働かなくてもいい社会を実現するには?

ペンタゴンの生物兵器

http://dilyana.bg/the-pentagon-bio-weapons/

http://dilyana.bg/wp-content/uploads/2018/04/10.jpg

米軍は、国連の生物兵器禁止条約に直接違反し、致死性のウイルス、バクテリア、毒素を定期的に生産している。何十万人もの人々が何も知らず、危険な病原体やその他の不治の病に組織的にさらされているのです。 バイオ戦争科学者は外交的な隠れ蓑を使って、世界25カ国にあるペンタゴンのバイオ研究所で人工ウイルスの実験を行っている。これらの米国のバイオ研究所は、21億ドルの軍事プログラムである協同生物学的関与プログラム(CBEP)の下で国防脅威削減局(DTRA)から資金提供を受けており、グルジアウクライナなどの旧ソ連諸国、中東、東南アジア、アフリカに所在している。

http://dilyana.bg/wp-content/uploads/2018/04/1.png

実験場としてのジョージア

ルガーセンターは、ジョージアにある国防総省のバイオ研究所である。首都トビリシの米軍バジアニ空軍基地からわずか17キロのところにある。この軍事プログラムを担当するのは、米国陸軍医療研究ユニット・ジョージア(USAMRU-G)の生物学者と民間業者である。バイオセーフティ・レベル3の研究所には、セキュリティ・クリアランスを持つ米国人しか入れない。彼らは、2002年の米国・ジョージア防衛協力協定により、外交特権を与えられている。

f:id:paradism:20220303210111p:plain

ジョージア共和国 ルガー・センター

f:id:paradism:20220305101238p:plain

バジアニ空軍基地に米軍が配備されていて、
ルガー・センター(ペンタゴンのバイオ研究所)から17kmの距離にあります。

http://dilyana.bg/wp-content/uploads/2018/04/4.png

http://dilyana.bg/wp-content/uploads/2018/04/5.png

米国・ジョージア協定は、ジョージアペンタゴンプログラムに従事する米軍および民間人(外交官車両を含む)に外交特権を与えるものである。

米国連邦政府の契約登録から得られた情報は、ルガー・センターにおける軍事活動の一部を明らかにした。その中には、生物兵器炭疽病、野兎病)やウイルス性疾患(クリミア・コンゴ出血熱など)の研究、将来の実験のための生物サンプルの収集が含まれている。

国防総省の請負業者が外交上の隠れ蓑として生物製剤を製造

国防脅威削減局(DTRA)は、軍事計画の下での作業の多くを、議会への説明責任を負わず、より自由に活動でき、法の支配を回避して動ける民間企業に委託しています。 ルガー・センターで業務を行う米国の文民も、外交官ではないものの、外交特権を与えられている。したがって、民間企業は、ホスト国(この場合はジョージア共和国)の直接的な支配下に置かれることなく、外交特権のもとに、米国政府のために仕事をすることができるのである。このやり方は、CIAが諜報員の隠れ蓑にするためによく使われる。トビリシにある米国のバイオ研究所では、CH2Mヒル、バテル、メタビオタの3つの民間米国企業が働いている。国防総省に加え、これらの民間業者はCIAや他の様々な政府機関のために研究を行っている。

http://dilyana.bg/wp-content/uploads/2018/04/Graph-1.png

CH2Mヒルは、ジョージアウガンダタンザニアイラクアフガニスタン、東南アジアのバイオ研究所のために、ペンタゴンのプログラムの下で3億4150万ドルのDTRA契約を獲得しています。このうちジョージアの契約では、半分の1億6110万ドルがルガー・センターに割り当てられている。CH2Mヒルによれば、米国企業は生物製剤を確保し、ルガー・センターに元生物戦科学者を雇用している。この科学者たちは、ジョージアの軍事計画に関与しているもう一つのアメリカ企業、バテル・メモリアル研究所で働いている人たちです。

ルガー・センターの5900万ドルの下請け業者としてのバテル社は、すでに米軍との過去11回の契約(1952年から1966年)で米国のバイオ兵器プログラムに取り組んでおり、バイオ薬剤の研究に関して豊富な経験を持っている。

http://dilyana.bg/wp-content/uploads/2018/04/7.png

出典 米国陸軍の活動、生物戦計画、第2巻、1977年、82頁

この民間企業は、アフガニスタン、アルメニア、ジョージア、ウガンダ、タンザニア、イラク、アフガニスタン、ベトナム国防総省DTRAバイオ研究所のために業務を遂行しています。バテル社は、米国政府機関のために、毒性の高い化学物質や病原性の高い生物製剤を使った研究、開発、試験、評価を幅広く行っています。総計約20億ドルの連邦政府契約を獲得しており、米国政府契約企業トップ100のうち23位にランクインしています。

CIA-バテル・プロジェクト・クリア・ビジョン

プロジェクト・クリア・ビジョン(1997年と2000年)は、CIAとバテル記念研究所が共同で行った調査で、CIAが発注した契約に基づき、ソ連時代の炭疽菌爆弾の散布特性をテストするために再構築し実験したものである。このプロジェクトの目的は、生物兵器の拡散特性を評価することであった。このCIAとバテルの秘密作戦は国連に提出されたアメリカの生物兵器禁止条約の宣言文からは省かれている。

極秘実験

バテル社は過去10年間、米国国土安全保障省(DHS)との契約により、メリーランド州フォートデトリックでトップシークレットのバイオ研究所(生体防御解析対策センター National Biodefense Analysis and Countermeasures Center - NBACC)を運営してきた。同社は、DHSから3億4440万ドルの連邦契約(2006年~2016年)と、さらに1730万ドルの契約(2015年~2026年)を獲得しています。

http://dilyana.bg/wp-content/uploads/2018/04/9-1.jpg

NBACCは米国の最高機密施設に分類されています。写真提供:DHS

バテルがNBACCで行った秘密の実験には、次のようなものがあります。粉体散布技術の評価エアロゾル化した毒素がもたらす危険性の評価、霊長類におけるエアロゾル粒子の機能としてのメリオイドーシス(メリオダス)の毒性評価などです。メリオダイズ症は生物兵器として開発される可能性があるため、カテゴリーBのバイオテロリズム剤に分類される。 メリオイドーシスは、過去に米国で生物兵器の候補として研究されていた。

