働かなくてもいい社会を実現するには?

人類の未来が決まる日本時間12月22日午前1時開始の集団瞑想にご参加ください

22日午前1時開始の神聖な介入立ち上げ瞑想の音声ガイドはこちらです。

www.youtube.com

陰謀論だと言われてきたことが現実になってきています。

闇の勢力はその圧倒的な資金力で各国政府、金融、産業、メディア、軍隊など世界全体を支配してきました。彼らは私たちのお金を盗んできました。彼らは対立を煽って戦争を引き起こし、多くの人を殺害してきました。彼らが地球を支配していることで、毎日およそ2万人が飢えで亡くなっています。彼らは自分たちが開発したウイルスでパンデミックを引き起こして、多くの人を殺害し、またそれを利用して私たちから自由を奪っています。

現在世界中の国でワクチン接種の強制が実施されようとしています。ワクチン接種しなければ仕事できないように強制されています。ですが実際にワクチンを射つと、今度はそれにより病気になります。中には接種が原因で亡くなられた方がいます。政府は絶対にそれを認めません。これに反対するため、多数の抗議活動が行われています。それはそれでいいことですが、まずは抗議したくなるようなことを押し付けてくる者を排除するのが先ではないでしょうか。

また闇の勢力は人間を洗脳することにも非常に長けています。現在あなたの周りの人たちは何の疑いもなく、マスクをする日常生活を受け入れ、危険なワクチンを自ら望んで何度もうっています。マスメディアが恐怖を煽れば、3回目に限らず、何度でもうつでしょう。マスメディアを用いた洗脳が効いている良い例です。ワクチンをうてばコロナが終わると信じて。しかし現実はワクチンを打てば打つほど体調が悪化しコロナにかかりやすくなります。感染拡大している原因は明らかにワクチン接種です。

ワクチンをうてば病気もしくは死に至ります。しかし、そのワクチンを拒否すれば、今度は自由を剥奪され、罰金を科せられたり、逮捕されて収監されます。あなたは現在この無茶苦茶な2択を要求される狂気の世界に巻き込まれています。欧州やオーストラリア、ニュージーランドなどは現在進行形でそうなっています。

2020年1月に闇の勢力が開始したこのパンデミックは元々全世界で5000万人以上の死者が出るはずでした。電子通貨、社会信用度スコア、ワクチン強制を組み合わせ、反抗する者、ワクチンを接種しない者は生きていけないようにさせようとしていました。闇の勢力は地上の各国政府、金融、産業、メディア、軍隊、医療などあらゆるものを支配しているのに、彼らの計画は完全には実現していません。それはなぜでしょうか。

彼らの計画が実現していないのは、それに対抗する光の勢力がいるからです。光の勢力は地球外生命体といわれるプレアデス人やシリウス人、レジスタンスムーブメント、銀河連合、アシュターコマンドなど人類とよく似た人型の生命体です。

f:id:paradism:20210908225915j:plain

アシュター、プレアデス人

光の勢力は地球を解放し、平和と豊かさ、癒しをもたらし、自分達が住む領域(地球を除く宇宙全体)と同じように幸せな世界にしようと舞台裏で尽力してくれています。現在は宇宙の大部分が解放されているため、彼らは私たちがこの惑星で抱えているような激しい苦しみを経験していません。彼らは、地球の存在たちの苦しみを感じて、助けたいと願っています。そのため彼らにとって最大の関心は、私たちがこの地球で人質にされている状況を完全に解消することです。

ここ数年間、光の勢力は闇の勢力の掃討を急速に進めてきました。闇の勢力が支配する最後の惑星である地球を解放すると、以降この宇宙から全ての闇が消え去ります。この光の最終勝利の瞬間をイベントと言います。

https://prepareforchange-japan.blogspot.com/2013/12/blog-post.html

イベントには物質的側面と非物質的側面があります。物質的な部分では、まず金融システムのリセットがあります。闇の勢力が資金源にアクセスできないように、光の勢力は遠隔で金融システムをシャットダウンします。また、人工的に作られた全ての国家の借金が免除されます。

