働かなくてもいい社会を実現するには?

エイダル大隊

https://en.m.wikipedia.org/wiki/Aidar_Battalion

f:id:paradism:20220304202321p:plain

部隊章

第24別働隊「エイダル」、通称エイダル大隊は、ウクライナ地上軍の突撃大隊である。東ウクライナでの戦争に参加し、約400人の隊員がいる。当初配備されたルハンスク地方のエイダル川にちなんで名付けられた[4][5]。 2018年10月現在、大隊は130名の兵士を戦死させた[6]。

歴史

f:id:paradism:20220304202416p:plain

ルハンスク州のエイダル大隊(2014年8月2日)

2014年5月に創設されたエイダルは、ウクライナ初の領土防衛大隊、つまり国防省に従属するボランティア軍の分遣隊であった[7]。

2014年のウクライナ議会選挙では、元エイダル司令官のセルヒイ・メルニチュク [uk] がオレ・リアシュコの急進党を代表してヴェルホヴナ・ラダの議員となり、同党の選挙リストで3位となった[9][10]。 エイダル第2中隊長のイホ・ラピンは同じ選挙でルツクの選挙区を勝ち抜き民衆戦線の議員に就任している。 [11][12] 2019年のウクライナ議会選挙では共に再選されなかった(メルニチュクはノボモスコフスクの選挙区で0.31%の得票で落選、ラピンは欧州連帯の選挙リストで上位(49位)でなかった)[13][14]。

2014年8月8日、ウクライナの国防大ヴァレリー・ヘレテイは、大隊は再編され、より良い装備を受け、より多くの戦闘任務を見ることになると述べた[15]。 メルニチュクはその命令を「犯罪」と表現したが、2015年までにエイダル兵のほとんどが復員または公式管理下に置かれたと認めている[16]。

2014年9月6日の停戦発表後、シュチャスティア南部の待ち伏せで隊員数十名が殺害され、この大隊が脚光を浴びるようになった[17]。

2015年1月下旬から2月上旬にかけて、大隊はいくつかの政府庁舎に配備され、それが衝突に発展した[1]。

エイダルは2015年3月2日に「義勇部隊の一部の代表者の違法行為を防ぐため」(ウクライナ参謀本部による)正式に解散した[1][18]。 その後「兵士の厳選」を経て、ウクライナ軍第24別働隊として改編された。 [1] 大隊長にはイエベン・プタシュニック中佐が任命された[1] 第24別働隊は2016年1月に第10山岳強襲旅団の一部となった[19] その後第53機械化旅団の一部となった[3]。

メンバーと構成

エイダル大隊はリヴィウ、チェルニヒフ、ルハンスク、ハルキフ、クリミア、キエフ、イワノフランキフスク、ドネツク地域からの志願者で構成されていた。ルハンスク州の議会議員、オレクサンドルフスクの元市長、キエフのユーロマイダン抗議デモの自衛活動家などが含まれていた[20]。 2014年6月には、約400人の隊員がいた[21]。

大隊にはいくつかの分隊があった。

ホロドニ・ヤル
中隊 "西"
アフガン中隊
ヴォリン中隊
オートロタ
ゴールデン社
2013年と2014年にスヴェンスカルナス・パーティ出身のスウェーデン人ネオナチ2名がエイダルに入隊し、スウェーデンやドイツのメディアで話題になった。ナチの1人が選挙で地方議会に立候補していたため、同じメディアがナチの傭兵と、とりわけ大隊の第三帝国をイメージしたモットーを激しく批判したのだ[22][23][24]。

人権侵害と戦争犯罪の疑惑

2014年7月、ロシアはエイダル司令官セルヒイ・メルニチュクを「民間人の殺害を組織した」として刑事捜査を開始した[25]。 そのボランティアパイロット、ナディヤ・サフチェンコはルハンスク近くで親ロシア派の分離主義者によって捕えられロシアに移送され、2人のロシア人ジャーナリストの殺害で起訴された[26][27]。

2014年9月8日、アムネスティ・インターナショナルは、大隊が拉致、不法拘留、虐待、窃盗、恐喝、処刑の可能性を含む戦争犯罪を犯したと主張した[17]。

2014年12月24日、アムネスティ・インターナショナルは、同部隊がウクライナからの人道援助が分離主義者支配地域の住民に届くのを妨害していると報じた。これらの地域の人口の半分以上は食糧援助に頼っている。アムネスティ・インターナショナルによれば、エイダル、ドンバス、ドニプロ-1大隊は、「食料や衣料が間違った人の手に渡り、人道支援として与えられる代わりに売られるかもしれないと考えている」ため、援助をブロックしていると述べている[28]。 アムネスティ・インターナショナルのヨーロッパ・中央アジアのディレクター代理のデニスクリブシェフは「戦争の方法として一般市民の飢餓を使うことは戦争犯罪」であると述べている[29]。

2015年4月、ウクライナ政府が任命したルハンスク州知事ヘンナディ・モスカルは、救急車を含む一連の盗難やパン工場の乗っ取りがあったため、エイダル大隊が「地域を恐怖に陥れている」と述べ、ウクライナ国防省に隊員の抑制を要請した[30]。

写真

March of Ukraine's Defenders on Independence Day in Kyiv, 2019 219.jpg

March of Ukraine's Defenders on Independence Day in Kyiv, 2019 316.jpg

March of Ukraine's Defenders on Independence Day in Kyiv, 2019 318.jpg

March of Ukraine's Defenders on Independence Day in Kyiv, 2019 345.jpg

防衛の行進に参加した大隊の退役軍人たち。独立記念日キエフ、2019年7月24日