ジョージアのルガー・センターでの軍事実験のほか、バテル社はすでに米国フォートデトリックにあるバイオセーフティレベル4のNBACC極秘研究所でバイオテロ用薬剤を製造している。NBACCのプレゼンテーションでは、この研究所での16の研究優先事項が挙げられている。その中には、BTA(生物学的脅威物質)の可能性について古典的、新興および遺伝子操作された病原体の特徴を明らかにすること、潜在的BTAから病気を誘発する非伝統的、新規および非伝染性の性質を評価すること、ヒト以外の霊長類のエアゾールチャレンジ試験能力を拡張することが含まれています。

http://dilyana.bg/wp-content/uploads/2018/04/11.jpg

NBACCのラボで病原体を操作する科学者たち。写真提供:NBACC

米国企業メタビオタ社は、国防総省のDTRAプログラムにより、ジョージアウクライナで、科学技術コンサルティングサービスに関して、1840万ドルの連邦政府契約を獲得しました。メタビオタ社のサービスには、グローバルなフィールドベースの生物学的脅威の研究、病原体の発見、アウトブレイクへの対応、臨床試験などが含まれます。メタビオタ社は、西アフリカのエボラ出血熱危機以前および危機の最中に、国防総省からDTRAの業務を請け負っており、エボラ出血熱発生の震源地の一つであるシエラレオネでの業務で310万ドル(2012~2015年)を獲得しています。

http://dilyana.bg/wp-content/uploads/2018/04/12.png

タビオタ社は、米国のバイオ研究所が3つあるエボラ出血熱震源地で、国防総省のプロジェクトに携わりました。

http://dilyana.bg/wp-content/uploads/2018/04/13-1.jpg

2014年7月17日、ウイルス性出血熱コンソーシアムが起草した報告書は、メタビオタ社が検査結果の報告方法に関する既存の協定を守らず、そこで働くシエラレオネ人の科学者を迂回させていると非難しています。また、この報告書は、メタビオタ社が研究所で血液細胞を培養していた可能性を指摘し、これは危険なことであり、健康な患者を誤診していたとも述べている。これらの疑惑はすべてメタビオタ社によって否定された。

http://dilyana.bg/wp-content/uploads/2018/04/13-1-1.jpg

2011,The Lugar Center, Andrew C. Weber(写真右)-米国国防次官補(2009-2014)、米国国防総省エボラ対応副調整官(2014-2015)、現在はメタビオタ(米国委託先)社員。

刺す昆虫の軍事実験

昆虫戦とは、昆虫を利用して病気を伝染させる生物戦の一種である。国防総省ジョージアとロシアでこのような昆虫学的実験を行ったとされています。2014年、ルガー・センターは昆虫施設を備え、「ジョージアコーカサスにおけるサシチョウバエのバーコーディングに関する認識を高める」プロジェクトを開始しました。このプロジェクトは、ジョージア-コーカサス以外のより大きな地理的領域をカバーしました。2014年から2015年にかけて、別のプロジェクト「急性熱性疾患に関する監視作業」の下でフレボトミン・サシチョウバエ種を収集し、すべての(メスの)サシチョウバエを検査して感染率を測定しました。第3のプロジェクトでは、サシチョウバエの採集も行い、その唾液腺の特徴を調査した。

f:id:paradism:20220302194249p:plain

トビリシのバスルームにいた刺すハエ(写真1)、ジョージアのハエ(写真2、3)

その結果、トビリシには2015年以降、刺すハエがはびこるようになりました。これらの刺咬昆虫は、一年中、屋内、バスルームに生息しており、以前はジョージアにおけるこれらの種の典型的な行動ではありませんでした(通常、ジョージアにおけるフレボトミバエのシーズンは6月から9月までと例外的に短い)。地元の人々は、浴室で裸のまま、これらの新しく現れたハエに刺されたことを訴えています。また、彼らは寒さに強い抵抗力を持っており、山の中で氷点下の温度でも生き残ることができます。

ロシア・ダゲスタン共和国の刺すハエ

 2014年のペンタゴンプロジェクト開始以降、隣国のダゲスタン(ロシア)でもジョージアと同様のハエが出現しています。現地の人によると、噛まれて発疹ができるそうです。繁殖地は家の排水溝。

http://dilyana.bg/wp-content/uploads/2018/04/18.png

f:id:paradism:20220302194459p:plain

ジョージアのハエ(左)。ダゲスタンの同種のハエ(写真右)

ハエは唾液の中に危険な寄生虫を持っており、それを人に刺すことで感染させる。このハエが媒介する病気は、米国防総省が高い関心を寄せている。2003年、アメリカのイラク侵攻の際、アメリカ兵はサシチョウバエにひどく刺され、リーシュモニア症に感染した。この病気はイラクアフガニスタンに自生しており、急性型のリーシュモニア症を放置すると命にかかわる。

1967年の米軍の報告書「アジアと欧州ソ連における医療上重要な節足動物」には、現地のすべての昆虫とその分布、媒介する病気が記載されている。排水溝などに生息するカミキリムシもその中に含まれている。しかし、彼らの自然生息地はフィリピンであり、ジョージアでもロシアでもない。

http://dilyana.bg/wp-content/uploads/2018/04/21.png

出典 「アジアと欧州ソ連における医療上重要な節足動物」、米軍報告書、1967年

オペレーション・ホワイトコート 感染したハエが人間を刺すかテスト

http://dilyana.bg/wp-content/uploads/2018/04/22.jpg

サシチョウバエ

1970年と1972年には、機密指定を解除された米陸軍の報告書 - 米国陸軍の活動、生物兵器計画, 1977, vol. II, p. 203 によると、サシチョウバエ熱のテストが人間に対して行われた。ホワイトコート作戦の間、ボランティアは感染したサシチョウバエに刺されることになった。ホワイトコート作戦は、1954年から1973年にかけてメリーランド州フォート・デトリックで米陸軍が実施した生物防御医学研究プログラムである。

米国の生物兵器計画は公式に終了したが、1982年、米国陸軍が生物兵器としての可能性を研究していたリフトバレー・ウイルス、デング熱、チクングニヤ、東部馬脳炎のウイルスがサシチョウバエや蚊の媒介となりうるかどうかの実験が行われ、その結果、サシチョウバエや蚊は生物兵器としての可能性を持っていることが判明した。