また闇の勢力の逮捕もあります。世界中にある法の執行機関は、人類に対する犯罪を犯した者たちを逮捕します。光の勢力はあらゆる件に関して、すべての証拠を握っています。何事も隠し立てさせません。アンソニー・ファウチやビル・ゲイツらはパンデミック発生に関わったことが暴露されており、人類に対する罪を償うことになるでしょう。また腐敗した市長、弁護士、政治家、銀行家、病院経営者、医師、ジャーナリスト、さらには「ライトワーカー」を装っていた者などのネガティブな目論みを推進していた約50万人のカバールの手先は、イベント時に逮捕されて懲役刑に処されることになります。

そして人類はついに闇の勢力の支配から解放されます。闇の勢力により隠されてきたフリーエネルギー、メドベッド、レプリケーターなど最先端技術が公開され、人類の生活水準は大きく向上します。さらに闇の勢力により奪われてきたお金が人類に返却されます。

非物質的側面は、検閲とメディア支配が取り除かれ、真の情報がマスメディアを通してもたらされます。これは非常に重要なことです。大衆はマスメディアに反応するからです。大衆が目覚め始める時、地球が大転換します。これは地球外生命体とのファーストコンタクトの条件を調えます。

ではなぜイベントがまだ起きていないのでしょうか。闇の勢力が地上の人類を人質にとって光の勢力の進行を阻止しているからです。光の勢力が地球情勢に介入するなら、闇の勢力は量子トップレット爆弾を起動すると脅迫しています。トップレット爆弾は核爆弾よりもはるかに強力なもので、周りの物質を取り込みながら拡大していき、最終的には地球どころか宇宙全体を呑み込み、それをサッカー場1つ分の大きさに圧縮してしまうほどの威力を持ちます。一度起動すれば、闇の勢力自身も消し飛ぶため、滅多のことでは使わないと思われますが、最後に気が狂って発動しないように、光の勢力は細心の注意を払って地球解放を継続しています。光の勢力は人質である人類に危害が及ばないように行動することを余儀なくされています。

宇宙では自由意志が尊重されます。地球で起こっている狂気を終わらせるためには、光の勢力の支援が必要です。彼らが地球情勢に積極的に介入するためには、私たち地球人の自由意志で「地球を闇の勢力から解放してほしい」「自分たちを助けてほしい」と明確なメッセージを表明することが必要です。助けを求めるのは当然の権利として、銀河の法的基盤である銀河法典でも認められています。「感覚をもつそれぞれの存在は、必要ならば銀河連合に頼る不可侵かつ無条件の権利を有する」その思いを表明するための最高の機会がやってきます。それが日本時間2021年12月22日午前1時より開始される神聖な介入立ち上げ瞑想です。

さて、今回の瞑想はなぜ特別なのでしょうか。今回いつもと大きく異なる点は瞑想に加えて惑星解放嘆願書への署名があります。この文書は、人類初の地球外に対する政治文書であり、その重要性と長期的な影響は、憲法や人権宣言などの文書に匹敵します。なぜいまこれを行うのか。それはこの数年間で、このプロセスを開始できるところまで地球の状況が進展したからです。この請願書は8年前に作成されたものですが、その時は2万人しか集まりませんでした。現時点で、すでにクリティカルマス144,000人に達しています。また瞑想とは異なり、この署名は物質的な証拠となります。瞑想は指定された日時のその瞬間にこそ効果を発揮しますが、この署名は一度できてしまえば、その効果は半永久的に持続します。

この請願書の署名がクリティカルマス144,000人に達したため、人類史上初めて、地上の人類がファーストコンタクトと介入を望む旨を物質界レベルで集団的意思表示することになり、私たち人類が接触開始を望んでいると銀河の勢力が判断します。彼らはこれを真剣に受け止め、銀河法典により応答することが求められます。銀河の評議会が開かれ、決定が下され、行動を起こします。銀河連合艦隊は地球低軌道および地表での活発な活動が認められ、闇の勢力に対して強い手段を講じることができるようになります。

署名はクリアしたので、次は本番瞑想を成功させましょう。すでに144,000人をはるかに超える署名が集まったため、日本時間12月22日午前1時開始の神聖な介入立ち上げ瞑想の瞬間にある地球外政治プロトコルが開始されることが決定しました。瞑想することで光の勢力の高次元のエネルギーを地上に定着させることができます。大人数が同時に瞑想すると、大衆の意識が変わります。科学的な研究では、大規模な瞑想や立ち上げが人間社会にポジティブな影響を与えることが確認されています。

https://note.com/nogi1111/n/n222f6d2d9939

https://note.com/nogi1111/n/n7b4f7ef63c99

ですから、この立ち上げに参加するあなたは、実際に地球解放過程を支援できます。あなたが行う必要があることは闇と戦うことではありません。瞑想して光を地上にもたらすことです。20分間音声ガイドにしたがい、後述の指定された内容をイメージするだけです。光をもたらせば、やるべきことは光がやってくれます。

