働かなくてもいい社会を  実現するには?

人間が仕事をしなくても社会がまわる現実的なしくみについて書いていきます。

コースト トゥ コースト ゲスト コブラ、ロブ・ポッター 2013年1月

注)コースト トゥ コーストはアメリカの有名なラジオ番組です。

Liberation of the Planet - Shows

コブラが話しているところを翻訳しました。

 f:id:paradism:20170628003327j:plain

 

原文:

http://prepareforchange.net/transcript-coast-coast-cobra-january-2013/

 

John – – ようこそコブラ
COBRA —私たちのミッションを次のレベルへと拡張する素晴らしい機会です。多くのことがまさに起こっていて、この惑星の大衆は準備する必要があるからです。


John —あなたが始めたいところからどうぞ。

COBRA – 最初の質問ですが、私の音声は編集されていますか?(ええ)とてもいいです。一般的な計画から始めましょう。全体の計画を明かすわけではありません。現時点で可能な限り明かします。まだ公開されていない多くの要素がまだあるからです。(わかりました。)惑星解放の一般計画があります。この惑星での状況を変化させるために舞台裏で活動しているとても強力でパワフルな光の勢力がいます。多くの人々は特に金融システムが何か間違っていることにかなり気づいています。システムがどのように創造されたか、作られたか。そしてこれは変える必要があります。基本的に状況を変化させるために舞台裏で活動しているポジティブな勢力についての概要説明をします。それからどの人でもこのプロセスを支援するために行うことができる概要、指針を与えることにします。

 

金融システム

 

John –とてもいいですね。私は圧縮突破について考えてきました。資本主義システムが進むことに関して、私たちはバージョン1を使い果たし、まさにバージョン2が掲げられようとしています。それで...

COBRA –起ころうとしていることはいわゆる金融リセットです。これは完全にこの惑星で行われている財務の方法を変化させるでしょう。私たちが現在持っている金融システムは金融システムを通じて惑星を支配するとても少数のグループの人々による厳格な管理があるからです。実際金融システムはオリオン座から数千年前に持ち込まれました。財政を通じて大衆を支配する方法の一般的な原理は遠い昔に銀河中の他の場所で発達しました。それは何回も実施され、これはシュメール時代にこの惑星に導入され、それからローマ時代を通じて広がりました。そして今、この小さなグループがその財政を通じて人々を支配していますが、彼らの支配はまさに終わろうとしています。何が起こっているかについて人類のクリティカルマスが気づくようになっているという理由で、これはここでの重要な要因です。もしクリティカルマスの人々、一定の人々が起こっていることに気づくと、もはや支配を続けることはできません。したがって舞台裏で活動している、イベント時に活性化されるだろう代替金融システムをすでに創造してきている特定の勢力がいます。この新しい金融システムは関わる全ての人々にとってもっとより公平です。しかし、あなたも知っているように、この惑星での人間の本質は完全ではなく、これがその遅れの原因の理由です。ポジティブな勢力でさえ、ポジティブな勢力内の人々でさえ自分たちの動機、アジェンダを持っているからです。これすべては調和される必要があり、それが調和されるとき、これがイベントが起こる最後の要因のひとつです。

 

イベント

 

John – イベントとは皆にとってどんな感じでしょうか?

COBRA – 今イベントについて簡単に話すので、何がやってくるかについての基本的な考えがわかるでしょう。イベントはこの惑星における光の勢力の最後のブレイクスルーで、それは多くの側面を持っています。物質的側面とエネルギー的側面です。エネルギー面はこの惑星における振動のブレイクスルーとなります。私たちは物質界だけでなく、エーテル界やアストラル界のような高次のエネルギーの世界を持っているからです。また支配要因、それらの世界には人類を精神的に支配している存在がいます。光の勢力はかなり躍進し、一定の地点、物質界において金融システムのリセットとしてこれから具現化するであろうエネルギー・ブレイクスルーがエネルギー界であるでしょう。金融システムが起こると同時に、人類を支配していた人々の大量逮捕があるでしょう。それらの人々は拘留所に連れていかれ、公平な裁判が与えられるでしょう。しかし、彼らはもはやその人生で権力のいかなる立場へのアクセスも許されなくなるでしょう。

 

 

 ポジティブ・ミリタリー

 

John – これはどうやって結びつくのでしょうか...逮捕を行う人々はどんな人々でしょうか?