殺人昆虫

http://dilyana.bg/wp-content/uploads/2018/04/23.jpg

ネッタイシマカ

ペンタゴンは昆虫を病気の媒介として利用することに長い歴史を持っている。1981年に一部機密解除された米陸軍の報告書によると、アメリカの生物兵器科学者は昆虫を使った実験を数多く行っていた。これらの作戦は、米国の生物兵器計画のもとで行われた米国昆虫戦の一部であった。

ペンタゴン 死者一人当たりわずか0.29ドルのコストで62万5千人を殺す方法

1981年の米軍の報告書では、黄熱病に感染したネッタイシマカによる都市への16回同時攻撃と野兎病エアロゾル攻撃の2つのシナリオを比較し、コストと犠牲者数でその効果を評価しています。

http://dilyana.bg/wp-content/uploads/2018/04/25.png

ビッグイッチ作戦

生物兵器における病気の媒介として使用するための、熱帯ネズミノミの生息域パターンと生存率を決定するためのフィールドテストが行われました。

ビッグバズ作戦

100万匹のアエグチ蚊を製造し、その1/3を弾薬に入れて航空機から投下、または地上で散布した。蚊は空中投下でも生き残り、盛んに人間の血を求めた。

http://dilyana.bg/wp-content/uploads/2018/04/28.png

出典 米国および欧州 NATO 諸国に対する潜在的危険としての昆虫戦の評価、米陸軍、1981 年 3 月 報告書

メーデー作戦:

 アメリカ陸軍の作戦コードネーム「メーデー」において、ジョージアでイエネコが地上からの方法で散布されました。

http://dilyana.bg/wp-content/uploads/2018/04/30.png

1981年の米軍報告書のうち、「ネッタイシマカの大量生産」などの部分は機密指定が解除されておらず、このプロジェクトがまだ進行中であることを意味する可能性がある。

ネッタイシマカは黄熱病の蚊として知られ、米軍の作戦に広く使用されてきた。同種の蚊は、デング熱、チクングニア、新生児に遺伝的奇形を引き起こすジカウイルスの媒介とされている。

ベルウェザー作戦  

アメリカ陸軍化学研究開発司令部生物兵器部門は、1960年にユタ州ダグウェイ試験場で行われた数々の野外試験で、屋外の蚊の刺胞活動を研究した。飢餓状態にある処女雌のネッタイシマカを屋外に出た部隊に投与する実験が行われた。

f:id:paradism:20220302195528p:plain

参考 屋外における蚊の刺咬活動の研究、プロジェクト・ベルウェザーI、1960年、技術報告書、米陸軍、ダグウェイ試験場

ジョージアにおける熱帯性蚊とダニを用いた軍事実験

このような種類の蚊やノミ(過去に米国昆虫学戦争プログラムの下で研究された)もジョージアで採取され、ルガー・センターでテストされたことがある。

2014年のDTRAプロジェクト「ジョージアにおけるウイルスとその他のアルボウイルス」のもと、これまで見たことのない熱帯性の蚊ヒトスジシマカ初めて検出され、数十年(60年)ぶりにジョージア西部でネッタイシマカの存在が確認されたのです。

http://dilyana.bg/wp-content/uploads/2018/04/33.jpg

ヒトスジシマカは、黄熱病ウイルス、デング熱、チクングニヤ、ジカ熱など多くのウイルス性病原体の媒介となる。
欧州疾病予防管理センターのデータによると、これらの熱帯性蚊ヒトスジシマカジョージアではこれまで一度も確認されていませんが、近隣のロシア(クラスノダール)およびトルコでも検出されています。ジョージアでの感染拡大は、世界でも珍しいことです。

http://dilyana.bg/wp-content/uploads/2018/04/34.png

ネッタイシマカは、ジョージア、ロシア南部、トルコ北部にのみ分布しています。ルガー・センターのペンタゴンプログラム開始後の2014年に初めて検出されました。

http://dilyana.bg/wp-content/uploads/2018/04/35.png

DTRAの別のプロジェクト「ジョージアにおける野兎病菌の疫学と生態」(2013-2016)では、6,148匹の地上ダニを採集し、5,871匹は牛から採集、1,310匹のノミと731匹のダニが捕獲されました。2016年にはさらに21 590匹のマダニを採取し、ルガー・センターで調査した。

ジョージアでの炭疽菌の発生とNATOの人体実験

2007年、ジョージアは家畜の炭疽病予防接種を毎年義務化する政策を終了した。その結果、本病の罹患率は2013年にピークに達した。同年、NATOジョージアのルガー・センターでヒト用の炭疽病ワクチンの試験を開始した

f:id:paradism:20220302201320p:plain

2007年、炭疽菌の発生にもかかわらず、ジョージア政府は7年間の強制接種を打ち切った。2013年、NATOジョージアで新しい炭疽菌ワクチンの人体実験を開始した。

ペンタゴンによるロシア製炭疽菌の研究 

炭疽菌は、過去に米軍が兵器化した生物製剤の一つである。ペンタゴンは、そのプログラムはあくまで防御的なものであると主張しているが、それに反する事実もある。2016年、ルガー・センターでアメリカの科学者は「ソ連/ロシアの炭疽菌ワクチン株55-VNIIVViMのゲノム配列」に関する研究を行ったが、これはトビリシにおけるアメリカ国防脅威削減局(DTRA)の協力的生物関与プログラムによる資金提供で、メタビオタ(ジョージアでのペンタゴン・プログラムの下でのアメリカの契約者)が管理したものであった。

2017年、アメリカ国防脅威削減局DTRAはさらなる研究-ジョージアからのバシラス・アンソラシスのヒトおよび家畜分離株の10ゲノム配列に資金を提供し、ルガールセンターのUSAMRU-Gがこれを実施した。

ジョージアで34人がクリミア・コンゴ出血熱(CCHF)に感染

クリミア・コンゴ出血熱(CCHF)は、ダニ媒介性のウイルス(Nairovirus)による感染で起こります。この病気は1944年にクリミアで初めて特徴づけられ、クリミア出血熱という病名が付けられました。その後、1969年にコンゴで発病したことが認められ、現在の病名になりました。2014年には34人がクリミア・コンゴ出血熱に感染しました(うち4歳児)。そのうち3人が死亡した。同年、ペンタゴン生物学者は、アメリカ国防脅威削減局DTRAプロジェクト「ジョージアにおけるデングウイルスおよび他のアルボウイルスによる熱性疾患の疫学」のもと、ジョージアでこのウイルスを研究しました。このプロジェクトでは発熱症状のある患者の検査と、CCHVの媒介となりうるマダニの採取を行い、実験室での分析が行われました。

f:id:paradism:20220302201849p:plain

ジョージアでは34人がクリミア・コンゴ出血熱(CCHF)に感染し、そのうち3人が死亡しました。出典 NCDC-ジョージア

ジョージアでクリミア・コンゴ出血熱(CCHF)が発生した原因はまだ不明です。現地の獣医局の報告によると、感染した村から採取した全種類のマダニから1匹だけ陽性反応が出たとのことです。地元当局が動物からヒトにウイルスが感染したと主張しているにもかかわらず、動物の血液サンプルもすべて陰性であった。2014年にクリミア・コンゴ出血熱(CCHF)のヒト感染者が急増したことを考えると、感染したマダニや動物がいなかったことは不可解であり、この流行は自然ではなく、ウイルスが意図的に拡散されたことを意味します。