地球規模で影響を与えるための人数が決まっていて、それは地球の人口の2倍の平方根で、約12万人です。ひとり1人が十分しっかりと瞑想できているわけではないため、象徴的な数字を用いて14万4000人としています。144000人以上が同じ目的をもって瞑想すれば、地球全体を変えることができます。瞑想は全員が時間を合わせて行うことが重要です。その時間以外に行っても参加人数にはカウントされません。この人数が同じ時間に瞑想すると、レーザーのような一貫した信号が発せられます。地球の意識フィールドにその信号があれば、地球での自由意志の流れを決定し、その方向に変化させます。自分たちを助けてほしいという極めて明確なメッセージを表明しましょう。私たちの信号がクリティカルマスに達すれば、そのメッセージは強力なものになり、真剣に受け止められます。これこそがこの瞑想で達成しようとしていることです。

また集団瞑想はただ光の勢力に支援を求めるだけではありません。彼らと私たちがチームを組んで共に地球を解放するためのものです。私たちは瞑想するという私たちの役割を果たし、彼らは彼らの役割を果たします。彼らだけでは成し得ないし、私たちだけでも成し得ません。地球解放は共にチームを組むことでしか成し得ません。そのために彼らと私たちの間に協力関係を築きます。それがイベントへの過程を支援し、最終的に闇を倒します。

また私たちは史上初めて人類全体で善良な銀河の生命体とのファーストコンタクトを開始しようとしています。ファーストコンタクトを経験したいと思っている人は、実現までのプロセスを加速させる手段がこれです。導かれたと感じた人は皆さん参加してください。そして、これに参加する人たちは歴史を作っていく人たちになります。将来、地球外生命体との接触がどのようにして実現されたのか歴史の教科書に書かれるのは私たちです。

私たちは集団瞑想のクリティカルマスを達成することで、光の勢力と協力して地球の危機を何度も救い、ポジティブな未来に進むように支援してきました。私たちの瞑想がなければ、もしかしたらこの地上はすでに破壊されていたかもしれません。瞑想のたびに変わることは、ポジティブなタイムラインに権限を付与し、多くのネガティブなことが起きないようにしていることです。私たちの瞑想は大いに役立っていて、多くのネガティブなシナリオや戦争を回避することができました。いま私たちが全体主義的な新世界秩序体制の中にいないのはまったくの奇跡です。これこそが私たちライトワーカーの持つ究極の力なのです。私たちが達成してきたことを振り返ってみましょう。

まずは2019年1月に行われた光の帰還活性化瞑想。2018年6月にガンマタイムラインに移行してから、イベントの実現は不可能な状況となっていました。ポールシフトが起きるまで大人しくしているしかなかったわけです。しかし、この光の帰還活性化瞑想に30万人が参加して大逆転し、イベント実現の可能性が再び出てきました。

2020年はほぼ毎月のように集団瞑想がありました。中でも1月、4月、6月、12月に行われた4つはとりわけ大きな成果を発揮しました。

2020年1月のみずがめ座の時代立ち上げ瞑想では、参加人数のクリティカルマスをなんとか達成してプラズマトップレット爆弾が最後の層を除いて排除されました。多くの闇のシナリオ、例えばイランとの戦争などの計画が阻止されました。他にも闇の勢力による大きな軍事紛争計画は阻止され、株式市場の劇的な崩壊も防がれました。闇の勢力が崩壊を通じてデジタル通貨を導入しようとしていましたが、それも防がれました。2020年初めには5Gネットワークを世界中に施行しようとしていました。ですが、どの計画も世界レベルで起きることはありませんでした。

4月のアセンションタイムライン瞑想には史上最多となる110万人が瞑想に参加し、コロナウイルスの感染拡散速度を大幅に後退させ、また闇の勢力の世界征服計画をだいぶ遅らせました。

https://paradism.hatenablog.com/entry/2020/06/age-of-aquarius-activation-interview-with-cobra-by-the-sisterhood-of-the-rose.html

