働かなくてもいい社会を実現するには?

地球解放を目的とする組織「レジスタンスムーブメント」の公式ブログ「The Portal」の記事を翻訳しています。

働きたくないというあなたへ


f:id:paradism:20150101004845j:plain 
 あなたはこんなことを考えたことが
ないだろうか?


・100年前に比べて科学技術が飛躍的に
発達したのに、まだ人間が働かなければ
ならないのはおかしい。


・あなたが仕事を休んだり仕事から帰ろうと
すると、周りの人から白い目で見られる。


・定年になってからではなく、20代すなわち
体が動くうちから人生を満喫したい。


・あなたがニートしているから、他の人は
仕事にありつける。


ニートは甘えだと言われるが、
正直に言って働かなくても生活できるなら
そのほうがいい。



・生活のためのお金を稼ぐために仕方なく
働いている。



そんな働きたくないあなたに
ぜひ聞いてほしい話がある。


私たこやきは率直に言うと
働かなくても生きていけるなら
ずっとダラダラしたりゴロゴロして
いたい怠惰な人間だ。

もし万が一、いや億が一仕事が好きなら
こんなブログを立ち上げない。

というか仕事をする、働くという行為は
イヤだと思う理由が多すぎる。
そのうちの一部を私の体験に基づき
書いていく。


私たこやきはコミュニケーションが苦手
だ。
あまりしゃべらないし、面白いキャラでも
ない。
そのため友人から遊びに誘われることはなく
異性との会話も無言のまま気まずくなる
ことが多かった。

そして頭も悪い。大学では頼る友人もおらず、
息抜きのサークル活動も人間関係がイヤで
辞める。
ついに大学を中退する。

中退して仕事をしようと思い
バイトに応募するが中退した理由を
面接で聞かれ答えられない。


そんな面接を繰り返し時間だけが
過ぎていく。

すると今度は中退してからの空白時間に
何をしていたかを聞かれる。
踏んだり蹴ったりだ。

そんな私たこやきでもできる仕事が
見つかり始める。面接はどうしたかって?
面接がない仕事を選んだだけだ。

そして面接がない仕事というのは
たいてい常に人数不足であり
なぜ不足しているかというと
すぐに辞めてしまうような仕事だからだ。

初めてその仕事(派遣)に行ったとき
どうすればいいかわからず上司に聞くと
「ふざけんな自分で考えろ」と怒鳴られる。
仕方がないので自分で考えてやると今度は
「余計なことをするな」と怒鳴られる。
どうすりゃいいんだよ。

そんなこんなで社会から取り残されている
気がしていた。

私みたいな就職できない、それどころか
バイトにも受からない人間は負け組といのだろう。

ところが、私と正反対の人たち、つまりは
就職できた人、バイトとして働いている人も
問題を抱えていることを知る。

ブラック企業サービス残業(¥0残業)など
まだ他にもあるかもしれない。

私だけがキツいならまだいい、
なぜ私より働いている人も苦しんでいる
のかという疑問が生じた。


働かないとお金がなくなり生活できない
働いていてもストレスがたまる。

こんな社会がイヤだった。

この現実がイヤで引きこもったり、
ニートになったり逃げて逃げて
何か解決方法がないか探しまくった。
実際ネットサーフィンしていただけだが。


そしてつい最近見つけたサイトのうち
その解決方法になりそうなものを発見した
ので紹介しようと思う。

その答えは

「楽園主義」
http://ja.paradism.org/index.php

という。


次の記事からは
この「楽園主義」がどういうものかを
書いていく。