働かなくてもいい社会を実現するには?

働かなくてもいい社会を実現するには?

地球解放を目的とする組織「レジスタンスムーブメント」の公式ブログ「The Portal」の記事を翻訳しています。

ライトワーカーに調和をもたらす解決策


最近の精神的な活動の中心が外側の情報(カバールや闇の勢力、イベント、光の勢力)に向けられてきたため、多くの人々はこういう情報の実際の目的を見落とし、内なる活動の重要性を忘れてきています。外側の情報について学ぶ目的は、物語の中で自分たちが果たすべき能動的役割を見出すことで、傍観者や犠牲者または批評家にとどまることではありません。私たちはまだ、そしてこれからも常に現実を創造していくのです。

この惑星の闇の状態、つまり地球のエネルギーフィールドがマトリックスに占領されていることを学ぶにつれ、人々は地球における平均的な現実のネガティブな側面に気づき、さらに攻撃や干渉、個人的にネガティブな状況を経験している人もいるかもしれません。このネガティブな側面に反応して、ただ闇や他のものを非難するだけでそのままにしておくというのは、何の助けにもなりませんし、起きていることの完全かつ正確な描写ではありません。闇の勢力が地球を占領することを可能としているのは、アトンランティスの時代から招き入れ、認めてきたからです。そして今でさえそれが継続できているのは、地球人が今だに招き入れ、認めているからにすぎません。個人レベルでさえ、各人には自由意志があり、自分のエネルギーフィールドに基づいた各個人の現実を創造できます。そしてネガティブな状況が私たちの現実に入り込むことができるのは、個人的なエネルギーフィールドにあるネガティブな入り口を通してのみなのです。自由意志は基本法であり、現実の基盤であり、宇宙のどの存在にも侵害することはできないのです。

では多くのスターシードに非常によくある例を見てみましょう。スターシードはかつて解放された惑星で地球よりもはるかに健全な現実を経験してきているために、普通は、この現実は何か間違っているという内に秘めた感情を持っています。中には思い出し、意識的に気づいている人もいるかもしれません。それが目覚めに繋がり、違う何か、光の何かを創造するという願望を持つようになるのです。しかしまた、多くは地球にいることが受け入れ難く、それゆえ、何を創造したいのかを自由意志で決めることが不明瞭で安定しません。どこか別の場所に逃げ出したいと思うグループもいれば、地球に残って光を固定したいと思うグループもいるからです。マトリックスは内側の状態を映し出す厳しい鏡を創り出し、ネガティブな部分が増幅されることも多いのですが、それでも所詮は内側の状態を映す鏡に過ぎません。少なくとも今だけでも地球にいることを受け入れなければ(マトリックスを受け入れるという意味ではありません)、自分たちが今ここにいることを歓迎していないということであり、自分の現実に歓迎できない状態が入り込む道を開くことになります。このようにしてマトリックスという容赦ない鏡が働くのです。かつて闇や狂気に直面しているにも関わらず自分自身を晴明にできるほど献身的であった存在(マヤ族やホピ族など)は、アセンドしたか、アガルタや他の惑星へ移動しました。なぜなら、もはやこのマトリックスには引き寄せられ拘束されることができないからです。状況が私たちの人生に入り込むことができるのは、私たちのエネルギーフィールドにあるのと同じようなエネルギーを持つことで私たちの人生に磁石のように引き寄せられる時だけなのです。そのエネルギーは私たちの意思で創造したものであり、私たちの意思が思考や感情、エーテル、プラズマ、物質エネルギーとして人格に高密度化されたものなのです。

健全な現実では、内側に問題があれば、許しや情け、癒しや導きを受けることになります。これは全てアセンデッドビーイングが生み出したものです。しかしこれは、マトリックス内部でインプラントされ、プログラミングされた人類の状況では起こり得ません。自分でプログラミングを解き、内なるワークを行い、今ここに自分のI AM プレゼンスを固定した人だけがマトリックスの裂け目を具現化し、今ここに健全な現実を具現化することができるのです。

かつて私たちがプレアデスやその他の星系で光の現実を創造し、その現実に参加していた時、その光の現実はソースから具現化したものであり、I AM プレゼンスから具現化したものでした。ソースやI AM プレゼンスは今もちょうど同じように宇宙にあまねく存在しています。もしここに今存在していることを受け入れ、今ここで私たちの魂のプレゼンスを物質界にしっかりと固定すれば、ちょうど現在のこの地球にも故郷の光の現実を創造することができるのです。そして、自分自身の光の現実を創造することになるでしょう。魂の存在の内部には光の現実やニューアトランティスやゴールデンエイジ(黄金時代)の青写真があり、ありとあらゆるところに故郷の光の現実をもたらすというのが、スターシードとしての私たち本来の使命なのです。

f:id:paradism:20180506213010j:plain

私たちのエネルギーフィールドからネガティブな入り口を取り除くためには、人々と調和的な関わりを持てるようになる必要があります。なぜなら他者は私たち内部の状態を反映しているからで、
私たちはともに異なる才能、異なる魂のコードという全てのピースを組み合わせてパズルを完成させソウルファミリーのマンダラを創造するようになっているのです。そしてそのマンダラがエネルギー的な青写真となり、ニューアトランティスを引き起こすのです。


確実に従うのであれば、すべての問題を解消し、ともに調和した繋がりをもたらす単純な基本原理があります。それは、自由意志は法であり、どんなに小さな事柄についても決して軽視され得ないということ、そして批判は自由意志の最も単純な軽視であり、普通は批判が入口となって衝突や不調和が入り込むということを理解することです。私たちは批判することで他人に圧力をかけ、やり方を変えさせるようなことをするという任務や権限や必要性を決して与えられてはいません。批判というのは、たとえ言葉だけであったり、静かでエネルギー的なものだけであったにしろ、他者を力で変える権利があるという間違った考えに基づいています。自由意志を停止できるのは、自由意志が他者の自由意志を侵害するときや、他の生きとし生けるものに直接的な害を公然と与える場合に限られ、これが銀河法典の原則なのです。



つまり、例えば外を歩いている時に、誰かが他の生きとし生けるものを叩いているのを見つけたら、介入できるということです。
これは、意見や解釈、個人的見解、様々な憶測や個人的選択に関する間接的な要因に基づいて別のライトワーカーを攻撃したり批判できるという意味ではありません。人々が変化し、進化するのは、建設的で敬意ある誘いや提案による時に限ります。批判せず、自由意志を軽視しないことを常に固守していれば、調和的な方法でしか解決し得ないのです。批判する代わりに、質問し、個人的状況を説明し、敬意ある提案を行い(喜んで受け入れられる場合)、手本を示すことなどができます。


また、個人的な問題を抑え込まずに、関係する人々と、いかなる批判もせずに表現する努力をし、物事を変化させていく必要があります。私たちはお互いを映す鏡であるため、私たちの現実に創造するものに対してすべての責任を負い、自分自身や他者を許し、永遠な光である私たちのI AM プレゼンス、つまり私たちのハイヤーセルフである純粋な光と愛の具現化を確固として擁護することができます。私たちは光の入口、光の橋であり、自分のエネルギーフィールドを通して全てのポジティブな出来事やこの惑星の癒し、ファーストコンタクト、イベント、アセンション、ニューアトランティスという故郷の光の現実を、ちょうどここ地球の、あらゆる場所のいかなる状況にも磁石のように引き寄せることができるのです。

光の勝利

f:id:paradism:20180506213054j:plain



翻訳:エル