にはお金がかかるのは当然だと 思っているかもしれない。 だが、それは違う。 無料で利用できる交通機関があるのだ。 なんか途切れちゃった(笑) 実際にこのバスのうち 東京ベイシャトルに乗ってきた。 書いてあ…

空飛ぶ車を無料で利用するには?

映画バックトゥザフューチャーを見た人は 知っているかもしれないが 空飛ぶ車というものがSFや未来には登場する。 あなたもまだ遠い未来のことだとおもってはいないだろうか? ところがすでに実現しているみたいだ。 以下の動画を見ていただきたい。 マジ…

本当にそこに人型ロボットが必要か?

長崎県のハウステンボスに 「変なホテル」というホテルがある。 ハウステンボスにオープンのロボットホテル「変なホテル」が公開! - YouTube 変なホテルのちゅーりーちゃん - YouTube 人件費、建設費、光熱費の3つを抑制する工夫を 凝らした「世界初のロー…