読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  働かなくてもいい社会を  実現するには?

人間が仕事をしなくても社会がまわる現実的なしくみについて書いていきます。

一瞬で満タンにできる充電ステーション

 

f:id:paradism:20150825150720j:plain

 

 

 

電気自動車の登場と共に

充電ステーションが増えてきている。

 

最近では駐車場に

電気自動車の充電装置が

置かれていたりする。

 

 

ただこの電気自動車の充電時間は

かなり時間がかかるみたい。

 

 

いくらエコだからとはいえ、

せっかくのデートや家族での旅行

という時間の大半を

充電時間で失うのは最悪だ。

 

 

私が思うに、

この充電ステーションというのは

クルマへの燃料補給という意味で

ガソリンスタンドの伝統を受け継いでいる。

 

 

というか

電気自動車燃料電池?蓄電池?は

簡単に取り外せるのか?

 

 

電気が空っぽの電気自動車

ゼロから電気をチャージするより、

あらかじめ満タンにしておいた

燃料電池、蓄電池を交換したほうが

早くないか?

 

 

 

そして満タンの蓄電池に入れ替えた

電気自動車はすぐにステーションから

離れることができ、

空っぽの蓄電池はステーションで

しっかり満タンまでゆっくり充電すれば

いいとおもう。

 

 

これに至るには

燃料電池、蓄電池の共有化が必要かも。

 

 

そうすれば

電気自動車の電池を

前もって充電ステーションに

もってきたり

後で取りに来る

必要がなくなるから。

 

 

あとは自動運転によって

クルマを共有、共同利用して

クルマ1台あたりの稼働率を増やし、

クルマの数を減らして

必要な蓄電池が少なくて済む

ようにする必要があるかも。