2016年には、ペンタゴンの計画ジョージアにおけるクリミア・コンゴ出血熱ウイルス(CCHFV)とハンタウイルスの血清有病率と遺伝子多様性の評価」のもと、ルガー・センターで今後の研究のためにDNAデータベースのためにさらに21590匹のマダニが採取されました。

http://dilyana.bg/wp-content/uploads/2018/04/40.jpg

クリミア・コンゴ出血熱CCHFの症状

アフガニスタンで発生した致命的なクリミア・コンゴ出血熱CCHFの原因は、軍のバイオラボにあるとされている

また、アフガニスタン全土で237例のクリミア・コンゴ出血熱(CCHF)が報告されており、2017年12月現在、そのうち41例が死亡しています。アフガニスタン保健省によると、患者の多くは首都カブールで登録されており、71例が報告され、13名が死亡しているほか、イランとの国境に近いヘラート州(67例)でも報告されています。

f:id:paradism:20220302202130p:plain

アフガニスタンは、国防総省のバイオ研究所がある世界25カ国のうちの1つである。アフガニスタンでのプロジェクトは、国防脅威削減局(DTRA)が資金を提供する米国の生物防衛プログラム-協力的生物学的関与プログラム(CBEP)の一部である。DTRAの請負業者であるジョージアのルガー・センター、CH2Mヒルバテルも、アフガニスタンでのプログラムを請け負っている。CH2M ヒル1040万ドルの契約を獲得している(2013-2017年)。アフガニスタンジョージアペンタゴン契約者は同じであり、両国の現地住民に蔓延している病気も同じである。

ペンタゴンがコウモリを収集・研究する理由

コウモリは、エボラウイルス、中東呼吸器症候群(MERS)、その他の致命的な病気の宿主であると言われている。しかし、これらのウイルスがどのようにヒトに感染するかは、現在のところ不明である。国防脅威削減局(DTRA)生物学的共同研究プログラム  (CBEP) のもと、軍事的に重要な致命的病原体をコウモリから探し出すために数多くの研究が行われてきた。

http://dilyana.bg/wp-content/uploads/2018/04/43.jpg

2014年にルガー・センターで研究目的で安楽死させられたコウモリは221匹。

f:id:paradism:20220302202240p:plain

アフリカで発生した致命的なエボラ出血熱の原因として、コウモリが挙げられています(2014~2016年)。しかし、ウイルスがどのようにして人間に「飛び火」したのか、正確な決定的証拠はこれまで提供されておらず、自然感染ではなく、意図的な感染の疑いがある。

米国では致死性ウイルスの工学的研究が合法化されている

中東呼吸器症候群コロナウイルスはコウモリを起源とし、ヒトやラクダに直接感染すると考えられている。しかし、エボラ出血熱と同様、ウイルスの正確な拡散方法は不明である。中東呼吸器症候群コロナウイルスによる感染者は世界15カ国で1,980人、699人の死亡が報告されています(2017年6月現在)。

f:id:paradism:20220302202344p:plain

中東呼吸器症候群(MERS)の感染が報告された患者10人のうち3~4人が死亡している(出典:WHO)

中東呼吸器症候群コロナウイルスは、インフルエンザやSARSと同様に、米国が遺伝子操作し、国防総省が研究してきたウイルスの一つである。この慣習を裏付けるのは、オバマ大統領が2014年に、こうした「デュアルユース」研究への政府資金提供を一時的に禁止したことだ。このモラトリアムは2017年に解除され、実験は続けられている。潜在的パンデミック病原体(PPPs)の強化実験は、米国では合法である。このような実験は、病原体の感染性及び/又は毒性を高めることを目的としている。

生物兵器としての野兎病

f:id:paradism:20220303213032p:plain

野兎病菌は感染力の強い細菌であり、エアロゾル攻撃による兵器化の可能性がある。

ラビットフィーバーとして知られる野兎病は、バイオテロに分類され、過去に米国がそのように開発したことがある。しかし、国防総省は野兎病に関する研究を続けており、この病気を引き起こすダニやネズミなど細菌の媒介となりうるものに関する研究も行っている。DTRAは、ジョージアで野兎病やその他の特に危険な病原体に関する多くのプロジェクトを立ち上げています。特に危険な病原体(EDP)、または選択薬剤は、世界的に公衆衛生に対する大きな懸念材料となっています。これらの高病原性病原体は兵器化される可能性があり、その軍事的重要性は以下のペンタゴンのプロジェクトで証明されています。ジョージアにおける野兎病の疫学と生態学2013~2016年)(菌株分離とゲノム研究のために6万匹のベクターを収集)、ジョージアにおけるヒト野兎病の疫学ヒト疾患の疫学および特に危険な病原体の監視(未分化熱および出血熱/敗血症性ショックの患者における選択物質の研究)です。

f:id:paradism:20220302202555p:plain

野兎病は米軍が過去に開発した生物兵器の一つである。出典:1981年米国陸軍報告書

ペンタゴンのバイオ研究所がウクライナに病気を蔓延させる

http://dilyana.bg/wp-content/uploads/2018/04/51.png

国防総省国防脅威削減局(DTRA)は、ロシアと国境を接する旧ソ連ウクライナの11のバイオ研究所に資金援助している。

f:id:paradism:20220302212247p:plain

f:id:paradism:20220302212251p:plain

f:id:paradism:20220302212257p:plain

f:id:paradism:20220302212306p:plain

f:id:paradism:20220302212309p:plain

米軍のプログラムは機密情報

ウクライナは自国の領土にある軍のバイオ研究所を管理することができない。2005年の米国防総省ウクライナ保健省との協定によると、ウクライナ政府は米国のプログラムに関する機密情報の公開を禁じられており、ウクライナは生物学的研究のために危険な病原体を米国防総省DoD)に譲渡する義務を負っている。国防総省は、その協定に基づくプロジェクトに関連して、ウクライナの特定の国家機密へのアクセスを許可されている。

