働かなくてもいい社会を実現するには?

地球解放を目的とする組織「レジスタンスムーブメント」の公式ブログ「The Portal」の記事を翻訳しています。

重要な状況更新 2017/1/13

一部正確に訳せていないかもしれません。ご了承ください。

 

原文:

http://2012portal.blogspot.jp/2017/01/important-situation-update.html

 

2017年は以前のどの年よりも惑星地表でより多くの光の存在が見られるでしょう。ギャラクティック・センターからの非物理的な光の粒子が大いに増加しているからです。2016年最後の日、空には真珠母雲や他の普通でない雲の現象という形で、多くの兆候がありました。

 

f:id:paradism:20170114235048j:plain

f:id:paradism:20170114235101j:plain

f:id:paradism:20170114235112j:plain

 

この増加した銀河の光を2017年の銀河のスーパーウェーブの可能性の兆候として解釈する人々もいます。(イベントを読んでください)

 

その間にもキメラグループの掃討は続いています。最近この太陽系内部の光の勢力のある地位に潜入したキメラグループが発見されました。キメラは捕まえたカバールのメンバーを銀河のセントラルサンへ連行するテレポーテーション・ポータルの1つをハイジャックすることさえできました。これらはカイパーベルトのキメラの基地へ流用されました。この状況はすでに解決しています。

 

外縁バリア・タキオン膜はある程度プラズマ異常に透過性があり、ある条件下でネガティブなプラズマ・エンティティはセトのトンネルを通じて太陽系に出たり入ったりできることも発見されました。太陽系外のプラズマはまだ完全に初期異常、特にオリオンのアームにそってのびるプラズマのフィラメントから自由になっていません。

https://en.wikipedia.org/wiki/Orion_Arm

 

f:id:paradism:20170114235246j:plain

 

この領域のプラズマ異常は数百万年前のオリオンの銀河戦争から発生していて、ほぼ完全に癒されましたが、残っている少ない量がヤルダバオス・エンティティと相互作用しています。特異なプラズマが最も集中しているのはリゲル星系から牡牛座分子雲と呼ばれる牡牛座暗黒星雲までです。

https://en.wikipedia.org/wiki/Taurus_Molecular_Cloud_1

 

これら全てに対しての反応として、総勢数億の銀河の光のグループが太陽系に入ってきていて、キメラの最後の掃討を支援しています。このポジティブグループの正体はまだ明らかにすることはできません。

 

またレジスタンスと銀河連合と同盟している全ての離脱グループはこの太陽系内でかつて遭遇したことのないほどのレベルで強力な活動を始めました。

まだ銀河連合と同盟していない全ての離脱グループ(SSPと地下グループ)はキメラに潜入されています。

 

この地表では、この潜入はより強力なものとなってさえいます。多くの場合、計画による物事が進んでいないとき、それははっきりとした潜入の兆候です。惑星の全てのポジティブ・グループはキメラやその部下の潜入に悩まされています。多くの地政学的出来事がこれを裏付けています。

 

ダーイッシュがパルミラを奪い返した真の理由はロシア軍司令部のとても高い地位への潜入でした。当惑した、ロシアのアナリストはなぜそれが起こったのかについて説明を出しました。

https://sputniknews.com/middleeast/201612141048542487-syria-palmyra-daesh/

 

強力なロシアのスパイ衛星から写真の単純なコンピューターベクトル解析が一点に収束するグループを容易に発見することを彼らは忘れていました。

 

カバールはBRICS諸国にも潜入したがっていて、彼らはインドにおける劇的な金融戦争の背後にいます。

 

最も危険なキッシンジャーの戦略はトランプを通じてロシアと組んで、中国と対峙し、東方連合を破壊しようという試みです。

http://journal-neo.org/2017/01/09/is-trump-the-back-door-man-for-henry-a-kissinger-co/

http://www.independent.co.uk/news/world/asia/rex-tillerson-south-china-sea-state-media-prepare-military-clash-donald-trump-global-times-a7525061.html

 

トランプが単なる操り人形で、彼の政策は舞台裏の見えないハンドラーたちによって画策されていることを多くの人々が理解し始めています。

https://truthearth.org/2017/01/03/a-short-word-about-presidents-and-their-puppet-masters/

http://www.zerohedge.com/news/2016-12-30/trump-exactly-where-elites-want-him

http://journal-neo.org/2016/11/25/the-dangerous-deception-called-the-trump-presidency/

https://www.armstrongeconomics.com/international-news/north_america/2016-u-s-presidential-election/is-trump-draining-the-swamp-or-filling-it/

 

明るい面では、中国が自国の宇宙ステーションでテストのために有名なEMドライブを何とか置こうとしていることを公表しました。

http://www.ibtimes.co.uk/emdrive-chinese-space-agency-put-controversial-tech-onto-satellites-soon-possible-1596328

 

ソフト・ディスクロージャーが続いていて、小惑星採掘が主流になってきています。

http://seekingalpha.com/article/4034859-miners-may-go-galactic-asteroid-mining

 

ある小惑星の経済価値を見積もるウェブサイトさえあります。

http://www.asterank.com/

 

惑星解放により直接かかわりたい人々のために、開放グループがどのように作用することができるかについて、ここ(おまけで加えられた短いコブラのインタビュー)にとても良い例があります。

 

http://2012portal-hungary.blogspot.com/2017/01/cobra-interview-with-hungarian-cobra.html

 

 

導かれたと感じた人々は自分の惜しみない寄付でマラウイの飢えている人々を支援することができます。(リンク先のページ右側、一番上の少し下です。)

http://prepareforchange.net/orphanages-in-malawi/

 

アフリカのマラウイや多くの他の場所の状況は完全から遠いですが、光はそこにも届くでしょう。

 

Victory of the Light!