読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  働かなくてもいい社会を  実現するには?

人間が仕事をしなくても社会がまわる現実的なしくみについて書いていきます。

お金のいらない社会に至るまで

 

「お金のいらない国」というテーマで

活動されている長島龍人さんのサイトより。

 

 

 

 

お金のいらない社会に至るまで

 

 

1.お金とは何かを考える人が増える。

 

お金は人間が考えた道具であり、空気や水のように

人が生きるのに本来必要なものではない。

また、現在の金融システムでお金を貯めようとすると

利益を稼ぐ必要があり、その差が徐々に貧富の差を膨らます。

 

 

2.お金の存在しない世界のイメージを膨らます。

 

お金の存在しない社会では、人々はどういう価値観で

どういう暮らしをしているのか。

誰もが幸せに生きられる社会のありかたを考える。

 

3.お金の使い方が変わり、流れが良くなる。

 

お金は必要以上に貯めず、稼いだお金は誰のために

どのように使うかを考え、それを実践する。

 

4.世界中から貧富の差、環境破壊がなくなる。

 

世界中から飢餓貧困が消える。

過度な贅沢や無駄な労働、自然破壊がなくなる。

 

5.お金はあってもなくてもよくなる。

 

お金は単なる交換の道具、

物の代用品として流通する。

 

6.お金がなくなる。

 

交換をやめて、ただ与えるだけになる。

お金のいらない国が実現する。

 

引用終わり。

 

 

 

 

2番はこの龍人さんの「お金のいらない国」サイト

書かれている内容がイメージを

膨らますのにオススメ。

 

 

3番は、ベーシックインカムで実現したい。

金持ちだからといって10倍、20倍も

食べられるわけじゃない。

自分の生活に必要な分だけ使ったら、

余ったお金は自動的に恵まれない人に

回っていくようなシステムができれば、

この世に金がなくて生きていくことが

できないという人はいなくなるだろう。

 

 

よく富裕層の反対に合うとかいう人がいるけど

そんな人間性に問題ある富裕層はいらないと思う。

 

お金の量はプラスマイナスゼロだから、

金持ちが生まれれば、貧乏な人もできる。

 

マネーゲームに勝ったからといって、

金持ちが貧しい人を生んだ以上、

見捨ててはいけない思う。

 

確かに人一倍働いたり、知恵を絞ってお金を

得たのにはそれなりの努力が必要であったろうし、

努力した人には報酬が与えられて当然かもしれない。

 

でもそこで自分が有り余るお金を得て、

横目で貧困に苦しむ人を見ながら平気でいられるか。

 

そもそも、一生を暮らせるお金ができたら

それ以上は必要ない。

金持ちが余分なものを買ったり、贅沢な遊びをすれば

ただ貯めておくよりは経済社会にとっては悪くないが

資源の無駄である。

 

そこで大事なのは、金持ちがどのようにそのお金を使うかだ。

金持ちになったとしても、そのお金を貧しい人のために使えば

そのお金は無駄にならない。

 

経済社会における金持ちにはそういう責任があると思うし

そこで人間性が試される。

 

 

 また奪い合いを推進する利子システムは

すぐに無利子のシステムに置き換えるべきだ。

 

そうすれば余力を他人に分ける余裕のある

お金持ちが増えると思う。

 

 

 

5番の例。

たとえば自分で野菜や電気を自給できる人は

お金が必要だろうか?

またネットのおかげで情報は無料になった。

余ったモノをインターネット上で無料でシェア

したり。

 

 

 

 

 

「生産手段を民主化したり共有したりしていくと

自給できる人が爆発的に増えるので、

お金の必要性が下がる」

と私は思う。

 

 

だって、自家発電できる家なら

電力会社からお金を払って電気を買う必要はないし、

家庭菜園で野菜を育てている人はお店で野菜を

買う必要がない。

 

  

 

日本語字幕あったはず。確認済み。

動画の右下あたりにある設定→字幕→日本語

 

 

ENVIENTA Open Source Ecology - How Do We Get ...


ENVIENTA - 3D Virtual Tour - YouTube

 

 自然エネルギーで3Dプリンターを動かして

あらゆるモノ、家具、生産できる。

 

あれちょっと待てよ、

発電機自体も作れたりする?

 

風力発電のプロペラとか、太陽発電パネルとか。

 

もし自然エネルギーの発電機、

欲をいえば磁力発電を3Dプリンターで作れたら

かなりすごい!ことになるよな。

 

 

 

結構「お金が必要なくなる社会」はもう

私たちの手が届くところに来ているのではないだろうか?