読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  働かなくてもいい社会を  実現するには?

人間が仕事をしなくても社会がまわる現実的なしくみについて書いていきます。

Cobra最新状況報告より(16/11/18)

 

Cobraの状況報告が更新されました。

いつも翻訳ありがとうございます。<(_ _)>

長いので気になったところを抜粋!
ーーーーーーーーーーー

まずは

 月例コブラ・インタビューより

prepareforchange-japan.blogspot.jp

 

「地球解放情報
Richard – ここから、地球の解放状況についてお聞きします。解放の進行状況に関して言えば、光の勢力にとって十月の状況は良くなっているのでしょうか。
COBRA – ええ、もちろんです。
Richard – それについて何か情報を聞かせて頂けませんか。
COBRA – いまはありません。選挙沙汰が終わるまでは情報を出さないように指示されています。惑星の状況と、光の勢力の進行状況はその後に出します。
Lynn – キメラを打倒するために進行中の戦争については?
COBRA – 前の質問と同じく、現時点では教えられません。
Lynn – ヤルダバオートの状態については?
COBRA – 少しだけなら。光の勢力はその生命体の触手を頭部から切り離そうとしていますが、進展はありました。
Richard – ベールの割れ目についてはどうですか。新しい割れ目は出来ていますか。それとも状況は変わらず?
COBRA – 状況はさほど進展していませんが、11月中旬以降にいくつかの計画が予定されています。
Lynn – 地政学的な状況についての情報はないですか。
COBRA – どちらが選挙に勝っても、光の勢力はカバールの駆除を進めるでしょう。11月中旬以降、この分野での進展はより体感できるようになると思います。」

 

 次に最新状況報告より

prepareforchange-japan.blogspot.jp

「キメラ・グループの掃討が続いています。光の勢力は、地球に取り憑いたヤルダバオートの本体から触手を切り離すことにかなりの成功を収めています。一方では、ヤルダバオートの本体の除去は極めて挑戦的な作業であり、地球回りのプラズマ界では激しい戦争が続いています。地球の隔離状態を維持して解放を阻止したいキメラは、軍の請負契約業者にベール技術を強化させていて、必死に抵抗しています。プレアデス勢は、地球軌道上の人工衛星に設置されたプラズマ・スカラー兵器の除去に、小幅ながらもさらなる勝利を収めました。」

 

まとめると

・ヤルダバオート(プラズマ・タコ)の本体と触手を切り離すことに成功。

・プレアデス勢が地球軌道上の人工衛星に設置されたプラズマ・スカラー兵器の除去に、小幅ながらもさらなる勝利を収めた。

 

イベントの発生を妨げているプラズマ・トップレット爆弾について

prepareforchange-japan.blogspot.jp

 

「イベントを阻止している主な要因は相変わらずプラズマ・トップレット爆弾です。爆弾はいまもヤルダバオートのプラズマ触手に沿って広がっています。タコの頭部は地球を取り囲んでいますが、その中では以下のものにつながっています。

1.低軌道の人工衛星に配置されているプラズマ・スカラー兵器とプラズマ超音波技術でつながっています

2.地上の人類の体内にある物理バイオチップ

3.低層のキメラ地下基地にある超低周波音プラズマ・スカラー装置

 

つまり

ヤルダバオート本体(プラズマ・スカラー兵器)

分離

ヤルダバオート触手(プラズマ・トップレット爆弾)

 

プラズマ・スカラー兵器はプレアデス勢が無力化し始め、

プラズマ・トップレット爆弾は

prepareforchange-japan.blogspot.jp

より

「現況について・太陽系での戦争


Lynn - トップレット爆弾の解除ですが、進展はありましたか。
COBRA - ええ、もちろん。かなりの進展がありました。その結果、キメラは9月の初めにやや怖じ気づきました。彼らは最後の切り札を繰り出して太陽系内での全面的銀河戦争を仕掛けようとしましたが、その試みは失敗に終わりました。九月はなにかと大変でしたが、彼らの目的は達成しませんでした。」

 となっています。

 

分離された触手の中のトップレット爆弾の除去が劇的に進むことを

願うばかりです。

 

それと11月中旬以降について

今月のコブラ・インタビューより

「Richard – ベールの割れ目についてはどうですか。新しい割れ目は出来ていますか。それとも状況は変わらず?


COBRA – 状況はさほど進展していませんが、11月中旬以降にいくつかの計画が予定されています」

 

 「Lynn – 地政学的な状況についての情報はないですか。


COBRA – どちらが選挙に勝っても、光の勢力はカバールの駆除を進めるでしょう。11月中旬以降、この分野での進展はより体感できるようになると思います。」

こちらについても光の勢力は何か計画がある模様。

 

さらにポジティブ・ミリタリーが行動できない理由はやはりキメラ・グループが原因らしい。こちらも今月のコブラ・インタビューより

「キメラ・グループについて


Lynn – 闇の勢力についていくつかの疑問があります。あなたのバイオチップについての報告によると、バイオチップは音と映像情報をキメラのコンピュータに送ることが出来ます。それに関連した3つの疑問です。


1. キメラは地表のポジティブ・ミリタリーの進展をすでに全部知っている
2. キメラは東側同盟やほかの地表のポジティブ組織の戦略をすでに全部知っている
3. キメラは地表の覚醒した人たちの正体と住所をすでに全部知っている。144,000人の情報も。つまり、彼らは必要あらば暗殺者を送り込んで暗殺することも出来る

 

COBRA – 確かにキメラはそれらの情報をすべて持っていますが、彼らは行動できません。なぜなら、彼らより高い次元の光の勢力が彼らの行動を阻止しているからです。

 

Lynn – 私たちの正体だけがバレているのでは、どうやって勝つのでしょうか。だから私たちに助けが必要なのですね?

COBRA – ええ、地上の人々やポジティブ・ミリタリーだけではこの戦いに勝てません。2012年に集団逮捕が起きなかったのはこのためです。レジスタンス・ムーブメント、プレアデス勢など銀河の高次元の光の勢力はキメラグループの駆除を手伝ってくれています。それが終わると、地上のポジティブ・ミリタリーや東側同盟は大いに力を発揮して作戦を成功に導くでしょう。そのうち、彼らの出番はやってきます。」

 

Victory of the Light!