働かなくてもいい社会を実現するには?

働かなくてもいい社会を実現するには?

地球解放を目的とする光の勢力「レジスタンスムーブメント」の広報であるCOBRAのブログ「The Portal」と、地球解放を行っている光の勢力を支援するための集団瞑想を告知しているブログ「We Love Mass Meditation」の翻訳記事を掲載しています。

2019年1月21日に瞑想するチャンスをあなたが逃してはいけない理由


prepareforchange-japan.blogspot.com


というのは「時間が無い瞬間」なのです。「5次元以上の次元と直接繋がることができる瞬間」です。自由意志の決意の瞬間です。その瞬間には、量子的飛躍が可能になります。

f:id:paradism:20190117090155j:plain

つまり、普通は何千年とか何万年とかかかるはずのことが、量子である時空を超えた「時間が無い瞬間」である5次元では瞬間の変化が可能ということなのです。


具現化(マニフェステーション)で、家が欲しいときは数年のインボケーションが必要だという話がありました。

「私たちは3次元にいるので、具現化(マニフェステーション)するには時間がかかるかもしれません。家を具現化するには数年かかります。エネルギーを維持しないとすぐに、その流れが遮断され、何も起きません。家を具現化するために3年かかるならブレイクスルーまでそれを維持し、4年かかるならそれが起きるまで決して諦めないでください。転んだとしても、それが起こるまで行動し続けてください。」

http://prepareforchange-japan.blogspot.com/2018/05/notes-of-the-budapest-cobra-ascension-conference-april-2018.html?m=1#11

 

ところが普段の具現化なら数年を要することが、蝕の際にはインボケーションがその瞬間にできるということです。

そのため、長年願っていてもなかなか実現しなかったことが、蝕の際に行うインボケーションが強力に後押しされることで、叶いやすいと言われています。
同様に、例えば地球解放に数万年(実際に地球が隔離されたのは26000年前)かかるのではなくて、その瞬間にできる可能性があるということです。

 まずは、月蝕(月食)最大時1月21日14時11分の光の帰還瞑想で地球解放を強烈に後押ししてください!

その後は月蝕が終わるまで、自分の叶えたい夢の実現へ近づくために瞑想されてはどうでしょうか?

 

 

「空の星で起きていると思っていれば、その星でしか物事は起きません。もしそれを自分の手で起こしたいのなら、物理的な行動を取ってください。」

f:id:paradism:20190117090119j:plain

今回のインタビューではっきりと確認できた重要な内容は、なぜ瞑想をしないと事が起きないのかという点です。
プレアデスとかシリウスとか進んだ文明の星を通して地球解放につながるエネルギーを送るので、それに任せておけば、地球を何とかしてくれるはずだと考えがちです。
ところが、自由意志があるからだと思いますが、地上にいる地球人が瞑想してそのプレアデスなどのエネルギーを導管として降ろしてこないと、地球にそのエネルギーは来ないということです。
いくらプレアデス人が頑張っても、地球に地球解放のエネルギーを降ろすためには、地球人が瞑想してエネルギーの導管となり、エネルギーを地表に定着させないといけないのです。だから瞑想することが重要なのです。

 

f:id:paradism:20190120052533j:plain

 実際に、過去に実施された集団瞑想において、参加人数が臨界数144000人を上回った際には、参加者が瞑想で定着させたエネルギーのおかげで、闇の勢力の兵器が激減しています。

prepareforchange-japan.blogspot.com

活性化の瞬間、巨大なポジティブ・プラズマの波が太陽系を一掃し、地球の電離層をも通り抜けて、シューマン共振数を急上昇させました。この波によって、太陽系から殆どのネガティブ・プラズマが実質的に一掃されました。レジスタンスから、月の軌道の外側領域からプラズマ異常を検出できなくなったという連絡が来ました。それはつまり、ヤルダバオートの「触手」が完全に消失して、「頭部」だけが残ったことを意味します。」

 

prepareforchange-japan.blogspot.com

「残っているヤルダバオート・エンティティ(頭部)のプラズマ異常の半分以上が変容し、米国東海岸のプラズマ異常ヴォルテクスは事実上消滅しました。ブラックストーン(プラズマ異常の中心)もほぼ消滅しました。」

 

注:ヤルダバオートは初期異常があつまる地球を中心にして太陽系全体に広がっていたネガティブなプラズマ生命体です。その体内には超危険なプラズマ爆弾をたくさん含んでいます。2018年8月にヤルダバオートの頭部もほぼ完全に解体され、残存するすべてのトップレット爆弾を伴うプラズマ異常は、地表に向かって引力で引き寄せられています。

 

 

 

なぜ1月21日14時11分に瞑想すると地球解放が進むのか?

