働かなくてもいい社会を実現するには?

右派セクター

https://en.m.wikipedia.org/wiki/Right_Sector

f:id:paradism:20220304193953p:plain

右派セクター

右派セクター(ウクライナ語:Пра́вий се́ктор, Pravyi sektor)は、ウクライナの右翼から極右の民族主義ネオナチ[8]の政党、準軍事運動である。 [3] 2013年11月にキエフのユーロマイダン(欧州広場)反乱において、いくつかの過激な民族主義組織の準軍事連合として発足し、そのストリートファイターは機動隊との衝突に参加した。 9][10] 連合は2014年3月22日に政党となり、その時点でおよそ1万人のメンバーを持っていると主張した[11][12]。

創設グループには、ドミトリー・ヤロシとアンドリー・タラセンコが率いるトライデント(Tryzub)、政治/準軍事組織であるウクライナ国民会議-ウクライナ国民自衛(UNA-UNSO)などがあった[13][14][15]。その他の創設グループには社会-国民会議とその準軍事翼「パトリオット・オブ・ウクライナ」やホワイト・ハンマー、カルパチアンシチがあった。ホワイト・ハンマーは2014年3月に追放され[16]、次の月にパトリオット・オブ・ウクライナは多くのUNA-UNSOメンバーとともに組織を脱退した[17]。

右派セクターの政治思想は強硬な右派民族主義[18][19][20][21]ネオファシスト[22][23]やネオナチ[24][25][26][27][28]、右翼[5] 極右あるいは過激派などと評されてきた。 [29][30][31][32] 右派セクターは2014年前半にロシアのメディアで2番目に言及された政治団体であり、ロシア国営テレビは極右、過激派の見解と反ロシア感情のためにネオナチとして描いた[33][34] AP通信はこのグループがヘイトクライムを犯したという証拠を見つけなかった。 [21] 2014年のウクライナ議会選挙では、右派の候補者としてのヤロシが29.8%の得票で1人区を制し、議席を獲得した[35] 右派のスポークスマンであるボリスラブ・ベレザも29.4%の得票で議席と区を獲得した[36] 2019年のウクライナ議会選挙では、同党は議席獲得ゼロだった[37]...。

2015年4月5日、ヤロシはウクライナ軍の顧問に任命された[38]。 2021年12月、ウクライナ参謀本部は、要求された情報の機密性を理由にヤロシとの協力に関する詳細の開示を拒否している[39]。

2015年11月11日、ヤロシはグループのリーダーを正式に辞任した[40]。 12月27日には、彼と彼のチームがグループから完全に撤退することを発表し、右派セクターは「革命的構造としての」目的を果たし、もはや必要ないことを宣言した。彼は、彼と彼の派閥は国家を脅かす疑似革命活動、フリンジ過激主義に反対し、現政権に対する暴力的な反乱に反対であると述べました。ヤロシの離脱を受けて右派セクターが出した声明では、分裂は「革命的な道」を継続するためであると述べていた[41][42]。 ヤロシの離脱は、右派セクターのメンバーの少なくとも20%が彼と共に離脱する結果となった[43]。 2016年2月にヤロシは「ヤロシの政府構想」という新しい組織を始めた[44]。 2016年3月19日からアンドリー・タラシエンコが右派セクターの新会長に就任している[1]。

2019年のウクライナ議会選挙では、右派セクターはヤロシの政府構想、国民軍団、スヴォボダと一緒に急進右派全国政党統一リストに参加した[45]。 この組み合わせは全国選挙リストの投票の2.15%を獲得し、議席はゼロだった[37]。 この選挙では、党は単一委任区議会の議席を獲得していない[37]。

