働かなくてもいい社会を実現するには?

COBRAアップデート 金融システムに関するアップデート(2019/12/18)

日本時間2020年1月12日15時11分開始
水瓶座の時代瞑想活性化瞑想日本語音声ガイド

www.youtube.com

わかりやすいビジュアルつきの音声ガイド(こちらで事前に瞑想するイメージの練習もできます。)

www.youtube.com

2012portal.blogspot.com

金融システムについては、舞台裏で様々なことが起きています。黒い貴族の内部で、今後の計画の方針についての意見が分かれています。

黒い貴族のある派閥の希望は、レポ市場を介して現在の金融システムを早期に崩壊させて、IMFを中心とする暗号金融システムに置き換えるというもの。その暗号金融システムとは、スマホ決済により人々の挙動を監視し、社会信用評価システムにより各人を評価するというものです。

JPモルガンドイツ銀行の両行は、来るべく金融危機で主要な役割をはたします。この派閥は、IMFとECBの政策も支持しており、クリスティーヌ・ラガルドが中心人物です。

https://en.wikipedia.org/wiki/Christine_Lagarde

9月16日には、ドイツ銀行JPモルガンが率いる世界ブロックチェーンネットワークに加盟しました。

https://www.financemagnates.com/fintech/payments/deutsche-bank-joins-blockchain-network-led-by-jpmorgan/

この派閥は現時点で、次の一手への準備は完了したと考えており、同日にレポ市場に大規模な異常を発生させました。JPモルガンがその異常を更に拡大させて、他銀行の流動性を低下させました。

https://seekingalpha.com/article/4303050-was-september-repo-spike-anomaly

9月から12月にかけて、この派閥は計画を実行していました。

https://www.jpmorgan.com/global/treasury-services/IIN

本システムの評価試験が、今月中国で開始されます。

https://cointelegraph.com/news/chinas-central-bank-to-lead-real-world-pilot-of-digital-yuan-report

https://www.scmp.com/business/banking-finance/article/3036543/chinas-digital-currency-tsar-says-e-payment-platforms-may

本計画は、レポ市場を介して現在の金融システムをクラッシュさせて、年内に新システムを導入しようとするものでした。

https://pro.paradigm-press.info/p/awn_sdrblockchainv2_0418/EAWNV509/Full

本計画は先週崩壊が始まりました。 別の黒い貴族による行動があったからです。

こちらの派閥は、現在の中央銀行の借金奴隷システムを支持しているので、システム崩壊を望まずFEDを支持しています。

この派閥は、次の記事を公表しました。

https://www.zerohedge.com/markets/its-about-get-very-bad-repo-market-legend-predicts-market-crash-days

この記事はレポ市場の状況を一般人に認識させることとなり、FEDは自らが介入しなければ金融システムは新年に崩壊すると気づきました。FEDによる反応は巨大かつ迅速でした。FEDはここ数週間で5000億ドルもの流動性を金融システムに注入する計画です。

https://www.zerohedge.com/markets/avoid-repo-crisis-fed-will-flood-market-gargantuan-365-billion-year-end-liquidity

これによって状況は落ち着きを見せました。強烈なクラッシュを目論んでいる黒い貴族の第一派閥は、いまや力を失いつつあります。

中国でのブロックチェーンの評価テストは、立ち消えになりつつあります。

https://www.ledgerinsights.com/china-central-bank-digital-currency-dc-ep-pilot-renminbi/

新年早々の世界的な金融崩壊はありませんが、FEDの介入がなければ史上最大の全面金融崩壊の寸前でした。

光の勢力は金融システムの強烈な崩壊を望みません。金融システムが徐々にバランスの取れた形でメルトダウンし、その間にポジティブな金融リセットにつながるような気づきが高まることを望んでいます。

そのため、多くの人が以下の瞑想をすることを要請しています。

paradism.hatenablog.com

みずがめ座の時代が現実に起動するまで、この瞑想を継続します。

1月13日から1月17日までの週では、金融市場で本格的な金融危機が生じて現在の金融システムがメルトダウンする可能性が非常に高くなります。

1月13日(月)9時30分(EST)のニューヨーク証券取引所の取引開始時には、太陽・土星冥王星・セレスの4つがぴったりとコンジャンクション(合)を形成し、土星が地球から見える太陽面の背後に位置します。

1月15日前後にドイツ銀行の崩壊を予測している人たちがいます。

note.com

金融アナリストのマーチン・アームストロングは、市場周期を研究した結果、1月18日・19日あたりの経済に対する信頼感(市場マインド)は最低点に達するとしています。

2つの独自の情報筋からの連絡によると、欧州はドイツ銀行の崩壊を許さず、以下と同様に最後の最後で救済することになります。

https://www.thisismoney.co.uk/money/news/article-2415003/ALISTAIR-DARLING-INTERVIEW-Britain-hours-away-total-social-collapse--Former-Chancellor-crisis-erupted-FIVE-years-ago-week.html

いずれにしても、現在の負債ベースの金融システムは長くは持ちません。欧州の各中央銀行は、すでに崩壊に備えています。

https://www.voimagold.com/insight/german-central-bank-gold-is-the-bedrock-of-stability-for-the-international-monetary-system

金融リセットにつながる来るべく危機がどのような形で生じるのかは未知です。しかし、以下のシナリオが考えられます。

https://www.armstrongeconomics.com/products_services/products/the-truth-behind-the-repo-crisis/

http://gnseconomics.com/wp-content/uploads/2012/03/Q-review-2_2016.pdf

数日後に、水瓶座の時代の立ち上げについてのアップデートを出す予定です。クリティカルマス到達を祈念して。

Victory of the Light!

 

翻訳:Terry