COBRA – 説明しましょう。この作戦に関わっている多くのポジティブグループがいます。それらのグループについて簡単に説明しましょう。そうすればこれらすべての複雑さを理解できるでしょう。基本的に私たちは特にアメリカ、ロシア、中国という世界中の軍内部に諜報員がいます。ポジティブミリタリーと呼ばれる人々がいて、彼らの動機は人類に正義を取り戻すことです。

 

John –彼らが何と呼ばれているかについてもう一度話してください。

COBRA – ポジティブミリタリーです。このグループの説明です。基本的に彼らはこの惑星における軍の計画を変える目的で権力ある地位に転生してきている存在です。そのため逮捕が起こるとき背後にいるのはこれらの人々です。それから世界中で逮捕を行う警察内部にもポジティブな人たちがいます。それは惑星中のどこでも同時に起こる調和的な行動となるでしょう。この作戦はレジスタンス・ムーブメントの戦略的、知的助言がなければ不可能です。

 

レジスタンス・ムーブメント

 

そしてレジスタンス・ムーブメントについて説明しましょう。より詳細なことは後で話しましょう。基本的にこの惑星の地殻で生活している地下文明があり、実際多くの地下の場所や洞窟システムがあります。このポジティブな文明はそれらの洞窟システムや地下の住居を超高速列車でつないでいます。彼らは先進的なテクノロジーを持っています。彼らは物理的にプレアデス人や他のET種とつながっています。この地下文明をアガルタネットワークと呼ぶ人もいます。それはアガルタネットワークとして知られていますが、後に増援がありました。そのためレジスタンス・ムーブメントはまず人類に精神的な支援を与えます。彼らは惑星における状況を安定化させ、人類に物質的な支援を与えます。彼らは多くのネガティブなシナリオが発生することを防いだ人たちです。彼らは実際に第三次世界大戦を防いでいます。彼らは核の脅威を人類から完全に排除しました。彼らは生物兵器の脅威を人類から排除しました。彼らはこの惑星の将来のポジティブなタイムラインを確保しました。そのため2012年12月21日の活性化は大きな勝利のひとつでした。人類にとっての全てのネガティブなタイムラインは消去され、第三次世界大戦やいかなるタイプの核戦争、大衆レベルでのいかなるタイプのパンデミックも起こりません。

 

John –彼らがどのようにこれを防いでいるか話してください。緊張が高まるとき、これらの基地の周囲で宇宙船が現れることを知っています。基地周辺で姿を現す、宇宙船に乗っている彼らはエンティティですか?

COBRA – オーケー、説明しましょう。核ミサイル基地周辺で見られる宇宙船は基本的にプレアデス人のものです。プレアデス人は核兵器のほとんどを防ぐテクノロジーを持っています。いわば彼らは90%の核兵器を防ぐことができます。しかし彼らが核の脅威を完全に排除することはできません。そのため惑星地表における地表連絡員、諜報員、専門家がそれらの核施設に潜入していて、現在説明が許可されていない方法で核兵器を非活性化してきました。基本的にカバール、支配勢力はいかなる核爆弾も活性化することもできません。それは不可能です。(驚きました。)彼らはそれがどう機能するか理解していません。基本的に支配勢力の理解をはるかに超えたテクノロジーがあり(理解しました。)、レジスタンス・ムーブメントの専門家はカバールが理解できない方法で全ての核兵器を無力化してきました。

 

地球の重要性

 

John –イベント、惑星X出身のレジスタンスについて少しうかがいます。惑星Xについて説明していただけますか?なぜ地球がこの巨大な拡張空間の中にあるのか?なぜ地球はそれほど重要なのか?