組織の名前について

ウクライナ語での組織名はПравий сектор(音訳:Pravyy sektor)であり、右派と訳される。(一般向けの出版物では、Pravy SektorまたはPravyi Sektorと訳されることが多い)。ある説明では、マイダン抗議デモの間のある時点でユーロマイダン抗議者の右側を保護するグループの努力から名前を派生させる[46]。 ドミトリー・ヤロシは商標「右派セクター」を所有している[47]。 ロシア語を話す人々は右派セクターのメンバーをプラヴォセキ (Russian: правосеки); 単数はプラヴォセク (Russian: правосек) として呼ぶかもしれない[48]。

歴史

起源

f:id:paradism:20220304194800p:plain

トルィーズブのリーダーで、右派セクターの元リーダー、ドミトリー・ヤロシ。

右派セクターは、2013年11月下旬、ストリートファイトを行うサッカーファンと右翼民族主義グループの連合体として結成された。ウクライナ愛国者(アンドリー・ベリツキー)、社会国民会議、トライデント(ドミトリー・ヤロシ)、UNA-UNSO(ユーリー・シュケヴィチ)、ホワイトハンマー、カルパチア・シチ[13][14][49][50][51] BBCは、右派セクターのキエフ組織は主に民族主義者の見解を共有するロシア語話すサッカーファンで形成されていると報告しています。[52][53][54].

組織は、第二次世界大戦ソビエト連邦に対して、また枢軸国のために、そして枢軸国に対して戦ったウクライナ反乱軍のようなウクライナパルチザンの伝統の中で自分自身を見る[52][55]。 右派セクターの指導者のヤロシは、ソ連の崩壊以来軍事演習で武装民族主義者を訓練した[56]。 共同創設者のアンドリイ・タラシエンコは、ほとんどの参加者が「どんな組織にも関係していない普通の市民」だったと2014年の1月にリーガ通信に語った[13][57]。

右派セクターは、ウクライナディアスポラから寄付を受けていると主張している[12]。

ユーロマイダンへの参入

f:id:paradism:20220304195344p:plain

機動隊にレンガを投げつけるデモ隊、狙撃から身を守るためにタイヤの煙を利用、キエフ、2014年2月18日

右派セクターは、ユーロマイダン抗議運動の一部である2014年1月のフルシェフスコホ通り暴動において、その後半のより暴力的な段階で主要な役者の一つとなった[14][58]。 2014年1月19日に、組織は火炎瓶や爆弾を作るために抗議行動に瓶を持参するようメンバーに奨励した。 13] ヤヌコーヴィチ政府はそれを過激派運動として分類して、メンバーを投獄すると脅した[59]。

右派セクターは、警察と対峙することになったユーロマイダン勢力の中で最も組織化され、最も効果的であると評されている[60]。 右派セクターは、ユーロマイダンにおける国家による武力攻撃に対する暴力的抵抗の主要な組織者であると主張している[50]。ヤロシは、グループがかなりの武器庫を蓄積していたと述べ、これらの中には西ウクライナの警察署から持ち出した銃も含まれている[10]。

イスラエルの新聞Haaretzは、デモの間、スヴォボダと右派セクターが関与した反ユダヤ的事件を報告し、彼らの過激派が政敵を「Zhyd」と呼び、ネオナチのシンボルの旗を掲げていたことを伝えた。ハーレツによれば、これらの組織は独立広場のデモ隊に『我が闘争』と『シオンの長老の議定書』の翻訳版も配布していた[62]。

2014年3月4日、同団体はそのVkontakteソーシャルメディアページの読者に対して、英語とロシア語のWikipediaで作られた右派セクターがファシストでネオナチであるという「誤解を正す」よう呼びかけた[63]。 政治学教授のOlexiy Haranによれば、ウクライナ政治における右派セクターの役割はヤヌコーヴィチに関連したウクライナ人によって「極めて誇張されていた」のであった[33]。

