読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  働かなくてもいい社会を  実現するには?

人間が仕事をしなくても社会がまわる現実的なしくみについて書いていきます。

命令構造の崩壊

 
人間社会は上下関係のある序列社会である
 
お金の必要な社会では、お金を出すものが偉い、立場が上という暗黙の了解みたいなのがある。
 
会社にお金を出資してくれる株主、
 
会社のサービスにお金を払う消費者、取引先
 
なんでこういう社会になっているかというと、
 
生活するのにお金がかかりすぎるからだ。
 
 
お金をもらえないこと=死を意味するので
 
お金をもらう側は立場が弱くなる。
 
逆にお金を出す側は、お金を欲しがる相手の命を握っているので立場が強い。
 
 
 
 
では、この縦社会で自分を押し殺さなくてもいい社会にするには?
 
各個人に生活の余裕ができればいい。
 
ベーシックインカムが導入されると困るのは
 
派遣会社やブラック企業である。
 
なぜかといえば、もし労働しなくても
 
お金がもらえるなら、わざわざブラック企業で働く必要がないからである。
 
そうすると、ブラック企業はサービスを提供しようにも、労働者が集まらないのでつぶれてしまう。
 
上下関係が求められる社会というのは
 
下の立場のものが欲しがるものを
上の立場のものが持っているというだけである。
 
逆にいえば、上のものに頼らなくても、
生活できれば、上の立場は必要なくなる。