働かなくてもいい社会を実現するには?

地球解放を目的とする組織「レジスタンスムーブメント」の公式ブログ「The Portal」の記事を翻訳しています。

ハリケーン瞑想報告(2017/9/14)

2012portal.blogspot.jp

2017年9月14日

ご承知かと思いますが、ハリケーン・イルマの解消は、特にフロリダを経由するその進路の最後の段階で、大きな成功を収めました。

http://washpost.bloomberg.com/Story?docId=1376-OVXBLBSYF01S01-6I9JF9A49MLG2OSHHU8VHTN83K
(記事概要:ハリケーン・イルマは熱帯性低気圧になる。)

f:id:paradism:20170914100056j:plain


イルマは風速130マイル(約200㎞)というカテゴリー3または4の強力な勢力を保って、タンパに押し寄せることになっていました。

f:id:paradism:20170914100139j:plain

ところが、嵐が最も近づいた瞬間にタンパの気象台で計測されたのは風速19マイル(約30㎞)でした。

f:id:paradism:20170914100306j:plain

今回楽に成功できた背景には、フロリダにはライトワーカーが数多くいることと、マイアミには2つのタキオンチェンバーがあること、フロリダキーズとマイアミとタンパには強力なチンターマニグリッドが設置されていたという要因があります。


f:id:paradism:20170914100341j:plain

光の勢力は、被害を最小限にするようにハリケーンの進路を舵取りをして、強力なチンターマニグリッドを使って、ハリケーンをマイアミとタンパからできるだけ遠ざけました。

https://www.washingtonpost.com/amphtml/news/capital-weather-gang/wp/2017/09/11/why-hurricane-irma-wasnt-far-worse-and-how-close-it-came-to-catastrophe/
(記事概要:なぜハリケーン・イルマは大災害の寸前であったのに、大きな被害が起きなかったのか。)

f:id:paradism:20170914100432g:plain


現在、台湾、日本、中国に台風が接近しています。


www.accuweather.com
(記事概要:暴風や洪水を引き起こす、台風ターロム《台風18号》が中国の東海岸をかすめ、日本に向かう。)

http://www.scmp.com/news/china/society/article/2110947/china-faces-double-danger-typhoons-talim-and-doksuri-threate
(記事概要:中国は海岸線を襲う恐れのある、台風ターロムと台風ドクソリという2つの危険な嵐に直面している。)

www.reuters.com
(記事概要:台湾は台風ターロムに、中国は2つの嵐に備えている。)


光の勢力は、この台風や将来の全ての強烈な天候不順を解消するための瞑想を組織するブログの開設を要請してきました。


台風18号解消瞑想 音声ガイドはこちらです。
youtu.be

機械音声はこちらです。
http://fairylane.art.coocan.jp/ongen/taifuu18gou.mp3



こういった強烈な天候不順は地球規模ではなく、地上の特定地域に限定されています。したがって、その解消のための瞑想に必要なクリティカルマスは5000人から1万人の間となるので、達成はさほど難しくない人数です。

私たちはハリケーン瞑想で、自由意思、協調行動、瞑想を使って、強烈な天候不順を解消できることを証明しました。

Victory of the Light!



翻訳:Takanobu Kobayashi