働かなくてもいい社会を実現するには?

米国での抗議活動が暴動になっている原因は人種差別ではない (2020/6/14)

米国での抗議活動が激しさを増しています。黒人男性が何度も息ができないと声を上げながら白人警察官により窒息死させられた非常に痛ましい事件です。全米で警察に対する怒りの声が上がるのは当然でしょう。長年にわたりたまった遺恨が急に爆発したような。

しかしそれにしては、この抗議活動がいささか暴力的、犯罪的なものになりすぎているとは思いませんか。怒りは警察に向かうべきなのに、全く関係ない商店街が次々と襲撃されています。略奪行為が後を絶ちません。過激派が店主を暴行ている動画もありました。過激な暴動を止めに入った黒人警官さえも襲われているという事態。もはや見境なく暴れているようにしか思えません。発端になった黒人男性の弟は「あなたたちの怒りはわかる、でも私の半分も怒っていないだろう。それでも私はここに暴れるために来たわけではない。私がものを壊したりコミュニティを滅茶苦茶にしたりしていないのに、あなたたちは何をやっているのか。兄はこんなことを望まない。」と人々に略奪をやめるように呼びかけました。

実は米国での抗議活動が暴動になっているのは人種差別が原因ではありません。当初平和的だったこれらの運動はいま破壊活動を繰り返す過激派によって乗っ取られています。この過激派はアンティファと呼ばれています。彼らは自然発生したのではなく、別の町からやってきています。ある勢力が彼らに資金提供していると言われています。

そのうちの1人はジョージ ソロスです。彼は表向き投資家、慈善家を名乗っていますが、実際には各国に対する数々の破壊的な抗議活動を長年にわたり画策しています。ウクライナでの戦争を引き起こそうとしたり、ビルゲイツやロックフェラーと共にコロナウイルスパンデミックを10年以上前から計画したりしています。大規模行動の裏には必ず彼が関わっているとみて間違いないでしょう。今回の騒動ももちろんそうでしょう。彼の目標は米国を破壊することです。

彼以外にもイエズス会マルタ騎士団コロンブス騎士団など多くの勢力が米国での緊張状態と暴力行為を発展させ二極化状態にして内戦状態にしようと、抗議活動に深く侵入しています。彼らはカバールまたは闇の勢力とよばれています。コロンブス騎士団は社会の分断工作を裏で操っています。イエズス会アメリカ市民を「左派」と「右派」に二分し、米国内での対立を人為的に画策しようとしています。この3つの組織は欧州の黒い貴族というネガティブで残忍な支配層によってコントロールされています。

ジョージ・フロイド死亡への抗議デモはすでに乗っ取られている|NOGI|note

左派にスパイを潜入させるエリック・プリンスについて|NOGI|note

戦争を引き起こそうと画策する者たち|働かなくてもいい社会|note

バチカンの死の部隊 コロンブス騎士団|NOGI|note

フィラデルフィアはイエズス会士に占拠されている|NOGI|note

これらの闇の勢力に対抗する力を持つのが光の勢力です。一部の代替メディアで取り上げられるようなネガティブなシナリオが起こらないのは舞台裏で光の勢力が事前にこれが起こらないように防いでいるからです。

その光の勢力から私たちに要請されているのが集団瞑想です。この瞑想は米国の状況を緩和し、光をもたらす目的で実施されます。光の勢力は日本時間15日午前0時10分から実施される世界平和瞑想にできるだけ多くの方が参加するように呼びかけています。この時間に、準惑星エリスと冥王星スクウェアという珍しい天体配置を形成し、この瞑想の効果をより強力なものに高めます。

f:id:paradism:20200614040634j:plain

瞑想なんかで現実の問題を解決できるのかと思われるかもしれません。瞑想とは単なるストレス解消や内なる知の探究のためのものであると。しかしいま現実にあるどんなものも元はと言えば誰かが頭で考えたりして始まったはずです。欲しいものを手に入れると決断して、そのような未来を想像して行動を起こし、やがてその結果を手に入れる。このような過程を具現化と言います。大人数で行う同時瞑想は新たな現実を形成できるほどの力を持ちます。このような同時瞑想は社会にポジティブな影響を与えることが科学的に証明されています。

集団瞑想は周辺の犯罪率、自殺率、死亡率を下げることが科学的に確認されています|NOGI|note

集団瞑想で凶悪犯罪件数を23%も減少できた!|NOGI|note

 

この具体例を示す強力な証拠がつい最近示されました。今年1月下旬に中国から始まったパンデミックは、世界中へと広がり、多くの国が感染拡大阻止の名のもとに国境を閉鎖しました。町は封鎖(ロックダウン)され、経済活動の多くは破壊されました。人々は見えないウイルス感染に脅え、先の見えないロックダウン生活に不安を感じていました。今年4月にこのコロナウイルスによる社会への悪影響を打ち消しポジティブな未来に舵をきる目的で集団瞑想が行われました。結果はどうだったか。なんと全世界で110万人ものひとが参加する大規模なものになりました。その結果コロナウイルスによる各国のロックダウンも次々に解消されていき、人々はこの危機から日常生活へと戻ろうとしています。

https://paradism.hatenablog.com/entry/2020/04/victory-report.html


ようやくコロナウイルスの悪影響がなくなり、いざ復興しようとしたところに過激派が襲撃してきて、地域の店やインフラを破壊し尽くす。その気持ちを想像してみてください。ゆるせないという気持ちになるかもしれません。コロナウイルスで経済が徹底的に破壊された後で、さらにこのようなネガティブな勢力が市民生活を破壊し、市民を分断し争わせようとします。この暴動が市民戦争になるまで大きくなってしまえば、その影響は米国を超えて世界中に影響するでしょう。

このネガティブな状況を断ち切り、米国に平和をもたらすために瞑想に参加していただけないでしょうか。この暴動の残虐性に気づいた人。抗議活動がネガティブな組織に乗っ取られていることは知っていても自分は何もできず無力だと思い込んでいる人。しかし皆さんは既にこれに気づいています。それだけでも素晴らしいことです。どうかこの瞑想で米国に光をもたらすためにお力を貸していただけないでしょうか。この平和瞑想についての情報を拡散していただくことも必要です。

注)以下の3つはプロモーション動画です。音声ガイドではありません。

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

瞑想といっても別に難しいものではありません。目をつぶって何かをイメージすることができるなら誰でも参加できます。大事なのは技術よりも世界を良くするために貢献しようという意欲です。別にどこかに一斉に集まる必要もありません。守っていただきたいのは「指定された開始時刻から瞑想すること」「指定された瞑想指示にそって瞑想すること」の2つだけです。さらに目をつぶった状態でも瞑想指示がわかるように音声によるガイドがあります。音声ガイドはこちらです。

www.youtube.com

瞑想指示はこちらです。15分間この瞑想を行うことが推奨されています。

音声ガイドに全ての指示が含まれています。

f:id:paradism:20200612190225p:plain

 

f:id:paradism:20200603102650p:plain

この世界平和瞑想についてはこちらをご覧ください。

WLMM エリスと冥王星のスクエアの世界平和瞑想 日本時間6月15日午前0時10分開始 - 働かなくてもいい社会を実現するには?

この世界平和瞑想を行う舞台裏の情勢把握はこちらの記事をご覧ください。

COBRA更新 平和瞑想 (2020/6/2) - 働かなくてもいい社会を実現するには?