f:id:paradism:20220302212544p:plain

外交特権を持つ生物兵器研究者

米国とウクライナの二国間協定の中に、米国政府を中心とした国際機関であるウクライナ科学技術センター(STCU)の設立があり、外交上の地位が与えられている。ウクライナ科学技術センター(STCU)は、ソビエト生物兵器プログラムに過去に関わった科学者のプロジェクトを公式に支援している。過去20年間、ウクライナ科学技術センター(STCU)は2億8500万ドル以上を投じて、過去に大量破壊兵器の開発に携わった科学者たちのプロジェクト約1850件に資金を提供し、管理しています。

http://dilyana.bg/wp-content/uploads/2018/04/54.png

ウクライナに駐在する米国人は、外交官として働いている。

豚インフルエンザウクライナ人364人が死亡

ペンタゴンの研究所の1つはハリコフにあり、2016年1月には少なくとも20人のウクライナ兵がわずか2日間でFluウイルスで死亡し、さらに200人が入院しています。ウクライナ政府はハリコフでのウクライナ兵の死者について報告していない。2016年3月現在、ウクライナ全体で364人の死亡が報告されている(81.3%がSwine Flu A (H1N1) pdm09 - 2009年に世界的大流行を引き起こしたのと同じ株によるものである)

f:id:paradism:20220302212823p:plain

DPRの情報では、ハリコフの米国のバイオ研究所から致命的なウイルスが流出したとのことです。

難病の感染を警察が捜査

ペンタゴンバイオラボが多く存在する南東ウクライナで、わずか数ヶ月の間に極めて疑わしいA型肝炎の感染が急速に拡大しました。

http://dilyana.bg/wp-content/uploads/2018/04/57.png

ウクライナの都市ミコライフでは、2018年1月現在、37人がA型肝炎で入院しています。地元警察は「ヒト免疫不全ウイルスなどの難病に感染している」として捜査に乗り出しました。3年前にも同市で100人以上がコレラに感染している。どちらの病気も汚染された飲料水を通じて広がったとされています。

2017年夏、ザポリジア市60人のA型肝炎患者が入院しましたが、この流行の原因はまだ不明です。

オデッサ地方では、2017年6月に孤児院の子供19人A型肝炎で入院しました。

ハルキフでは、2017年11月に29例のA型肝炎が報告されました。汚染された飲料水からウイルスが分離された。ペンタゴンバイオラボの1つがハリコフにあり、そこは1年前に364人のウクライナ人の命を奪った致命的なインフルエンザの発生の原因とされたところである。

ウクライナとロシアが新たな強毒性コレラ感染に見舞われる

2011年、ウクライナコレラの大流行に見舞われた。33名の患者が重度の下痢で入院したと報告されています。2014年には2回目の流行が同国を襲い、ウクライナ全土で800人以上が感染したと報告されています。2015年には、ミコライフ市だけで少なくとも100人の新たな感染者が登録されました。

f:id:paradism:20220302213003p:plain

 

http://dilyana.bg/wp-content/uploads/2018/04/60.jpg

コレラ菌

2014年にモスクワで、ウクライナで報告された株と遺伝的類似性の高い、コレラ菌ビブリオコレラの強毒性新型が発生しました。 2014年のロシア研究アンチプラーク研究所の遺伝子研究によると、モスクワで分離されたコレラ菌は、隣国ウクライナで流行を引き起こした菌と類似していた。

ウクライナのバイオ研究所で働く米国の請負業者の1つであるサザン研究所は、コレラのほか、ペンタゴンにとって軍事的に重要な病原体であるインフルエンザやジカ熱に関するプロジェクトを持っている。

http://dilyana.bg/wp-content/uploads/2018/04/Graph-2.png

サザン研究所の他に、ブラック&ヴィーチ社とメタビオタ社という2つのアメリカの民間企業がウクライナで軍事バイオ研究所を運営しています。

ブラック&ヴィーチ・スペシャル・プロジェクト社は、ウクライナ2008年2012年の2回の5年契約で総額1億2850万ドル)のほか、ドイツ、アゼルバイジャンカメルーン、タイ、エチオピアベトナムアルメニアバイオラボを建設・運営するために1億9870万ドルのDTRA契約を獲得しています。

タビオタ社は、このプログラムのもと、ジョージアウクライナ1840万ドル連邦政府契約を獲得しています。この米国企業は、西アフリカのエボラ危機の前と最中にもDTRAの業務を請け負っており、同社はシエラレオネでの業務で310万ドル(2012~2015年)を獲得しています 。

サザン研究所は、2008年以来、ウクライナのDTRAプログラムの下請け業者としてプライムになっています。同社はまた、過去に米国生物兵器プログラムの下でペンタゴンの主契約者として生物製剤の研究開発を行い、1951年から1962年の間に16件の契約を結んでいます。

http://dilyana.bg/wp-content/uploads/2018/04/61.png

出典 米国陸軍の活動、生物兵器計画、第2巻、1977年、82頁

ソ連の亡命者がペンタゴンのために炭疽菌を製造した

南方研究所は2001年のペンタゴン炭疽菌研究プログラムの下請け業者でもあった。主契約者はアドバンスト・バイオシステムズ社で、当時の社長はケン・アリベック(旧ソ連微生物学者でカザフスタン出身の生物兵器専門家、1992年に米国に亡命)であった。

http://dilyana.bg/wp-content/uploads/2018/04/63.png

ケン・アリベック

ケン・アリベクは、バイオプレパラートの第一副所長として生物兵器施設のプログラムを監督し、ソ連炭疽菌の主要専門家であった。米国に亡命後、ペンタゴンの研究プロジェクトに従事。

ジェフ・セッションズへのロビー活動で25万ドル "米情報機関のための研究 "を実現

サザン研究所は、米国議会米国国務省に「米国諜報機関のための研究開発に関する問題」と「防衛関連の研究開発」について強く働きかけました。このロビー活動は、ウクライナや他の旧ソ連諸国におけるバイオ研究所に関するペンタゴンのプロジェクトが始まった時期と重なる。