COBRA –全てのひとが私の発言をはっきりと聞けることを期待します。まず、二番目の質問に答えましょう。惑星地球はとても特別な位置にあります。現実の宇宙のドラマのための結びつく点となるために高次において選ばれました。光と闇の相互作用の間の宇宙のドラマであり、それは常に楽園でした。それは特別な惑星で、光の勢力は主要拠点のひとつとしてそれを選び、闇の勢力もそこを同じ目的のために選びました。数千年間、ここは光と闇の間の争いの主戦場であり、基本的に最後の戦いがここで起こっています。残りの宇宙は全て、闇の勢力からすでに解放されていて、ここが彼らの最後の拠点です。そのため、銀河中のすべての光の勢力の全関心がこの小さな惑星に向けられています。私たちは惑星解放のこのプロセスに向かって進んでいくと、ここは解放される最後の惑星となるでしょう。それは実際、銀河の古い預言の成就となるでしょう。銀河の光のネットワークを完成し、闇がもはやなくなるときとなるでしょう。そして今私たちはまさにこのときに進もうとしています。古い預言に黄金時代やユガについて書かれたことはこれです。これ全てがまさに私たちの人生で具現化に入ります。私たちはこれを具現化するプロセスの中にあり、去年、2012年はこのプロセスで主要なブレイクスルーがありました。2012年12月21日の活性化はこのプロセスの一里塚、転換点であり、惑星の最後の開放を創造し、この黄金時代を実現することはずっと簡単になっています。それから同じ惑星として銀河のコミュニティ、銀河社会に入ります。最終的に私たちは銀河の光の勢力に参加できるでしょう。

 

銀河連合

 

 John –連邦とは?誰が光の存在なのでしょうか?

COBRA – 基本的にあなたは銀河を見ています。常に中央にセントラルサンがあり、セントラルサンの周囲を二重螺旋の星たちが回転しています。たいていこのセントラルサンで起こっていることはより高次の進化のソースです。セントラルサンの近くで発達した全ての種族と文明はたいてい最も先進的で、この同じことが私たちの銀河でも起こっています。天の川銀河です。発達のあるレベルに達したそれらの種族は他と結びつき、銀河連合を作りました。それは平和と調和の中に生きることを選んだ先進種族のゆるい連合です。彼らの目的はこの銀河のどの存在も同じ立場、光、愛の存在を持つ銀河の光のネットワークを創造することです。

 

マザーシップ

 

John –あなたが銀河の存在について話すとき、全ての生命体を意味しますか?(ええ)もしくは人型と言える存在だけですか?動物は?

COBRA – 銀河にはどの生命体もいます。私たちが話しているのは動物、人型、非人型の生命体です。実際銀河連合はこの銀河における進化の監督者です。銀河連合の代表者の多くがこの惑星の周囲にマザーシップで集まっています。実際この瞬間も物質界で惑星の軌道を周っている銀河連合の多くのマザーシップがいます。彼らはクローキングされているので、カバールは追跡することができません。マザーシップはスパイ衛星、軍、ネガティブな軍部も追跡できません。彼らはここで惑星に介入する瞬間を待っています。しかしそうする前に一定の条件が満たされる必要があります。

 

銀河連合の介入が無ければ...

 

John –もし彼らが惑星に介入しないと、何が起こりますか?

COBRA –彼らは惑星に介入するでしょう。

 

John – しかし私が意味しているのはもし彼らが介入しなければ惑星の運命がどうなるかです。

COBRA –基本的に銀河連合は構造プレートをすでに安定化させ、地球の軸の周囲の回転を安定化させています。彼らの介入がなければすでに劇的な災害が起こってたでしょう。彼らは何度も核戦争を防いできました。基本的に彼らの支援や介入がなければ人類は生きていなかったでしょう。現時点でこの種は絶滅していたでしょう。(オーケー)そして彼らは自分たちのエネルギーフィールドでテクノロジーを伴って舞台裏で活動し続けています。彼らは適切な時期、開かれた介入のときを待っています。より開かれた介入は(ネガティブな)支配勢力が排除されたときだけ起こります。支配勢力は人類を人質にしているからです。もし銀河連合の光の勢力が今介入すると、報復として、カバールは世界中でたくさんの暴力を創造するでしょう。これがファーストコンタクトが起こっていない理由です。皆この質問をたずねます。なぜ銀河連合は姿を現さないのかと。闇の勢力によって人類が代償を支払うからです。(理解しました。)それらの闇の支配勢力という問題は解消されなければいけません。それから銀河連合が現れます。プレアデス人が私に直接、個人的に言いました。カバールが逮捕される前にはプレアデス人たちが大量に現れないと。