6月の水瓶座の時代立ち上げ第二弾瞑想では25万人が参加し、ついに全てのプラズマトップレット爆弾を排除できました。この結果、ミョルニル作戦が再起動され、月周回軌道にいたドラコやキメラ艦隊の掃討が開始されました。

12月の水瓶座時代最終立ち上げ瞑想では40万人が参加し、キメラ地下基地の掃討が進みました。

光の勝利はもう決まっているので、別にやらなくてもいいのではと考えている方へ。先ほど申し上げたように、人数が大事で、クリティカルマスをギリギリ達成するのと、100万人が参加するのでは全く効果が違います。良い例は、2020年1月の集団瞑想です。クリティカルマスになんとか達しましたが、このときの人数がギリギリだったため、闇の勢力のパンデミック開始を防ぐことができませんでした。この1月の瞑想にもっと多くの人数が参加していれば、パンデミックが起きる可能性すらありませんでした。ですから、人数が多いほど良いのです。

このように集団瞑想の参加人数がクリティカルマスに達すると、光の勢力は地球情勢に思い切った介入ができ、地球解放過程が大きく前進します。私たちは地球解放を実現させるため、この惑星地球に、そしてこの時代に転生してきました。最終的な解放に向けて力を結集して大きく飛躍する絶好の機会です。ぜひあなたも神聖な介入立ち上げ瞑想に参加して、共に地球を解放しましょう。光の勝利!

 

日本時間12月22日水曜日午前1時開始の神聖な介入立ち上げ瞑想の日本語音声ガイドはこちらです。

www.youtube.com

ビジュアルつき音声ガイドはこちらです。視覚化の参考にするとよいです。

www.youtube.com

MP3ダウンロードリンクはこちらです。事前にダウンロードしておくとよいです。オフラインで再生できます。Youtubeは突然広告が表示されて、瞑想が邪魔される可能性があります。

https://bit.ly/3s5MKhR

瞑想指示はこちらです。(瞑想の時間は20分が目安です。)

1. 自分なりのやり方でリラックスした意識状態になります。

2. この瞑想を、善良な銀河の生命体とのファーストコンタクトと、神聖な介入に向けての過程を共同創造する手段として使用する意図を表明してください。

3. バイオレットフレイムをソースから呼び出し、瞑想中と瞑想後にあなたの周りに保護の柱を設定します。

光に役立たないもの全てを変容してくれるように頼みます。

4. 宇宙のセントラルサンから白く輝く光の柱が発せられ、この宇宙のすべての銀河のセントラルサンに分配されていく様子を視覚化します。

次に、この光が銀河のセントラルサンを通った後に、私たちの銀河を通って、太陽系に入り、太陽系内のすべての光の生命体を通って、地上のすべての生命体と地下のすべての生命体を通って、さらに自分の体を通って地球の中心まで届く様子を視覚化します。

5. ファーストコンタクトと神聖な介入の自分の意志と決断を表明するにあたり、その両方を3回唱えることで宣言します。

私は善良な銀河の生命体との物理的なファーストコンタクトが今すぐに実行されるように宣言し命令します! 

今こそ神聖な介入を命令します!

私は善良な銀河の生命体との物理的なファーストコンタクトが今すぐに実行されるように宣言し命令します! 

今こそ神聖な介入を命令します!

私は善良な銀河の生命体との物理的なファーストコンタクトが今すぐに実行されるように宣言し命令します! 

今こそ神聖な介入を命令します!

6. 善良な銀河の生命体がこの宣言に反応し、あなたや同じ宣言をした他のすべての人に物理的に接触する様子を視覚化します。

ソースが地球の状況に直接介入し、人類に強力な癒しによる変容を誘発する様子を視覚化します。

この光が地球に残るすべての闇を変容する様子を視覚化します。

この光がすべての不平等を癒す様子を視覚化します。

この光がすべての貧困を消し去り、すべての人類に豊かさをもたらす様子を視覚化します。

水瓶座の時代の新たな壮大な宇宙周期が始まり、地球上のすべての生命体に純粋な光と愛と幸福をもたらす様子を視覚化します。

Victory of the Light! 光の勝利!

神聖な介入立ち上げに関する最新情報はこちらのブログで提供します。

http://2012portal.blogspot.com

f:id:paradism:20211218200530p:plain