働かなくてもいい社会を  実現するには?

人間が仕事をしなくても社会がまわる現実的なしくみについて書いていきます。

永久に返せない借金

タイトルであなたをビビらせてしまったのなら
謝る。

国家の借金の方だ。


日本の財政赤字が1000兆円の今日このごろ
あなたはいかがお過ごしだろうか。


普通借金というのは

手に入れた分から使った分を引き算して
マイナス、
つまり使った分が手に入れた分より多い
ということ。


国家の財政は
税収と国債に大きく分けられる。

今は税収について話したいので、
国債はカンタンに説明をしてみる。

会社がお金を集めるために株を発行する。
国がお金を集めるために国債を発行する。
株や国債を買うことで会社や国へ資金提供する。


元の話にもどって
手に入れた分=税収
から
使った分を引いてマイナスなら
まず使う分を減らせばいい。

ということで公務員や議員の削減が叫ばれる。


それだけで解決するならいいが
実際はあまり関係がない。

それよりも財政赤字が永遠に続くのには
理由がある。


それは「利子」と「出回るお金の量」だ。

どういうことか。

社会にあるお金は国が銀行から
流している。

たとえば国が100億だけ銀行から
借りるとする。公共事業のために。
銀行には利子1%つけて返す。
この100億は公共事業の出費として
社会に出回っていく。


1年後、
国は銀行に101億を返さなくてはいけないが
社会に出回るお金は100億しかない。
そこで利子の1億円分だけまた借金をしなくては
いけない。

こうして永久に借金は増えていく。