 

(中略)

 

COBRA – ええ。準備できています。招待されるのを待っていました。言いたいことはたくさんありますが、音声編集がうまく調整されるよう期待します。

 

銀河連合


John –できるだけ調整していますが、残念ながら...これは初めてのことです。ベストを尽くします。では行きましょう。もちろんあなたはこれを行うために招かれていますが、あなたが話すことを人々が理解できるように確認したいです。

COBRA –話したいいくつかのことがあります。まず、惑星における主なポジティブなプレイヤーについて話します。惑星状況を改善するために舞台裏で誰が活動しているか人々は理解し始めるでしょう。まずは銀河連合です。銀河連合は惑星に公に姿を現していません。彼らはクローキングされたマザーシップで活動しています。彼らは惑星周囲のエネルギーグリッドを安定化させるために5次元の光のヴォルテクスを使っています。彼らは構造プレートを安定化させ、この惑星でいかなる劇的な災害に私たちが会わないことを確実にしています。この変容がスムーズが銀河連合のおかげです。彼らが行っている2番目のことはスピリチュアルなエネルギーを人類に送ることです。そのため人類は彼らの魂の存在に目覚め、いわゆるスターシードと呼ばれる、他の星系からこの惑星にやってきて転生し続けている人を目覚めさせることです。それらの存在はここで何度も転生し続けている存在ですが、この惑星出身ではありません。銀河連合は彼らをそれぞれのミッションへ目覚めさせています。様々な地位、様々な人生状況に現在転生しているどのET種も惑星解放プロセスにおいて特定のミッションを持っています。銀河連合の他に多くの種族がいて、多くは銀河連合に属していますが、人類の大衆とも強い関わりを持っています。

 

プレアデス人

 

彼らのうち最初はプレアデス人です。プレアデス人は数千年にわたって人類種に指示を与えてきました。彼らは昔に私に接触してきました。彼らは私に特定の情報、特定のミッションを与えました。そして現在私はこのミッションを実行しています。私はプレアデス人と接触しています。これはチャネリングのつながりではありません。それはつながるためのとても安全なある他のタイプのコミュニケーションです。彼らは私に惑星解放の知識を与えました。情報を公開可能にするために私が身元を隠す理由を理解することはとても重要です。もちろん私は今日自身についての全てを公開することができるでしょうが、知っていることについて話すことはできないでしょう。それは私が決めなければならない選択です。この情報には機密性のものもあり、舞台裏で起こっていることについて本当に話している人はごくわずかです。多くの偽情報が出ています。多くの推測が出ています。しかしごくわずかな人々がこの惑星を超えた真の光の勢力と本当の接触をしています。プレアデス人の他に私たちにはレジスタンス・ムーブメントがいます。

 

レジスタンス・ムーブメント

 

レジスタンス・ムーブメントの話について簡単に説明します。レジスタンス・ムーブメントはコードネーム「マイケル」というある存在がおり、1975年に始まりました。これは彼の本当の名前ではありません。私は彼の本当の名前を明らかにすることは許可されていませんが、彼のコードネームはマイケルです。彼はカバールと戦っていて、カバールに彼は追われました。彼はこのエージェントの小さなグループと必死に逃げ、ニューヨーク地下システム内にある迷路のようなトンネルを発見しました。彼らはそれらのトンネルに入り、トンネルのより深い層へ入っていきました。そして彼らはアガルタネットワークの人々と出くわしました。そして彼らが行ったことはニューヨークの地下鉄システムの下およそ数百フィートに彼らの主要司令部を置くことでした。彼らがそこで行ったことは再結成とアガルタネットワークとの結びつくこと、アトランティスの古いテクノロジーを発見したことでした。彼らはどうにかアンドロメダ人や他のポジティブな種族と接触をすることができました。彼らはそのテクノロジーで大きくなり、多くの人々が参加しましたが、当時存在していた地下のネガティブ勢力との激しい戦いに巻き込まれたので、彼らは増援を必要としていました。その増援は1999年に惑星Xからやってきました。

 

 

翻訳:Takanobu Kobayashi