働かなくてもいい社会を実現するには?

地球解放を目的とする組織「レジスタンスムーブメント」の公式ブログ「The Portal」の記事を翻訳しています。

惑星情勢の最新情報 2017/7/5

The Portal: Planetary Situation Update

 2017/7/5

 

光の勢力の現在の主な焦点はプラズマエンティティであるヤルダバオートの「頭」、プラズマトップレット爆弾、ブラックストーン、そしてこれらすべてに関連する初期異常の掃討をしているところです。これはとても慎重に扱うべき作戦で、それが完了するまでは、多くの情報を提供できないことがわかっています。

 

 この作戦の完了に向け、イベントへ続くであろう突然の思いがけないブレイクスルーがあるでしょう。
 
 キメラグループは銀河連合艦隊の侵犯についてますます不安になっていて、地球低軌道の防衛体制を強化しています。アメリカ陸軍第六師団創設の背後には彼らがいます。
 

http://news.antiwar.com/2017/06/29/house-votes-to-make-space-corps-the-sixth-branch-of-us-military/

(記事要約:空軍から分離したアメリカ陸軍第六師団を創設し、宇宙空間での戦闘担当とする。)

 

この極秘対応に多くの下院議員が不意打ちを食らっています。 

https://federalnewsradio.com/defense-news/2017/06/house-panel-votes-to-split-air-force-create-new-u-s-space-corps/

(記事要約: 新しく創設された米国陸軍第六師団の提案にそんな話は聞いていないという議員がほとんどだった)

http://www.foxnews.com/us/2017/06/23/space-warfare-america-could-soon-have-new-branch-military-protecting-outer-space.html

 (記事要約:アメリカ軍は宇宙を守るための陸軍の新たな師団を創設する)

 

また、空軍自体も地球低軌道における銀河連合とキメラが潜入している光の勢力に対する最後の防衛線である、空軍との間で想定される衝突に備えています。 

http://mysteriousuniverse.org/2017/06/the-us-air-force-is-preparing-for-war-in-space/

 (記事要約:米空軍は宇宙戦争の準備をしている)

 

 イベント前にその陸軍との軍事衝突はあり得ることで、もしそれが起こるなら、それは短時間で劇的な、範囲の限定されたものになり、キメラを完全に打ち負かし解消することになるでしょう。

 

一方で、光の勢力は完全開示を推し進めています。

最初の明るい兆しはこの新しく提言された「第十惑星」です。それは以前提言された「第九惑星」より本物の惑星Xにもっと近いです。

 

https://uanews.arizona.edu/story/ua-scientists-and-curious-case-warped-kuiper-belt

 (記事要約:冥王星をはるかに超えたところに、地球や火星の大きさの惑星がある)

https://www.space.com/37295-possible-planet-10.html

(記事要約:地球と火星の中間の大きさで、氷で覆われている惑星が太陽系の外側で周回している)

 

以下の図からわかるように、この新しく提言された惑星の軌道要素は本物の惑星X にかなり近いです。

 f:id:paradism:20170706085055j:plain 

プラネットX ~ PFC-JAPAN OFFICIAL

 

 

 NASA(決して率直に答えないという意味の略でもある)はアレックス・ジョーンズがロバート・デイビッド・スティールにインタビューしたとき、秘密宇宙プログラムの存在を否定することを強いられています。そのインタビューは主流メディアで取り上げられました。

http://exopolitics.org/slave-colony-on-mars-claim-goes-mainstream/

 

http://phibetaiota.net/2017/07/michael-salla-expolitics-including-mars-colony/

 

https://www.space.com/37366-mars-slave-colony-alex-jones.html

 

しかしイーロンマスクの火星移住計画は主流の支援を受けていて、どのみち人類は地球の隔離状態を突破し、宇宙へ向かうでしょう。

 

https://www.space.com/37200-read-elon-musk-spacex-mars-colony-plan.html

 (記事要約:イーロンマスクは火星に100万人が住む都市を作ろうと計画している)

 

一方惑星地表では、サンジェルマン伯爵の導きのニューアトランティスの一環として、惑星のエネルギーグリッド内にある力のある特定の物体や場所を活性化し始めています。

 

 活性化のプロセスにある一つ目の場所は小トリアノン宮殿の近くにある愛の殿堂です。

http://en.chateauversailles.fr/discover/estate/estate-trianon/english-gardens#the-love-monument

 

トリアノン宮殿の建物内にある動く鏡の間はサンジェルマン伯爵に伝授されたランバル公妃とマリーアントワネットによって1776年にアトランティスの女神の秘儀が定着した場所です。

 

フランス王妃は女神の秘儀を教わりました。ここに理解する準備ができている人向けの隠された証拠があります。

 

f:id:paradism:20170706085140j:plain

 

活性化された小トリアノン宮殿はロングアイランドの愛の殿堂を経由するレイラインを通じて強力な女神のエネルギーを送り、アメリカ東部のプラズマ異常ヴォルテクスを効果的にヒーリングしています。

 

新アトランティス・ライン(アントワイン)|海野いるか堂

 

f:id:paradism:20170706085245j:plain

 

活性化のプロセスにある他の力のある物は聖イシュトヴァーンの王冠です。

 

f:id:paradism:20170706085329j:plain

 

聖イシュトヴァーンの王冠 - Wikipedia

 

http://www.lmrkat.hu/szentkorona.html

 

この護符の力はシリウス星系からの強力なエネルギーを送信していて、ヨーロッパを破壊しようとしているカバール勢力と対峙しているヴィクトル・オルバーン(ハンガリー首相)の背後にいるポジティブなテンプル騎士団に力を与えています。

彼はソロスに反対しています。

http://dailycaller.com/2017/06/29/hungarian-pm-soros-threatens-the-peace-in-europe-with-his-mafia-network/

 (記事要約:ハンガリー首相ヴィクトール・オルバーンは、ヨーロッパの平和を脅かすマフィア・ネットワークを持つジョージ・ソロスを非難した。)

 

カレルギー計画の主要促進者である アンゲラ・メルケルによって開始されたヨーロッパ文明の破壊に彼は反対しています。

 

http://www.renegadetribune.com/angela-merkel-kalergi-plan-destruction-white-race/

 

https://sovereignwales.com/2016/09/20/the-genocidal-kalergi-plan-to-destroy-the-indigenous-nations-and-peoples-of-europe/

 

ポジティブなテンプル騎士団と以前のオーストリア=ハンガリー帝国からの白貴族の多くがヨーロッパのために立ち上がっています。

 

https://visegradpost.com/en/2017/06/23/the-central-european-defence-cooperation-commited-against-mass-migration/

 (記事要約:中央ヨーロッパの国が不法大量移民に対処するため独自警備計画が話し合われた。)

 

ここにヒントがあります。

http://www.rumormillnews.com/esterhazy_connection.htm

 

公表するように許可を得たときは、地政学的情勢に影響を与える他の力のある物や場所についての情報を公表していくでしょう。

 

Victory of the Light !

 

 

翻訳:Takanobu Kobayashi