働かなくてもいい社会を実現するには?

ピット404でのバイオ軍事実験 - マリウポリのアゾフスタルの地下30メートルにあるNATOの秘密の生物学実験室

https://expmx.com/2022/04/11/bio-military-experiments-in-pit-404-a-secret-nato-biological-laboratory-30-meters-deep-under-the-azovstal-in-mariupol/

4月4日、ペペ・エスコバルがTwitterに書き込みました。

マリウポリ 1/3 ブチャの偽旗ではなく、404サーガ全体の爆発的なストーリーになりそうです。NATOの幹部がアゾフのネオナチと一緒にアゾフの地下に潜伏しています。しかし、重要なのはこの8階下の地下で何が起きていたかということだ。

マリウポリ2/3 マリウポリ空港の「ビブリオテカ」の民間人囚人は、「落とし穴に送る」と常に脅されていた-そこから二度と帰れないと。その「穴」とは、NATOが運営するAzovstalの地下バイオラボであったかもしれない。アゾビスタのオーナー、アクメトフ氏は気が動転している。

マリウポリ 3/3 404のバイオ軍事実験は、アクメトフの会社メタビオタによって行われた。ロシア調査委員会は必死に証拠を集めている ニュルンベルク裁判2のために。だから、"不吉な穴 "の本当のストーリーはすぐに明らかになるだろう。

4月のことです。4月10日、4chan.orgの匿名ユーザーに、ピット404とマリウポリで起こっていることについて、より多くの情報を提供しました。

オリガルヒのリナト・アフメトフが所有するアゾフスタル工業地帯の地下には、深さ30mに及ぶ24kmのトンネルが存在する。

>NATOの秘密施設PIT-404もある--生物兵器があるNATOの秘密生物学研究所もある。PIT-404の施設では、NATOの将校が封鎖されている。トンネルには、装甲防御を備えたバンカーシステムが設置されている。

>内部にはNATOフランス外人部隊の将校、バイオラボのスタッフなど、約240人の外国人がいる。アクメトフが資金援助する彼らの警備は、最大で3,000人に及ぶという。

>マリウポルのアゾフスタル工場下のバイオラボ、いわゆるPIT-404施設は、ハンター・バイデン、リナト・アフメトフ、ウラジミール・ゼレンスキーに関連するメタビオタ社が建設・運営していた。

>この施設の実験室では、生物兵器を作るための実験が行われていました。何千人ものマリウポリ市民が、この恐ろしい実験の「モルモット」となった。そして、ほとんどが西側の「専門家」がこの非人間的な実験に参加した。

>救出作戦中に死亡したフランス情報機関員もいる。フランス情報部のトップであるエリック・ヴィドは、ウクライナ戦争におけるフランス情報部の失敗を理由に、2022年3月31日に解任された。

>米国、カナダ、ドイツ、フランス、イタリア、トルコ、スウェーデンポーランドギリシャの将校がアゾフスタルの地下牢に封じ込められた。先日、DPRの人民民兵に墜落したヘリから捕獲されたアメリカ人中将ロジャー・クロティエは、トルコのイズミルで愛人を外部監視した結果をもとに、マリウポルで参謀本部GRUとロシアSVRに追跡されたのである。

>情報部ではクルートと呼ばれるウクライナ国籍の女性が、将軍の出張妻、腹心の友、通訳として常に同行していた。この女性がマリウポルに到着したことが伝えられると、ロシアは軍事作戦を開始し、同市を封鎖した。

ペペ・エスコバル(1954年生まれ)は、ブラジル人ジャーナリスト、地政学アナリスト。Asia Timesのコラム「The Roving Eye」では、多国籍の "中東・中央アジアの覇権争い "を定期的に取り上げている。

情報源はこちら。ペペ・エスコバル(ツイッター)4chan.org