働かなくてもいい社会を実現するには?

COBRA関連記事 米水陸両用攻撃艦がロシアからのクリミア奪還に挑戦?

https://halturnerradioshow.com/index.php/en/news-page/news-nation/us-amphibious-assault-ships-to-try-crimea-take-back-from-russia

米水陸両用攻撃艦がロシアからのクリミア奪還に挑戦?

f:id:paradism:20220120080541j:plain

火曜日、米国は22隻の艦船と4隻の原子力攻撃艦などを出撃させ、水陸両用攻撃艦の派遣が注目されているが、誰が水陸両用攻撃されるのだろうか? 一つ思った。クリミア、ロシアから強制的に奪われる?

クリミアを奪い、ウクライナに「返す」ことの大きな問題は、黒海が軍事的に大きな湖に相当し、ロシアのミサイルはその大きな湖にいるあらゆる船舶を追跡し、沈めることができるということです。

では、ロシアのミサイルに自国の船をすべて沈められずにクリミアを取り戻すにはどうすればいいのか。

さて、昨日アメリカが配備した他の艦船(記事はこちら)がそのヒントを与えてくれる。米国は非常に多くの誘導ミサイル駆逐艦を配備しました。

クリミア攻撃のためにアメリカの駆逐艦黒海に投入すれば、その船は沈められ、乗組員は虐殺されるだろう。その代わりに、エーゲ海マルマラ海に全ての艦船を派遣したらどうだろう。  これらの艦船に搭載された巡航ミサイルはクリミアの射程内にあるが、ロシアの対艦ミサイルはロシアの陸上発射台からターゲットロックを得ることはできないだろう。

アメリカの巡航ミサイルの射程は、少なくとも620マイル。 過去の軍事行動から、弾頭の重さによっては800マイル近くまで飛ぶことが分かっている。

黒海の外側にあるマルマラ海はクリミアから456マイルしか離れておらず、アメリカの巡航ミサイルの射程内である。

f:id:paradism:20220120080749p:plain

マルマラ海はかなり広く、4,000平方マイル強あるため、駆逐艦がミサイル発射のために活動するスペースは十分にあるはずだ。

ロシアによる報復攻撃は、おそらく航空機かロシア海軍の艦艇から行わなければならないだろうが、米国の艦艇はそうした攻撃に対する十分な防御を備えている。

もう一つの可能性は、それほどではないが、はるかに大きなエーゲ海である。  クリミアから約643マイルの距離にあり、弾頭は小さいかもしれないが、米国の巡航ミサイルの射程内でもある。

f:id:paradism:20220120080827p:plain

ここでも、ロシアによる報復攻撃は、おそらく航空機かロシア海軍の艦船によるものでなければならないだろう。 

ウクライナはクリミアの北端にかなり大規模な陸軍を配備している。 軍隊、戦車、大砲、ロケットランチャーなど、1年以上そこにいるのだ。

アメリカがマルマラ海エーゲ海駆逐艦からミサイル攻撃を行い、ウクライナ側がクリミア北側から地上攻撃を行えば、少なくとも理論的にはロシアからクリミアを奪取することができる。

もちろん、2014年にクリミア市民の投票によってロシアに再吸収されて以来、ロシアはクリミアの軍事防衛を強化している。

アメリカもEUウクライナも、その住民投票を認めてはいないが、それでも行われたのだ。

クリミアへの侵攻が視野に入った場合、ロシアはクリミアにいる部隊に迅速に再供給しなければならない。 ロシアとクリミアを結ぶケルチ海峡大橋は多用されるため、ロシア軍への再供給を防ぐために破壊目標にする必要がある。

f:id:paradism:20220120080909j:plain

下のスケーラブルな衛星画像は、この壮大な橋の素晴らしい眺めを提供してくれる。

昨日(火曜日)、アメリカが22隻の軍艦と4隻の原子力潜水艦を出撃させた原因が何であったかは、まだわからない。 しかし、ロシア、ウクライナNATOをめぐる緊張が沸点に達しており、大きな紛争が勃発しそうな気配があるのは確かである。

ロシアは、もしアメリカやNATOがロシアとウクライナの紛争に巻き込まれたら、すべての参加国がロシアの正当な攻撃対象になると明言している。そして彼らは、ここアメリカを含むすべてのNATO加盟国に届くミサイルを持っているのだ。

おそらくそれが、火曜日にアメリカが多くの船舶を海に出した理由だろう。 戦争が始まることを知っていて、戦いが始まったときに港で船をカモにされたくないのだろうか?