秘密の台帳の回収

Mustafa Nayyemは、右派セクターのメンバーがViktor Pshonkaの豪華な邸宅に入ったとき一緒にいたと述べ、ヤヌコーヴィチ政府のメンバーがロシアに亡命した後、右派セクターはPshonkaの邸宅から多数のGPUファイルを回収したと述べています。 [64] これらのファイルには、ヴィクトル・ヤヌコーヴィチの秘密帳簿や地域党の黒帳簿(ウクライナ語:Чорної книги)または納骨堂帳(ウクライナ語:。ポール・マナフォートを含む親クレムリン、親ウラジーミル・プーチン筋からの不適切な支払いに多数の人物が関与しており、その帳簿にはマナフォートへの5年間にわたる22件の支払いの手書き記録が含まれており、そのうち9件はVitaly Anatolyevich Kalyuzhny (Ukrainian: амбарна книга: Віталій Анатолійович Калюжний)は、ウクライナ最高議会の外交委員長であった。 [65][66] 2016年8月17日、ドナルド・トランプは、秘密の台帳の記録を理由に、トランプの最初の国家安全保障ブリーフィングに続いて、トランプの選挙運動委員長としてマナフォートを直接解任した[67][68][69][70][71]。

2016年の米国大統領選挙でトランプが勝利した後、マナフォートは、レシチェンコがウクライナでのマナフォートの活動を強く批判するヤヌコビッチ秘密台帳の情報を公表したため、ホワイトハウス、トランプ自身、そして後にルディ・ジュリアーニウクライナ当局に積極的に圧力をかけてレシチェンコらの調査や信用失墜を行うよう要求した。 [71][72] マナフォートはジュリアーニとその従業員であるレフ・パルナスやイゴール・フルマンを含むジュリアーニ・パートナーズ社にウクライナのレシェンコらを中傷するための情報を提供し、マナフォートの弁護士とトランプの弁護士の間で共同弁護契約を締結した[71]。 またマナフォートとジュリアーニではマリー・ヨバノビッチをどう扱えばいいのか議論した[71]。

2014年ウクライナ革命の余波

f:id:paradism:20220304195644p:plain

船の錨をデザインした右派の旗を掲げるオデッサの活動家たち(2014年2月9日)。

2014年2月、ヤロシと在ウクライナイスラエル大使は、挑発行為の防止と問題発生時の行動調整のための「ホットライン」の設置に合意した[73][74]。 オデッサユダヤ人遺跡の保護を支援するものである。 [75] 2014年4月、ヤロシは法執行に関する副首相への就任を要求したとされるが、その要求は拒否され、代わりにウクライナ国家安全保障・防衛評議会の副長官のポストが提示されたが[76][77]、ヤロシはこの地位が自分の下にあると拒否した。 [78] ヤロシをウクライナ治安局の副局長に任命する議論があったが、理由は不明ですぐにこの話は立ち消えとなった[76]。

右派はロシアのプロパガンダの主要なテーマとなり、新生ウクライナにおけるその強さと影響力を誇張するようになった。右派はロシア語を話す人々やユダヤ人にとって致命的な脅威であり、ロシアの軍事介入を必要とするものとして描かれた。4月までに、右派セクターはロシアのテレビでプーチン自身の政党「統一ロシア」と同じくらい頻繁に言及されるようになった。クリミアと東部では、シナゴーグユダヤ人墓地、ホロコースト記念館を標的とした「右派」の破壊行為の数々が、ロシアの偽旗攻撃であると広く見なされていた。シンフェロポリでは、シナゴーグウクライナの極右団体が使用する狼天使のシンボルが、通常の向きとは逆の鏡像で描かれた。オデッサでは、破壊者がユダヤ人墓地に「右派」の落書きをしたが、団体名のスペルは間違っていた。翌日、ヤロシはオデッサの首席ラビと会い、ウクライナユダヤ人との連帯を示し、落書きの上にペンキを塗るのを手伝っているところを写真に撮られた[79][80][81][82][83][84][85][86]。