 

闇の勢力が所持するプラズマトップレット爆弾という地球ごと破壊してしまう爆弾のせいで、光の勢力(闇の勢力から地球を解放しようとしている)の地球解放がなかなか進まない膠着状態にあります。

この膠着状態を一気に打破する可能性を秘めているのが、今回の「光の帰還活性化瞑想」です!

 

まずはこの占星術チャートを見てください。

f:id:paradism:20190117085900j:plain

コブラによると、

「一つ目に、多くの惑星が極度の緊張の下で並べられ、それらが巨大なブレイクスルーによって解放される、グランドクロスの配置があります。まだ「どのようなブレイクスルーが、どのように起きるのか」は断定されていません。しかし、惑星の状況に突如として猛烈なエネルギーが押し寄せてくることは間違いありません。」

「さらに、銀河の中心とのアスペクトが見られます。プレアデスやシリウスとのアスペクトも多く見られます。とても多くの惑星や小惑星が、これら三つのスターゲートを活性化しています。それが意味するのは、光の帰還瞑想の間と月食の間、これら三つのスターゲートが非常に活発になるということです。」

チャート内のほぼ全ての惑星と小惑星が三つのスターゲートのいずれかとアスペクトを形成しているのです。信じがたいことです。単純に、非常に強力な配置だと分かります。しかもそれに加え、超強力なグランドクロスもあるのです。

 

f:id:paradism:20190117085940j:plain

 また、「シリウスとプレアデスのスターゲートは、惑星解放プロセスを支援するソースのエネルギーを様々な次元を通すことができる、2大主要エネルギー源なのです。」

銀河中心、プレアデス、シリウスこれら3つのスターゲートで活性化された地球解放のエネルギー地上にいる私たちのところまでやってくるということです。

ちなみに去年の自由への鍵瞑想では、スターゲートはオリオンだけでした。

今回はそれが3つも同時に活性化されます!こんなチャンスは二度とやってこないでしょう!

f:id:paradism:20190120054116j:plain



 その上、なんと今回はいつもの銀河セントラルサン(天の川銀河の中心)からではなく、それよりもはるかに強力な存在である宇宙のセントラルサン」から光の鼓動が送られてきます。今回の瞑想は地上とその宇宙セントラルサンをつなぐ初めての試みです!インタビュアーも「宇宙レベルの壮大な話であり、今までにない歴史を作る」と表現しています。

「これは単なる月食などではありません。宇宙の中でも大事な変化が起きる、中心点なのです。だから、この宇宙の転換期という特別な瞬間に、特別な目的を抱き、月食の間に惑星地表と宇宙セントラルサンを直接繋げて、私達の圧縮突破の次の段階を開始させようとしているのです。」

 今回の瞑想に参加する人は、宇宙セントラルサンからのエネルギーを地上に定着させる宇宙の歴史上初めてかつ唯一の存在となるでしょう。宇宙セントラルサンから光が送られてくるのは今回かぎりかもしれません。地上にやってくる、二度とない非常に強力な解放のエネルギーを感じるために、瞑想してみませんか?

 

それでも今回の瞑想に参加する気がない人は、こう自分に問いかけてみてください。

「この戦争にカバールが勝って美しい地球を破壊しても本当にいいんですか」

f:id:paradism:20190120053235p:plain

benjaminfulford.net

 

 

 

 

 

f:id:paradism:20190117090352j:plain

「大衆も、マスメディアを通していくつかの暴露があり得ます。舞台裏では準備が進んでおり、その時には開示が起きるかもしれません。」

この通り、着々と舞台裏では光の勢力が開示の順備をしてくれています。
私たちもそれに応えるために、光の帰還瞑想における参加人数の臨界数144000人以上で瞑想しましょう!当日までまだ時間あります!引き続き拡散よろしくお願いします!

 

光の帰還活性化瞑想についてはこちらです。

 

paradism.hatenablog.com

 

 

f:id:paradism:20190118133454j:plain