働かなくてもいい社会を  実現するには?

人間が仕事をしなくても社会がまわる現実的なしくみについて書いていきます。

状況報告短信 17/9/29

2012portal.blogspot.jp


2017年9月29日


ブラックストーンに伴う異常は解消されました。

残っているのは、プラズマトップレット爆弾を伴うヤルダバオト・プラズマ生命体の残部とそれに伴うプラズマ異常、そしてヤルダバオトのボディ内に今まで隠れていたいくつかのプラズマ寄生体が数体であり、ヤルダバオトがますます弱体化するにつれて、それらの生命体は活発になっています。これら生命体すべてにはプラズマトップレット爆弾とプラズマ異常が満載です。

f:id:paradism:20170929130255j:plain

ここで、プラズモイド(プラズマ塊)生命体について説明します。それらのうち二つはヤルダバオトと全く同じ方法で解消されるでしょう。

一つ目は寄生虫型生命体で、1996年から1999年の間にリゲル星系からコンゴ・ポータルを通じてテレポーテーションしてきました。この生命体は地上の住民から光を遮り、スピリチュアルな成長とアセンションの過程を抑圧する活動をしています。この生命体はその体内に現存している高度プラズマ・スカラー兵器の大半を有しており、高度なファジー論理コンピュータ・プログラムを使ってこの兵器に指示を出し、できる限りライトワーカーとライトウォーリアーを抑圧しています。この生命体の排除が光の勢力にとっても現在の最優先課題です。

記憶喚起のために、この生命体が地球にやってきたときの状況説明のリンクをこちらに貼ります。

prepareforchange-japan.blogspot.jp


二番目の生命体はパワーとしては落ちる寄生虫型生命体で、2004年から2007年の間に地球へテレポーテーションされました。この生命体は女神の存在と女神の神秘を抑圧する活動をしています。

それ以外にも、2001年から2017年にかけての太陽系のプラズマ浄化から逃れてきた数多くの小型プラズマ塊の寄生型生命体もいます。

f:id:paradism:20170929130324j:plain

その気のある方は、次の方法でプラズマ塊生命体とそれらに伴うトップレット爆弾の解消瞑想をしてください。

spearoflight.blogspot.com



もしくは以下のリンクに掲載されている各種瞑想に参加して、光の勢力を支援してください。

welovemassmeditation.blogspot.com

なお、超重要な瞑想については、このブログで直接お知らせします。



一方で、火星に存在する生命についてのたくさんのソフト開示が進行しています。

www.thesun.co.uk
(記事概要:科学者たちは火星にかつて生命が存在したかもしれないという重要な証拠を提示した。)

www.space.com
(記事概要:NASAの火星探査機キュリオシティがゲール・クレーターで新たに発見したホウ素は、赤い惑星が遠い昔にその地上で生命を支援できたかもしれないという新たな証拠かもしれない。)

www.space.com
(記事概要:火星の古代湖は生命を支援するのに充分快適だった。)


将来の月や火星での居住地についてはこちらです。

www.dailymail.co.uk
(人類はすぐに月の内部や火星の巨大地下トンネル内で生活する可能性がある。)

最後に、こちらを見て元気を出してください。

www.youtube.com

Victory of the Light!


翻訳:Takanobu Kobayashi