2014年3月7日、タラセンコはInterfax-Ukraineに対し、「非公式な運動」は3月15日の大会で政党に変身する予定であると語った。 [87][要検証引用]2014年3月11日、ロシア下院の野党指導者ヴァレリー・ラシュキンは、ヤロシと右派セクターの西ウクライナ担当リーダーであるUNA-UNSOメンバーのオレクサンドル・ムジッコを「清算」するようロシアの特殊サービスに求めた[88]。 彼は、ムジッコがロシア軍に対してチェチェンの分離主義者のために戦い、山賊罪で告発されていると述べた。ムジチコ(「サチコ・ビリイ」という名で呼ばれていた)は、地元の検察官を怒鳴りつけ、ネクタイをひったくり、ロープで独立広場に引きずり込むと脅迫する、右派セクターの茶番ビデオ「サチコ、検察官とコミュニケーションする」でも有名になっていた[14]。

ムジッコは2014年3月24日、ウクライナのリブネで射殺された。目撃者が地元のニュースサービスに語ったところによると、12人の男がムジッコをカフェから連れ出し、手錠をかけ、彼と2人のボディーガードを殴ったという。他の者は、その後カフェの近くで2発の銃声を聞いたと述べている[89]。 ウクライナ内務省は、彼は警察とソキール特殊部隊に発砲した後に撃たれたと述べている。彼は生きて捕らえられ、逮捕されたが、救急隊員が到着する前に傷から死亡した[90]。 警察は、彼が組織犯罪との関連、フーリガン主義、公務員を脅迫した疑いで拘留されていると述べた[91][92]。

右派セクターの代表は内相アルセン・アヴァコフの責任を問い、復讐を誓った[要出典]。 2014年3月27日、右派セクター支持者はアヴァコフの辞任を要求し、ウクライナ最高議会を襲撃しようとした[93]。 翌日、欧州連合のキャサリン・アシュトン外務上級代表は、「私は右派セクターの活動家がウクライナ最高議会の建物を包囲した圧力を強く非難します」と述べている[93]。国会に対するそのような威嚇は民主主義の原則と法の支配に反している」[94] 数日後、同グループはメンバーが特定されることなくイベントで戦術を組織することを可能にするアプリをリリースした[95] 2014年3月31日、キエフ中心部のレストラン近くで酔った右派の活動家が発砲を始めた。キエフ市国家管理局の副局長を含む3人が負傷した[96]。

2014年親ロシア紛争と2014年ウクライナ選挙結果

f:id:paradism:20220304195843p:plain

右派のイベントで警備に当たるウクライナ愛国者メンバー(ユーロマイダン、キエフ、2014年4月13日

2014年4月、右派セクターはドンバス戦争における準軍事作戦のためにドンバス特別大隊の編成を開始したと発表した[97]。 2014年4月22日、スロヴィヤンスクの親ロシア派の反政府勢力は、アメリカ人ジャーナリストのシモン・オストロフスキーをグループのスパイ容疑で数日間拘束した[98]。

右派セクターは2014年5月22日にウクライナ法務省によって正式に政党として登録された[99]。 地域の長は、政治家に約束を守らせることよりも、立候補することに興味がないとウォール・ストリート・ジャーナルに語っていた。 [100] 2014年5月25日の大統領選でヤロシは127,000票、全体の0.7%を獲得した[101][102][103][要検証引用] 社会学グループRatingによる2014年5月中旬の調査において、党自体は1.7%を獲得した[104] 2014年6月13日にキエフの検事局が右派活動家と称する人たちに襲撃を受ける事件が発生した。ヤロシは自分の組織の関与を否定し、「ユーロマイダンを助けた男」を配備する命令を出すことはできなかったと主張した[105][要検証引用] 2014年10月15日、右派セクターの記章をつけた約125人の覆面男がザポリジスタル社を封鎖した;右派セクターはこの封鎖への関与を否定して、組織を信用させようとする試みとしてラベル付けしている。 [106] 2014年のウクライナ議会選挙では、右派の候補者としてのヤロシは、ヴァシルキフカライオンに位置する一人区番号39を29で勝利し、議会の議席を獲得した。 35]党は35の地区で競争していた[107]。ヤロシはウクライナ最高議会の派閥に入らなかった[108]。 同じ選挙で、右派セクターの情報主任であるボリスラブ・ベレザも独立候補として、キエフの地区を29.44%の得票で制覇し、議席についた[36] ベレザも派閥には入っていなかった[110]。 右派セクターは2015年10月に行われたウクライナ地方選には参加していない[110]。