同社は、研究所が多くの連邦契約を獲得した2008年から2009年にかけて当時のジェフ・セッションズ上院議員(現在はドナルド・トランプが任命した米国司法長官)に対するロビー活動に25万ドルを支払った。

f:id:paradism:20220302213320p:plain

国司法長官ジェフ・セッションズ、米国アラバマ州上院議員(1997年~2017年)

http://dilyana.bg/wp-content/uploads/2018/04/66.jpg

ワトソン・ドナルド

10年間(2006年~2016年)、サザン研究所は米国上院、下院、国務省国防総省(DoD)へのロビー活動で128万ドルを支払った。ジェフ・セッションズ上院議員の議会での補佐官-ワトソン・ドナルドは、現在、南部研究所のシニア・ディレクターである。

ウクライナでボツリヌス毒素中毒を警察が調査

2016年にウクライナで報告されたボツリヌス中毒患者は115名、死亡者数は12名でした。2017年、ウクライナ保健省は、ボツリヌス毒素中毒(既知の生物学的物質の中で最も毒性の強いものの一つ)のさらなる新規患者90人、死亡者8人を確認しました。地元保健当局によると、発生原因は食中毒で、警察が捜査を開始した。ボツリヌス毒素は、すでに米国ペンタゴン生物兵器施設で製造されたバイオテロ用薬剤の一つであることから、ウクライナペンタゴン生物兵器研究所が有力な容疑者であるとされた。(下記参照)

ウクライナ政府は2014年に抗毒素の供給を停止しており、2016年から2017年の流行時にはボツリヌス菌ワクチンの在庫がありませんでした。

ボツリヌス中毒は、クロストリジウム・ボツリヌス菌が産生する毒素によって引き起こされる、稀で非常に危険な病気です。

1グラムの毒素で100万人を殺すことができる 

ボツリヌス神経毒は、極めて強力で、製造や輸送が容易なため、生物兵器の大きな脅威となっています。ボツリヌス毒素は、直ちに治療しなければ、筋肉の麻痺、呼吸不全を引き起こし、最終的には死に至らしめます。1グラムの結晶性毒素が均一に分散して吸い込まれると、100万人以上を殺すことができる。エアロゾルや、水や食料の汚染によって拡散する可能性がある。

ペンタゴンは生きたウイルス、バクテリア、毒素を製造している

ボツリヌス毒素は、炭疽菌ブルセラ菌、野兎病と同様に、過去に米軍によって生物兵器としてテストされました。米国の生物兵器プログラムは1969年に公式に終了しましたが、資料によると、軍の実験は決して終了していません。現在、国防総省はかつてと同じ軍事施設であるダグウェイ実験場で生きた生物兵器を製造し、実験を行っている。

現在のフィールドテスト

http://dilyana.bg/wp-content/uploads/2018/04/69.png

出典 ウェストデザートテストセンター能力報告書2012

過去のフィールドテスト

http://dilyana.bg/wp-content/uploads/2018/04/70.png

出典:1977年米国陸軍報告書135ページ

米国における生物兵器工場

米陸軍は、2012年の米国陸軍報告書で証明されたように、ダグウェイ試験場(ユタ州ウェストデザートテストセンター)にある特殊軍事施設でバイオ薬剤を生産し試験を行っている。この施設は、陸軍試験評価司令部によって監督されている。

 ダグウェイ試験場の生命科学部門(LSD)は、生物試薬の製造を任務としている。陸軍の報告書によると、この部門の科学者はローター・サロマン生命科学試験施設(LSTF)でエアロゾル化したバイオ薬剤を製造し、試験を行っています。

http://dilyana.bg/wp-content/uploads/2018/04/71.png

バイオテロ用薬剤を製造し、エアロゾル化するローター・サロマン生命科学実験施設(LSTF)。写真提供:ダグウェイ実験場

http://dilyana.bg/wp-content/uploads/2018/04/72.png

米国ユタ州ダグウェイ試験場で米軍が製造した生物製剤 出典 ウェストデザートテストセンター能力報告書2012

ライフサイエンス部門は、エアロゾル技術部門と微生物部門から構成されています。エアロゾル技術部門は、生物製剤や模擬物質をエアロゾル化する部門である。微生物部門は毒素、バクテリア、ウイルス、薬剤様生物を生産し、チャンバーやフィールドテストで使用されます。

f:id:paradism:20220302221108p:plain

生命科学実験施設の発酵実験室では、2Lの小型のものから1500Lの大型システムまで、さまざまな発酵槽で細菌を培養しています。 発酵槽は、pH、温度、光、圧力、微生物に最適な成長速度を与える栄養濃度など、工学的に研究されている微生物の要件に合わせて特別に調整されています。

http://dilyana.bg/wp-content/uploads/2018/04/75.png

1500Lの大型発酵槽

http://dilyana.bg/wp-content/uploads/2018/04/76.png

試験材料の乾燥や粉砕を行うポストプロダクション・ラボ。写真提供:Dugway Proving Ground

生物試薬の製造後、封じ込めエアロゾル室で試行する。

f:id:paradism:20220302221435p:plain

識別感度試験のために生きた生物薬剤をばらまく技術者(写真:Dugway Proving Ground)

ボツリヌス神経毒と炭疽菌エアロゾル実験

米軍が世界で最も致死的な毒素であるボツリヌス神経毒のエアロゾルを製造、保有、試験していることを証明する文書がある。2014年、陸軍省はダグウェイ試験場での試験のために、メタボロジクス社から100mgのボツリヌス毒素を購入した。

この実験は、同じ会社 - メタボロジクス社から陸軍省に不特定量の毒素が調達された2007年にさかのぼります。2012年のWest Desert Test Center Reportによると、この軍事施設ではボツリヌス神経毒エアロゾルエアロゾル化した炭疽菌エルシニア・ペスティスベネズエラ脳炎ウイルス(VEE)を使った実験が行われているとのことです。

