働かなくてもいい社会を実現するには?

地球解放を目的とする組織「レジスタンスムーブメント」の公式ブログ「The Portal」の記事を翻訳しています。

太平洋「ゴミ」ベルト

 

私たちの身の回りには

たくさんのプラスチック製品がある。

スーパーで買い物をすれば食品のトレイ、

洗剤が入っている容器など。

料理をしているとわかるのだが

台所のゴミはだいたい、「生ゴミ」か「プラスチックゴミ」だ。

 

 

このうちプラスチックゴミが太平洋で巨大な島を

作っていると私が言ったらあなたは信じるだろうか?

 

 

太平洋ゴミベルトは海流が集まる太平洋の真ん中にあり

その面積は日本の国土の4倍にも及ぶ。

 

 

面積から容易に想像できるプラスチックゴミの量も問題だが、

本当の問題はそこではない。

 

 

問題なのはゴミを「分解できないこと」が問題なのだ。

 

 

産業革命以前では、何世紀もの間、海に捨てても

何も問題は無かった。

微生物が時間をかけて分解していたからだ。

 

 

今日、私たちの身の回りには微生物さえも分解できない

「非生分解性プラスチック」であふれている。

この非生分解性プラスチックのどこが「非」なのかというと

ある程度までは分解することができるが

最終的に残る「悪玉」といわれる紙吹雪のような粒状プラスチックは

どんなに強力な微生物でも分解できない。

 

 

 

どれほど問題が深刻かどうか知りたければ

あなたも「太平洋ゴミベルト 画像」で検索してみよう。

ここには載せられないほど酷い。

 

 

人間の出したプラスチックゴミが

他の海洋生物に多大な影響を与えている。

というか

かなり大きな罪悪感を感じる。

 

 

またこの画像を見ても罪悪感を感じない人も

いるかもしれない。

影響があるのは他の海洋生物だけで

人間には影響がないと。

 

 

では食物連鎖で考えてみよう。

海中には魚が餌にする動物プランクトン(水中の微生物)がいる。

このプランクトンが粒状のプラスチックを誤って食べる。

そのプランクトンを魚が食べる。

さらに魚はプラスチックを食べ物だと勘違いして食べる。

そしてその魚が漁師によって水揚げされ

スーパーを経由して私たちの家庭にやってくる。

 

 

想像してみればわかるが、かなり恐ろしいことである。

私たち人間がやったことは、食物連鎖という自然な流れを通じて、

やがて私たちのもとへかえってくるということだ。

 

 

こういった問題を解決するにはどうすればいいだろうか?

 

プラスチック製品を使わないというのも手段のひとつかもしれない。

だが今日の社会でスーパーでもネット通販でもいいが

プラスチック製品、プラスチック容器を扱っているところを

無くすのは不可能だとおもう。

 

ではどうすればいいのだろうか?

 

そこで登場するのが「生分解性プラスチック」だ。

 

 

f:id:paradism:20150909015323j:plain

 

 生分解性プラスチックの特徴としてあげられるもの

 

1.自然界の微生物によって、最終的には「水」と「二酸化炭素」に分解される

2.生ゴミから有機肥料を作る装置に投入した場合には、より早く分解する

 

f:id:paradism:20150909015338g:plain

 

 つまり上図のように

生分解性プラスチック」を地面に埋めると

生ゴミと同じように分解され自然界にゴミとして残ることはないということ。

 

 

ひとつ注意するとすれば

生ゴミに比べると生分解性プラスチックの分解速度はゆっくりだ。

生ゴミが1~2週間、生分解性プラスチックは2ヶ月以上いやもっとかかるかも。

それでも50年100年ゴミが分解せずに残りつづけるよりはマシか。

 

 

 地面に生分解性プラスチックを埋めるのはいつでもいいので

 回収日に合わせてゴミ出しをする必要もなくなる。

 

 

 

太平洋ゴミベルトのようなゴミの山に住むことがないように

すべてのモノはリサイクルできるもの、

最終的には生物分解されるモノにする必要がある。

 

 

この生分解性プラスチックみたいに

使用後は自然界のリサイクルの過程によって

素早く分解される製品を製造業界が生産できるように

必要な部品や原材料をバイオ技術を発達させ開発していく必要がある。

 

 

すべてのものは生物学的に作ることができるし、

少なくとも生物学的に吸収できるように作ることができる。