読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  働かなくてもいい社会を  実現するには?

人間が仕事をしなくても社会がまわる現実的なしくみについて書いていきます。

電気水道食料交通が全てタダ

タダになったらどんな世界になるのか?
何ができるようになるのか?

まずあなたは
生活のために働かなくてもよくなる。

朝寝坊し放題、家族で過ごす時間が増える。
あなたのやりたくないことをしなくても
生活できる。

働かなくていいので
通勤ラッシュがなくなる。
代わりに旅行ラッシュ観光ラッシュになる
交通機関、新幹線や飛行機が増えるかも。

あなたは生活のために働かなくてもいいので
職場の機嫌が悪い上司、複雑な人間関係
から逃げられる。

次に家にいるとき、スマホを見ながらゴロゴロ
しているあなたへ。

買い物が変わるかもしれない。
どう変わるかというと
スーパーなどへ出向く必要がなく
インターネットで注文して自動配送で
届けてもらう。

アマゾンでよくある流れだが、
これを
食料配達でもできるようになる。

自動配送も
自動運転トラックや小型ドローンが
中心になるだろう。無料で。

またはあなたが家事をロボットにやってほしいと考えているかもしれない。
洗濯機から洗濯物を取り出し干すロボット
掃除してくれるロボット「ルンバ」
料理を作ってくれるロボット
などがあればあなたは家事からも
解放される。



お金による制限、つまり
「私には高いから買えない」が
なくなるので
オシャレをしたい人もいるだろう、
それについて。

あなたにはこういうことがないだろうか?

欲しいデザインのスマホなのに
好みの色じゃなかった。
とか
着たい服がお店にない
とか。

そのうえお店にはいつもたくさんの商品が
並べられている。(余っている。)


私たこやきが思うに
もし最初にあなたが欲しいデザインを自分で
決めることができたり、
こういう機能が欲しいと思って作ってもらったら
買わないことはありえない。

ユニクロに行こうが
靴屋に行こうが
高級ブランドファッション店に行こうが
あなたはお店が提供してくれる商品から選ぶ
しかない、本当に欲しいものでないとしても。

3Dプリンターみたいに
自分が本当に欲しいデザインの服や靴を
自分で作って
あとは3Dプリンターみたいに
作る、
さながら自分の注文したときだけ動く
工場。

こうすれば
お店は商品が余ることは少なくなるし
お客は自分が欲しいものを手に入れることが
できる。
資源の無駄使いも減らすことができる。


3Dプリンターでスパナからスポーツカーまで無料で作ることができるらしい。
とはいえ衣服が作れるようになるかは
まだわからない。


資源の無駄遣いといえば「紙」。
新聞社には言い方が悪いけど内容がどうであれ
存在自体が地球環境に害悪だと思う。
なぜか?ネットで無料で得られる情報を
わざわざ貴重な紙資源を消費して作っている
からだ。

同じことは家のポストとかによく入っている
「チラシ」
たぶん今後はなくなっていくと私は思う。

理由として生活のためにどうしても
売らなければならない必要性がなくなる
無理やり宣伝する必要もなくなるからだ。

次の記事では
お金がなくなった世界での
社会保障について書いていこうと思う。