http://dilyana.bg/wp-content/uploads/2018/04/80.png

出典 ウェストデザートテストセンター 能力報告書2012

ダグウェイ試験場における屋外フィールドテストプログラム

米陸軍の資料や写真から、ペンタゴンは爆発物によるものを含め、バイオテロ攻撃のための様々な拡散方法を開発してきたことがわかる。

http://dilyana.bg/wp-content/uploads/2018/04/81.png

出典 ウェストデザートテストセンター 能力報告書2012

f:id:paradism:20220302222010p:plain

生物・化学実験のための汚染物質の散布。写真提供:ダグウェイ実験場

f:id:paradism:20220302222204p:plain

爆発物による模擬物質の散布。写真提供:ダグウェイ実験場

http://dilyana.bg/wp-content/uploads/2018/04/84.png

液体散布

http://dilyana.bg/wp-content/uploads/2018/04/85.png

粉体散布

http://dilyana.bg/wp-content/uploads/2018/04/86.png

テストグリッドでの散布。写真提供:ダグウェイ実験場

http://dilyana.bg/wp-content/uploads/2018/04/87.png

エアゾール式噴霧器

米軍の報告書では、バイオエアロゾル噴霧器による散布など、多くの散布方法が挙げられている。このような噴霧器は「マイクロネアディッショナー」と呼ばれ、すでに米軍によって開発され、ダグウェイ実験場でテストされている。資料によると、車両に搭載したり、バックパックとして身につけたりすることが可能で、放出精度を高めるためにポンプシステムを搭載することもできるそうです。マイクロエアーの噴霧器は、12Lのタンクから1分間に50〜500mLのバイオ液状模擬物質を放出することができる。

米国はサダム・フセインのバイオ兵器工場から細菌を盗み出した

http://dilyana.bg/wp-content/uploads/2018/04/89.png

バチルス・スリンギエンシス

バチルス・チューリンゲンシスは、バイオ農薬として広く利用されている昆虫病原菌である。バチルス・チューリンゲンシス Al Hakam株は、2003年に米国が主導した国連特別委員会によってイラクで採取された。イラク生物兵器製造施設であるAl Hakamにちなんで命名された。ペンタゴンの野外実験とは別に、この細菌は米国で害虫に強い遺伝子組み換えトウモロコシの生産に使われている。CIAが掲載した写真は、この細菌が米国によってイラクで収集されたことを証明するものである。CIAによれば、バイオ農薬の入った小瓶はアル・ハカムの科学者の自宅から回収されたとのことである。

http://dilyana.bg/wp-content/uploads/2018/04/88.png

CIA 合計97個の小瓶-単細胞タンパク質と生物農薬、そしてBW剤を生産するために使用できる菌株のアル・ハカムのカバーストーリーと一致するラベルを含む-が2003年にイラクの科学者の自宅から回収された。写真出典:CIA

米国連邦契約登録の情報によると、国防総省イラクサダム・フセインのバイオ兵器工場から盗んだ細菌を使った試験を行っていることがわかる。

http://dilyana.bg/wp-content/uploads/2018/04/90.png

バクテリアを使った実験室での分析およびフィールドテストのための国防脅威削減局(DTRA)連邦プロジェクト。出典:govtribe.com

テストはカートランド空軍基地で行われる(カートランドは空軍資材司令部の核兵器センターがあるところである)。ここでは兵器がテストされている。つまり、生物学的模擬物質(バクテリア)を使った野外テストもこのグループに含まれる。

このプロジェクトのDTRA契約者であるラブレス生物医学環境研究所(LBERI)は、動物バイオセーフティレベル3(ABSL-3)の実験室を運営しており、選択薬剤のステータスを有しています。この施設はバイオエアロゾル研究を実施するために設計されています。同社はカートランド空軍基地で生物模擬物質を用いた実地試験の5年契約を獲得しています。

http://dilyana.bg/wp-content/uploads/2018/04/91.jpg

写真出典:カートランド空軍基地

http://dilyana.bg/wp-content/uploads/2018/04/92.png

一部、風洞での試験も行っています。写真提供:ダグウェイ試験場

生物模擬物質(バクテリア)を使ったフィールドテスト

ペンタゴンが今やっていることは、過去にやったことと全く同じである。つまり、バイオ兵器プログラムは決して終了していないのである。米軍は、1949年からニクソン大統領がプログラムの終了を公式に発表した1968年まで、このような生物学的模擬物質を用いて、一般人を巻き込んだ27回の実地試験を行っていたのである。

f:id:paradism:20220302222651p:plain

出典 米国陸軍の活動、生物兵器プログラム、第2巻、1977年、125-126頁

チェチェンでの実地試験

ジョージアのルガーセンターで米軍のプログラムを運営する国防脅威削減局(DTRA)は、すでにロシアのチェチェンで未知の物質による実地試験を行ったとされています。2017年春、地元市民から、ロシアとジョージアの国境付近で白い粉をばらまくドローンが目撃されたと通報があった。ジョージア国境警察も、ジョージアとロシアの国境で活動する米軍関係者も、この情報に対してコメントを出していない。

ロシアとジョージアの国境に920万ドルの米軍プロジェクト

DTRAは、「ジョージア陸上国境警備プロジェクト」と呼ばれる軍事計画のもと、ロシアとジョージアの国境へのフルアクセス権を有しています。このプロジェクトに関連する活動は、米国の民間企業であるParsons Government Services Internationalに委託されている。DTRAはこれまでにも、レバノン、ヨルダン、リビア、シリアの国境警備プロジェクトでパーソンズと契約しています。パーソンズは、ペンタゴンの国境警備プロジェクトで、ロシアとジョージアの国境で920万ドルの契約を獲得しています。

http://dilyana.bg/wp-content/uploads/2018/04/95.png

チェチェンの地元市民が2017年、グルジアとのロシア国境付近でUAV散布機に気付いた。

国防総省GMウイルスを媒介するGM昆虫の実験を実施

国防総省は遺伝子編集に少なくとも6500万ドルを投資している。米国国防高等研究計画局(DARPA)は、DARPAのSafe Geneプログラムのもと、昆虫、げっ歯類、細菌において、新規のCRISPR-Cas9技術を用いたゲノム工学のためのツールを開発する7つの研究チームを獲得した。

http://dilyana.bg/wp-content/uploads/2018/04/96.png

http://dilyana.bg/wp-content/uploads/2018/04/97.jpg

また、別の軍事プログラム「Insect Allies」では、遺伝子組み換え昆虫を操作して、改造遺伝子を植物に移植しています。DARPAの1030万ドルのプロジェクトは、昆虫の遺伝子編集と昆虫が媒介するウイルスの遺伝子編集の両方を含んでいます。生態的ニッチ優先エンジニアリングは、昆虫のゲノム・エンジニアリングのための3番目の軍事プログラムである。国防総省の目的は、遺伝子操作された生物が特定の温度に耐えられるようにし、生息地や食料源を変更できるようにすることであるとされている。

