働かなくてもいい社会を  実現するには?

人間が仕事をしなくても社会がまわる現実的なしくみについて書いていきます。

持続可能性のカギは電力

 

~~~~~~~~~~~~~~

 

 

限界費用ゼロ社会―<モノのインターネット>と共有型経済の台頭

限界費用ゼロ社会―<モノのインターネット>と共有型経済の台頭

 

 

(限界費用ゼロ社会より引用)

 

 

限界費用がゼロの社会、すなわち、誰もが自分の欲しいものの多くを、

好きなときに、ほぼ無料で手に入れられる社会では、

人間はこれまで以上に早く使い果たし、地球を破滅に追い込むだろうという

議論についてはどうだろう?

 

 

その可能性は低い。

人々を過剰消費に駆り立てるのは稀少性であって、贅沢さではない。

万人の物質的欲求が満たされた世界では、手に入らないことへの不安は消え、

貯め込んだり、むやみに消費したり、他者から奪いたいという欲求や、

財産の多い少ないに基づいた社会的な区別もほとんど意味を失う。

 

 

ここで言いたいのは、贅沢さが稀少性に取って代われば、明日がどうなるか不安で、

なんとしてもより多くのモノを手に入れようとする執拗なまでの衝動から、

人間の気質のかなりの部分が解放される可能性が高いということだ。

 

 

稀少性の経済を贅沢さの経済に転換するという発想は一見したところ、

地球に残された恵みを手当たり次第に消費し尽くす事態を招く危険性を

想起させるかもしれないが、実際には、これまでに述べた数々の理由により、

地球上で私たち人類が持続可能な未来を確実に手に入れるための、

唯一の有効な道である可能性が高い。

 

 

(略)

 

物資主義から持続可能で共感にあふれた生活への転換は、

豊かな人々のエコロジカル・フットプリントを減少させ、

貧しい人々が生活水準を向上させることに役立つ。

 

だが、贅沢な地球が差し出すことのできる実りを

人類全体で享受したいのであれば、

貧困層の人口増加の波も抑制しなければならない。

 

 

コンドームを配布して、出生数を減らすよう助言するのは、

貧困から抜け出せない家庭に対しては、無駄な試みだ。

世界の貧国では、子供は仕事の担い手であり、

家族が生き延びるためのわずかな資源の大部分を集める荷役であるからだ。

 

 

(略)

 

 

今なお、人類の二割は電気のない生活を送り、

二割は利用できる電力がごくわずかで不安定だ。

こうした人々が住むのが、最も人口増加が急激な国々でもある。

15億人の貧困層再生可能エネルギーを供給できる第三次産業革命の

インフラの敷設実現に国連工業開発機関は力を注いでいる。

 

f:id:paradism:20151229142524j:plain

 

地球上のあらゆるコミュニティに電力が供給されれば、

貧困層も含めた万人がまともな生活の質を保てる程度の快適さを

手に入れるための弾みとなるだろう。

 

 

電力へのユニバーサル・アクセスを実現する活動が進展してゆけば、

最貧国における人口の急増に歯止めがかかり、人口減少が始まり、

最終的には世界の総人口は50億人まで減少する可能性が高い。

この数字であれば間違いなく、人類は生態系の利息で暮らし、

贅沢さの経済を享受していける。

 

 

(引用終わり)

 

~~~~~~~~~~~~~

 

稀少性から贅沢さの経済に変わったときの変化を

わかりやすく実感するには以前書いたこの記事を参考に。↓

 

 

paradism.hatenablog.com

 

 

 


THRIVE日本語4/10

 

エネルギーが日常生活に与える影響。

↑9:30あたりからどうぞ。

 

 

 

支配層は70億人いる人口をとても脅威に感じている。

だから自分たちが管理できる人数まで人口を削減しようとしている。

だから不妊になるワクチンを仕込んだり、

精子数が減少するような食品を買わせたり、

とりあえず見えないところで悪行を重ねる。もう知られているんだけど(笑)

 

 

面白いのはどう頑張っても支配層の計画は失敗に終わる。

エネルギーを支配して貧国の人口を削減しようとすると、

貧国は電力の代わりに子供の数が労働力なので、子供をたくさん増やす。

エネルギー(電力)を与えないと人口は増える(笑)

 

逆に再生可能エネルギーやフリーエネルギーを解放すると、

労働力は電力になるので人口増加には歯止めがかかる。

ところが、どこにでもあるエネルギーの支配はできない。

結局どちらも支配層の思惑は頓挫する。

 

 


QEG Free Energy Generator Demonstration

 

実験が成功してめっちゃうれしそう!

こういう喜びとか嬉しさを伝染させていくほうが、

絶対に世界は豊かになっていく。

それにやっぱり誰かを喜ばせる方が気持ちがいい!!