2015年 ウクライナ特別治安局との衝突

2015年7月10日、ウクライナ西部に位置するムカチェベ市で、ウクライナ政府軍と右派勢力が衝突した。2名が死亡した。ウクライナ大統領ペトロ・ポロシェンコの議会派リーダーであるユーリイ・ルツェンコによると、これらの出来事は「違法武装集団と法執行機関にあからさまに協力するマフィアの間の利害対立から生じた」[111]。 一部の地元指導者は、地元の法執行機関が加担している西ヨーロッパへの儲かる違法タバコ密輸取引を右派勢力が取り締まりしようとしたので衝突が起こったのだと指摘した。この事件による直接的な影響としては、地元のザカルパティヤ地区税関の指導者の解雇があった。密輸組織で指弾されたウクライナの議員Mykhailo Lanyoはウクライナから逃亡したと伝えられている[112]。右派リーダーのヤロシは静穏を求め、右派部隊がウクライナ東部から撤退していることを否定していた[113][114][115][116]。

ヤロシの離脱後

ヤロシは2015年11月11日に右派のリーダーを辞任した[40]。 2015年12月下旬、彼は2016年2月に始まる新しい政党を結成すると発表した[117]。 2016年2月、彼はヤロシの政府構想という新しい組織を始めた[44] ヤロシの出発は、少なくとも右派メンバーの20%が彼と共に離れるという結果につながりました。 [43] 2016年3月19日の党大会で、アンドリー・タラセンコが右派セクターの議長に選出された[1] ユーロマイダン以前、彼とヤロシはトライデント(トルィーズブ)の中心人物だった[15] タラセンコは2016年3月に右派セクターがウクライナのすべての選挙に参加すると誓った[1].

2018年11月19日、右派セクターと仲間のウクライナ民族主義政治団体であるCongress of Ukrainian Nationalists、Organization of Ukrainian Nationalists、C14は2019年のウクライナ大統領選挙でルスラン・コシュリンスキーの立候補を支持した[118]。 選挙でコシュリンスキーは1.6%の得票率を獲得した[119]。

2019年のウクライナ議会選挙において、右派セクターは政党スヴォボダ、ヤロシの政府構想、国民軍団との統一党リストに参加した[45]。ヤロシはこの党リストで3位、タラセンコは4位だった[45]。選挙では、5%の選挙基準値の半分以下の2.15%を得票し、国民党リストを通じて国会議員の座も獲得しなかった。 また、単一委任区国会議員の座も獲得しなかった。[37] 同党の選挙区での議決は、1,000万人である。

2020年のウクライナ地方選挙では、同党は3人の議員を獲得した(数学的には、これは利用可能な全マンデートの約0.00%であった)[120]。

2021年11月2日、ヤロシはソーシャルメディアウクライナ軍司令官の顧問に任命されたと述べた[121]。 ウクライインスカ・プラウダの(2021年12月の)要請に対し、ウクライナ参謀本部はヤロシとの協力関係の疑いについて詳細な開示を拒否し、要請した情報の機密性を理由にした。 この要請以前に(軍の)公的顧問のポストは清算されていた。[39] ウクライナ参謀本部は、ヤロシとの協力関係の詳細を開示しなかった。

準軍事組織活動

f:id:paradism:20220304200842p:plain

ヤロシ(右)はドンバス大隊のセメン・セメンチェンコ司令官と面会(2014年7月12日)

