働かなくてもいい社会を  実現するには?

人間が仕事をしなくても社会がまわる現実的なしくみについて書いていきます。

自然界に逆らうお金の永遠性と腐るお金

 

日本人は

お金を儲けるのは「悪」だ

と考えているのに

貯金は美徳だと考えている。

 

日本人は貯金などして

自分の懐にお金をためこむのが

好き。

 

お金を儲けることも

貯金をすることも

豊かになるという点では同じなのだが。 

 

 

今回はそんな貯金がもたらす問題についての話。

 

 

f:id:paradism:20150827153458j:plain

 

 

お金は単なる交換手段でしかないのにもかかわらず

一度所有してしまうと永遠性をもつので

自然界にはない強みを持ってしまう。

 

 

 

例えば、

魚を釣った漁師は魚が腐らないうちに

売らなければならない。

なぜかといえば、腐った魚などだれも欲しがらないし

売れないから。

 

とにかく急ぐ必要がある。

 

 

これに対して

お金を持っている人は慌てる必要はない。

 

いつでも自分の有利なときに

取引すればいいから。

 

 

ここに決定的な立場の違いが

できてしまう。

 

 

お金を持つ人は有利な立場を利用して

更にお金を増やすことができる。

 

 

お金を持たない人は今日を生きるために

不利な条件を飲まされて貧困になる。

 

 すなわち、お金の永遠性の中に貧富の差を

拡大する仕組みが仕込まれている。

 

 

 

さらにお金の永遠性はお金の流れを悪くする。

 

どういうことかというと

自然界のものと違ってお金は価値が減らないので

貯める、保存することができる。永遠に。

 

各個人が

交換手段としてのお金を貯めると

市場はお金不足になりお金の流れは悪くなる。

 

お金が足りないしお金の流れも悪くなれば

どんどん希少になったお金は価値が高くなり

デフレになる。

 

つまりお金の永遠性の中に

デフレ要因が仕込まれているということ。

 

 

 

 

デフレの何が問題か。

 

まず、みんなが節約に努めお金を使わなくなる。

 

具体的にいうと

今までは昼飯を¥1000の定食だったところを

代わりに¥280円の牛丼で済ます。

 

ブランドものの洋服ではなく

普通の地味な安い服を買う。

 

すると企業の売上は下がる。

 

企業は会社を存続させるために

従業員の給料を低くしたり

リストラしたりする。

 

さらに

従業員、労働者は消費者でもあるので

失業者が増えるとモノを買う人も

いなくなる。

 

そして企業の売上も下がり、

以下略。デフレスパイラル

 

 

 

 

 つまり私が言いたいのは

お金の永遠性は

貧富の差を拡大させ、

デフレを発生させる原因にもなること。

 

ではどうすればいいのか?

 

 

100年も前にすでにこのことを予想

していたゲゼルという人物がいる。

 

 

 ゲゼルはお金を腐らせることによって

お金の永遠性を剥奪しようとした。

 

 

 

実際に腐るお金はどのような効果を

発揮したのか?

 

オーストリアのヴェルグルという都市で

実際に起こったこと。

 

当時世界恐慌直後で

失業率9%、町の負債総額1億3000万シリング

という悲惨な状況で

この状況を立て直すために

投入された奥の手が

「腐るお金」だった。

 

 

お金が腐るとは

持っている¥1万が

時間が経つとともに¥9000になること。

 

つまりお金を使わずに貯めておくと

価値が減ってしまう。

 

だからみんなお金をすぐに使うようになる。

 

そして儲かる人が出てくる。

 

儲かった人も、価値が下がる前に

お金を使ってしまおうとするから

同じお金が人から人へ渡されるスピードが早くなる。

 

スピードが早くなれば

つまりお金の流れが良くなれば、

増えるサービスに対応するため

労働者が欲しいし

労働者を増やすことは消費者を増やすことでも

あるので

企業は雇用を増やす。

 

 

この町では住民の完全雇用を達成し、

町の税収は8倍増で負債は解消。

 

 

 

 

だったのだが

この画期的な「腐るお金」 はわずか1年で

取りやめになってしまう。

 

 

オーストリア中央銀行が「自社の紙幣発行独占を侵害した」

という理由で

このヴェルグルという町を訴え、

裁判に勝利。

 

腐るお金は終わりをつげる。

 

 

ちなみに

ドイツでも同じように

腐るお金で経済を立て直したにもかかわらず

またもやドイツ中央銀行

腐るお金を禁止した。

 

 

 

そこまでして中央銀行が守りたい、

通貨発行権」とは一体何だろうか?

 

 

 

あなたも「通貨発行権」について

調べてみてはどうだろうか?