http://dilyana.bg/wp-content/uploads/2018/04/98.png

出典:FBO.GOV

遺伝子操作された人間

昆虫や昆虫が媒介するウイルスの遺伝子編集のほかに、国防総省は人間の遺伝子編集も行おうとしている。DARPA Advanced Tools for Mammalian Genome Engineering Projectは、人体内に生物学的プラットフォームを作り、それを使って新しい遺伝情報を送り込み、DNAレベルで人間を改造することを目指している。

http://dilyana.bg/wp-content/uploads/2018/04/99.jpg

DARPAは、さらに47番目の人工染色体をヒトの細胞に挿入したいと考えている。この染色体は、人体工学に使用される新しい遺伝子を送り込むことになる。SynPloid Biotek LLCは、このプログラムの下で、総額110万ドルの2つの契約を獲得している(2015-2016年 - 第1段階の研究に10万600ドル、2015-2017年 - 連邦契約登録に明記されていない作業に999,300ドル。同社は従業員2名のみで、バイオ研究の前歴はない。

合成ウィルスの極秘研究

2008年から2014年にかけて、米国は合成生物学の研究に約8億2,000万ドルを投資し、国防総省が大きな貢献をしています。合成生物学に関する軍事プロジェクトのほとんどは機密扱いで、その中には米軍顧問の秘密組織JASONグループによる機密研究-例えば、ペンタゴン向けのEmerging Viruses and Genome Editingや、国家テロ対策センター向けのSynthetic Virusesなど-も含まれています。

JASONは独立した科学顧問団で、国防科学技術に関してアメリカ政府にコンサルティングサービスを提供している。1960年に設立され、その結果作成されたJASONレポートのほとんどは機密扱いとなっています。管理上、JASONのプロジェクトは、国防総省、CIA、FBIと契約しているMITRE Corporationによって運営されています。2014年以降、MITREは国防総省との契約で約2740万ドルを獲得している。

JASONレポートは機密扱いだが、バイオテクノロジーと題された別の米空軍の研究。Genetically Engineered Pathogens, は、秘密主義のJASONグループが研究した内容、つまり生物兵器として使用可能な遺伝子操作された5つのグループの病原体について、いくつかの光を当てている。それらはバイナリー生物兵器(二つのウイルスの致死的組み合わせ)、宿主交換病(エボラウイルスのように人間に「ジャンプ」する動物ウイルス)、ステルスウイルス、そしてデザイナー病である。デザイナー病は、特定の民族を標的にするように設計することができる。つまり、民族的生物兵器として使用することができるのである。

民族生物兵器

民族生物兵器(生物遺伝学的兵器)とは、主に特定の民族、または遺伝子型の人々に危害を加えることを目的とした理論的な兵器である。
公式に民族生物兵器の研究開発が確認されたことはないが、米国が特定の民族、つまりロシア人と中国人から生物材料を収集していることが資料から判明している。

米空軍は特にロシア人のRNAと滑膜組織のサンプルを収集しており、モスクワでは、米国の秘密裏に行われる民族バイオ兵器プログラムへの懸念が高まっている。

http://dilyana.bg/wp-content/uploads/2018/04/100.png

出典:FBO.GOV

ロシア人以外にも、アメリカは中国の健康な人とがん患者の両方から生体材料を収集している。国立癌研究所は、中国の臨川、鄭州成都の300人の被験者から生体試料を採取した。また、「Serum Metabolic biomarkers discovery study of Esophageal Squamous Cell Carcinoma in China」と題した別の連邦プロジェクトでは、中国の患者さんから採取した349の血清サンプルを分析しています。

http://dilyana.bg/wp-content/uploads/2018/04/101.jpg

米国国立がん研究所は、北京の中国がん病院の患者さんから生体試料を採取しています。

中国の生物試料は、唾液やがん組織など、一連の連邦プロジェクトの下で収集されています。その中には、リンパ腫症例とコントロール(健康な患者)からのDNAサンプルのジェノタイピング、乳癌症例からの乳癌組織ブロック、UGI癌を3例以上持つ50家族の唾液サンプル、北京の癌病院からのDNAサンプルのジェノタイプ50SNP'S、北京での胃癌3000例と3000コントロール(健康な患者)からのジェノタイプなどが含まれます。

タバコ・ワクチン 国防総省はいかにしてエボラ出血熱で利益を得るためにタバコ会社を支援したか

国防高等研究計画局(DARPA)は、タバコの植物からワクチンを製造するために1億ドルを投資した。このプロジェクトに参加している企業は、アメリカの大手タバコ会社、フィリップ・モリスが共同出資するメディアカゴ・インクと、ブリティッシュ・アメリカン・タバコが出資するレイノルズ・アメリカンの子会社であるケンタッキー・バイオプロセシングが所有しています。現在、タバコからインフルエンザやエボラ出血熱のワクチンを製造している。

1億ドルのプログラム「ブルーエンジェル」は、2009年のH1N1パンデミックへの対応として開始されました。メディカゴは2100万ドルを獲得し、1ヶ月以内に100万回分のインフルエンザワクチンを製造することになりました。

ブルーエンジェル・プログラムマネージャーのジョン・ジュリアス博士は、次のように説明しています。「代替タンパク質生産プラットフォームとして、複数の植物種や他の生物が研究されていますが、米国政府はタバコを使った製造に投資を続けてきました。」

f:id:paradism:20220302223552p:plain

植物ベースのワクチン製造方法は、ターゲットとなるウイルスから、人間の免疫反応を引き起こす特定の抗原タンパク質を分離することで機能します。そのタンパク質の遺伝子をバクテリアに移し、それを使って植物に感染させます。すると、植物はワクチン接種に使われるタンパク質の生産を開始する(写真:DARPA)。

国防総省が探索した他の植物種の中から、なぜタバコの植物から生産されるワクチンに投資することにしたのかは不明である。フィリップ・モリスが共同所有しているメディカゴは、国防総省、議会、保健社会福祉省に「公衆衛生への備えを支援する技術を進歩させるための資金」を求めるロビー活動を行い、49万5000ドルを支払った。国防総省はタバコ会社に資金を提供し、新しい技術を開発させ、ワクチンで利益を得ようとしていたのである。

生物学的実験は戦争犯罪

国際刑事裁判所ICC)のローマ規程第8条は、生物学的実験を戦争犯罪と定義しています。しかし、米国はこの国際条約の締約国ではないので、戦争犯罪の責任を問われることはない。