右派セクターは、マイダン革命の終盤に、ウクライナ西部リヴィウ近郊の内務省の兵器庫から軍事兵器を押収した。右派セクターは革命の余波でいくつかの武器をウクライナ当局に引き渡し、他の武器を保管していた[122]。ヤヌコビッチ政権の崩壊後、警察がキエフの通りをほとんど放棄したため、右派セクターのメンバーを含む若者のグループが、主に野球のバットで、時には銃で武装して通りをパトロールした。 60] ヤロシによると、右派セクターは内務省と治安機関の退役者を採用してきたという。彼はニューズウィーク誌に「どの軍隊にもあるように」S-300対空ミサイルを使う訓練を受けた専門家がいると語った[12]。 2015年末のDW Englishとのインタビューでペトロ・ポロシェンコは右派セクターが武装解除されドンバスでの活動から外されると主張したが、2017年の時点ではまだそうなっていない[123]。

ウクライナ義勇軍

f:id:paradism:20220304200940p:plain

ウクライナ義勇軍(DUK)の戦闘員たち

右派セクターはドンバス戦争で戦っている独自のボランティア大隊を持っている[124] それは2014年4月末に結成された[97] 2014年7月19日に右派セクターは、軍が適切な戦闘装備を提供すれば、戦うために5000人を提供する準備ができていると述べた。 125] 2014年8月にドネツクの外で待ち伏せされ12人の戦闘員が失われた右派セクター。グループのリーダーであるヤロシは、彼のグループが死を復讐すると誓った[126]。 2014年8月17日に右派セクターは、ウクライナのボランティア運動を破壊しようとする反革命勢力を抱いていると内務省を非難した[127]。 それは、警察の中のウラジミール・イェヴドキモフ副内相の追随者が数十の右派セクターボランティアを違法に捜索または拘束し、彼らが戦闘で取った武器を没収したと述べていた。 [128] アルセン・アヴァコフ内務大臣は、イェヴドキモフを解任するようウクライナペトロ・ポロシェンコ大統領にすでに要請書を提出したと答えた[引用者注:右派セクターの軍事部隊には約50人のロシアとベラルーシの市民が含まれている[129] メンバーはドンバスとクリミア、ロシアと他の旧ソ連共和国と西洋諸国を含むウクライナ各地から来ている。2015年12月、グループリーダーのドミトリー・ヤロシは、第5大隊と第8大隊、医療大隊が右派セクターからの離脱後、ウクライナ軍に編入されると発表した[42]。 UVCは、可能ならウクライナ国家警備隊の一部となり近い将来、内務省に報告するかウクライナ地上軍に編入されることになるだろうと思われる。

イデオロギー

党による説明

f:id:paradism:20220304201114p:plain

ステパン・バンデラの誕生日記念にキエフで行進(2015年1月1日

党のイデオロギーウクライナの国家思想に基づいている[6]。 党は、国家の考えは民族としての人々の概念よりも広いが、「政治的国家」という国際的な概念に近いものでもないと考えており[6]、国家とは民族的・社会的・精神文化的要因に基づいて自由の考えの周りに団結した人々の意識的かつ有効な統一体であるとする[6]。

党によれば、ウクライナナショナリズムとは、国家の自由、人民の自由、ウクライナの名における思想と大義ウクライナ国家の防衛、保存、国家主張の思想[6]、国家存在の哲学のことである。 [右派の国家観の主な構成要素は、国家的命令や絶対的秩序に基づく国家の保護、発展、復活に基づく国家存立シェフチェンコ思想[6]。 その文献によれば、理想主義の世界観はウクライナナショナリズムに内在するものである[6]。

学術的な記述

学者のアンドレアス・ウムランドとアントン・シェホフストフは、右派セクターは議会の外で、超保守的でネオナチの一派を含む小さな集団の緩やかな集まりとして形成されたと書いている[50]。

