読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  働かなくてもいい社会を  実現するには?

人間が仕事をしなくても社会がまわる現実的なしくみについて書いていきます。

無料でバスに乗れる!

 

あなたは

旅行にしろ仕事にしろ

交通費、移動にはお金がかかるのは当然だと

思っているかもしれない。

 

だが、それは違う。

無料で利用できる交通機関があるのだ。

 

 

 

f:id:paradism:20150908170408g:plainf:id:paradism:20150908170416g:plainf:id:paradism:20150908170429g:plain

 

なんか途切れちゃった(笑)

 

 

 

 実際にこのバスのうち

東京ベイシャトルに乗ってきた。

 

 

f:id:paradism:20150908171125j:plain

 

 

 書いてある通り本当に乗車料金は無料だった。

 

 

ちなみに各バス停はこんな感じ。

 

f:id:paradism:20150908171432j:plain

 

 

 ではバスの車内はどうなっているのか?

 

f:id:paradism:20150908171620j:plain

 

 うわ見事なまでの広告だらけだ。

 

ベイシャトルはこんな感じだった。

 

少し前には

東京メトロリンクのバスにも乗ったことがある。

もちろんこのバスも無料。

 

上記のパンフレット広告に加えて

3台くらいテレビが広告をしていた。

 

 

 

 前回「三者間市場」というキーワードを出した。

 

あなたは無料で交通を利用して

交通機関はホテルなどから仲介料を得て、

ホテルはあなたが支払う宿泊費を得る。

 

 

基本的な流れは、

 

1.交通会社が無料のコンテンツやサービスを提供する

2.その交通を利用する人が増える

3.広告したい会社にとってたくさんの人が集まるところで

宣伝した方が広告効果が高い。

4.交通会社は広告スペースを貸すことで仲介料を得る

 

といったところだろうか。

 

 

交通会社をテレビ局やブログ、youtubeに置き換えてみても

同じだと思う。

 

テレビ局、ブロガー、YouTuberは視聴者に無料でコンテンツを

提供する。

 

人気の高い番組、記事にはたくさんの人がやってくる。

 

たくさんの人がやってくる人気の高いコンテンツに

広告を出した方が広告効果は高い。

 

広告を見ていいなと思った視聴者が

広告会社のサービスや商品を買う。

 

広告会社は仲介料をテレビ局、ブロガー、YouTuberに

支払う。

 

 

 

 

あなたも無料で利用できる交通を探して実際に利用して

みてはどうだろうか?