報道における記述

右派セクターはBBCニュースによって「ウクライナ民族主義グループ」[20]、「極右グループの傘下組織」[130]として記述されており、タイム紙は「過激な右翼グループ・・・過激な超民族主義者の連合」、「ファシズムに近い」思想[29]と記述した。 ニューヨークタイムズは「民族主義グループ」、「かつて端的だったウクライナ民族主義グループの連合」としてそれを記述しました [10] 。 [19] ガーディアンは「ウクライナ民族主義グループ」[131] 、ロイターは「極右の民族主義グループ」[132] 、アジャンスフランスプレスは「極右」グループ[32] 、ウォールストリートジャーナルは「極右活動家と超民族主義者の統括グループ」として識別している。 [133] ディ・ヴェルト、ニューヨーク・タイムズル・モンド・ディプロマティークは右翼セクターの構成グループのいくつかを急進右翼、ネオファシスト、ネオナチとして記述しているが、反ユダヤ主義から距離を置いていることも記述している[22][49][52]。

Foreign Policyに寄稿したHannah Kozlowskaは、ロシアのプロパガンダは右派セクターを政府乗っ取りを企む強力なネオナチ勢力として描くことによって、ウクライナ政府の悪魔化、クリミア併合のためのケース構築を試みたと述べている。2014年前半、右派セクターはロシアのオンライン・マスメディアで2番目に言及された政治団体だった[33]。 AP通信はそれを「過激な超国家主義グループ...ファシストとしてロシア国家のプロパガンダによって悪魔化された」と呼んでいる。 [21] AP通信は、このグループによるヘイトクライムの証拠は見つからなかったと報告している[21]。 ロシアニュース&インフォメーションエージェンシーは、右派セクターを「過激な極右反対グループ」として描き、「ロシアの国家メディアはデモを主にファシズムに影響を受けた運動として鋳造しようとしている」と述べている[30]。

その他のウクライナ人・政党

インタビューの中でヤロシは、右派セクターとスヴォボダは「イデオロギー的な問題に関しては多くの共通の立場を持っている」が、右派セクターは「彼ら(スヴォボダのメンバー)が共有する特定の差別的なものを絶対に認めない」と述べた[134]。タラシエンコはステパン・バンデラを引用し、次のように述べている。「我々は、ウクライナウクライナ人、あるいはウクライナ語が存在しないと言っている者たちの敵である」[135]。

ジャーナリストのオレグ・シンカレンコによれば、ヤロシは右派が同性愛に反対していることを示し、また国家の権利が人権に優先することを暗に示しているという。 [14] ニューヨーク・タイムズ紙は、「超国家主義的な、場合によってはネオナチ的な組織の連合体である右派セクター」は、ウクライナにおける人種差別と戦うというヤロシの誓約を引用して、反ユダヤ主義から距離を置こうとしていると書いている[49] シュピーゲル・オンラインによると、ドミトリー・ヤロシは反ユダヤ主義が右派セクターの思想の一部ではないと述べている。タラセンコは、グループが「恐怖症」を持たず、他のすべての国家を尊重し、国民国家モデルを支持すると述べている[135]。

ヨーロッパに対する姿勢

右派セクターのウェブサイトには、そのメンバーがロシアと西側の両方の「帝国的野心」に不信感を抱いていると書かれている[136]。 ヤロシはシュピーゲル・オンラインに、反キリスト教組織が欧州連合で活発に活動しており、加盟国ではなく、欧州委員会が同性愛者の結婚などのライフスタイルを統制していると語った[137]。 彼は欧州やNATOをパートナーとして見ておらず、彼らがウクライナに対する連合の一部であると考えていた[137]。

国内政策

右派セクターはスイスのように国民が武器を保持し、負担すべきとの立場である[135]。ヤロシはニューヨークタイムズ紙に対し、同組織の弁護士がスイスの銃器所持の概念をモデルにした法案を起草中であると語った[122]。

道徳的な問題

歴史家・政治学者のアンドレアス・ウムランドによると、右派セクターは超キリスト教保守主義者であり、急進的な右派民族主義者である[138]。

2015年6月2日、同党はキエフ市長のヴィタリ・クリチコに公開書簡を送り、「挑発の危険性」を理由に2日後に行われるプライドパレードを中止するよう求めた[139]。 また書簡ではウクライナギリシャカトリック教会のスヴァトスラフ・シェヴチュク少佐の「ウクライナジェンダー思想としての誤った価値観を拒絶する」との発言が引用された。 [140] 手紙はまた、「ポーランドでは同性婚はもちろん、中絶が全般的に禁止されている」と述べ、ヨーロッパ人が「LGBT」に関してまだ曖昧な態度をとっていると主張した[140]。

2015年6月6日のFacebookの投稿で、右派セクターのリーダー、ドミトリー・ヤロシは、ゲイ・プライド・パレードは「死んでウクライナを守った人たちの墓に唾を吐く」と主張し、グループのメンバーは「家族、道徳、人間性を嫌う人たちが計画を実行するのを防ぐために他の仕事を脇におく」と約束した。我々は他にやるべきことがあるが、この悪にも対処しなければならない」[141] 右派セクターのスポークスマンであるアルテム・スコロパドスキイはプライドパレードについて、「ゲイのプロパガンダは破壊的で、我々のキリスト教国家に害を与えており、それを許すことはできない」と述べている[141] プライドパレードは行われ、行進中に正体不明の人々が発煙筒と石で集会を襲撃し、5人の警官が揉め事によって負傷した[142] 右派セクターは暴動を非難し、スコロパドスキイは次のように述べている。「我々は同性愛者のような弱い者を叩くことはできない、それは恥だ!」[138]と述べた。

構成団体

学術的・メディア的な情報源は右翼民族主義者[18][143]超民族主義者[49][144]ネオ・ファシスト[52]ネオナチ[49] 右翼[52] 急進右派または極右[145][146][147] 超保守、および準軍事と表現するものがある。右派セクターのメンバーの複数または大部分はストリートファイティング・サッカーファンクラブ[53][54][148]に所属しているか、特定の所属を持たない。

シッチ

Sich (Carpathian Sich, Карпатська Січ) はトランスカルパチア州のコサック大隊。その名称はウクライナのコサック用語である指揮・行政の中心地に由来する[134][149]。

トルィーズブ(トライデント)

主な記事 トルィーズブ
トルィーズブは、ウクライナ民族主義者会議(ウクライナ民族主義者組織の旧バンデラ派)によって1993年に設立された極右[10]の準軍事組織である[150]。その正式名称はステパン・バンデラ全ウクライナ組織「トルィーズブ」で、その主目的がウクライナ統一独立国家の建設であると表明している。 [トルィーズブによれば、この目標を達成するための敵は″帝国主義と排外主義、ファシズム共産主義、コスモポリタニズムと疑似ナショナリズム全体主義と無政府、ウクライナ人の汗と血に寄生しようとするあらゆる邪悪″である[151]。

ウクライナ国民議会 - ウクライナ民族自衛官

主な記事 ウクライナ国民議会-ウクライナ人民自衛軍

f:id:paradism:20220304201237p:plain

キエフでのUNA-UNSOメンバー(2014年1月26日)。

ウクライナ国民議会-ウクライナ民族自衛軍(UNA-UNSO)は、ウクライナ国内外で極右と認識されているウクライナの政治組織である[152][153][要更新]。同派は、1993年にアブハジア戦争に参加し、Georgiy Gongadzeによるドキュメンタリー映画『Shadows of War』で描かれているボランティア大隊に供給していた。ウクライナ国民議会(UNA)が組織の合法的な政党部門として機能していたが、2014年5月22日に右派セクトに合併した[99]。

法的地位

ロシア・ウクライナ戦争開始後、多くの有志が領土防衛大隊として独自のグループを結成したが、これらの大隊はウクライナの様々な治安機関の法的な一部であり、そのほとんどは国防省または内務省の下で活動していた。その志願者は、これらの機関に任命された指揮官の命令に従うことが要求されました。2014年5月、ウクライナの法律に基づく社会組織として登録された[154]。ウクライナ義勇軍の地位は公式ではない。