働かなくてもいい社会を実現するには?

Hal Turner 2021年3月核脅威イニシアチブがサル痘テロ攻撃を想定した訓練を実施、2022年5月15日には最初のサル痘感染者確認

https://halturnerradioshow.com/index.php/en/news-page/world/in-march-2021-the-nuclear-threat-initiative-held-a-drill-for-global-monkeypox-terror-attack-may-15-2022-and-now-we-have-an-actual-outbreak

2021年3月、核脅威イニシアチブ(NTI)はミュンヘン安全保障会議と提携し、実験室で操作された病原体を用いたテロ攻撃により、異常な株のサル痘が世界的に大流行することを想定した「卓上演習」を実施した。 この演習では、2022年5月にサル痘によるテロが発生しました。  そして今、2022年5月、私たちは実際にサル痘を発症しているのです。  このような「演習」は演習ではなく、計画なのです。

この演習は、国内外のバイオセキュリティとパンデミック対策の構造におけるギャップを検証し、重大な生物学的事象に対する予防と対応能力を向上させる機会を探るために行われたとされている。参加者は、アフリカ、南北アメリカ、アジア、ヨーロッパから、公衆衛生、バイオテクノロジー産業、国際安全保障、慈善事業で数十年の経験を持つ19人のシニアリーダーや専門家が集まりました。

この報告書「高重度の生物学的脅威を予防し対応するためのグローバルシステムの強化」は、2021年の卓上訓練の結果をまとめたものです。ハイメ・ヤシフ博士、ケビン・オプレイ博士、クリストファー・アイザック博士が執筆した「ミュンヘン安全保障会議と共同で実施した2021年卓上演習の結果」は、演習で得られた主要な知見をまとめ、国際社会に対する実行可能な提言を示しています。

技術や政策の専門家との協議を経て作成された架空の演習シナリオは、架空の国ブリニアで最初に発生し、18カ月かけて世界中に広がった、珍しい株のサル痘ウイルスによる致命的な世界的大流行を描いている。最終的に、この演習シナリオは、最初の大流行が、バイオセーフティとバイオセキュリティの規定が不十分で、監視が行き届かない研究所で作られた病原体を使ったテロ攻撃によって引き起こされたことを明らかにしました。演習終了時には、この架空の世界的大流行により、世界中で30億人以上の患者が発生し、2億7千万人が死亡する事態となりました。

この卓上演習を通して、さまざまな貴重な洞察と重要な発見がありました。最も重要なことは、COVID-19への世界的な対応を受けて改善されたとはいえ、世界的大流行の予防、検出、分析、警告、対応に関する国際システムは、現在および将来予想される課題に対処するには極めて不十分であるという点で演習参加者の意見が一致したことです。国際的なバイオセキュリティとパンデミック対策の構造には広範かつ根本的な欠陥があり、将来の生物学的事象(COVID-19のような影響や、より深刻な被害をもたらす可能性のある事象を含む)を予防し、それに対して効果的に対処する国際社会の能力が損なわれているのである。

報告書の所見と提言
演習参加者の議論から、次のような重要な知見が得られた。

(報告書の14ページに所見の全文が掲載されています。)

世界的大流行のリスクの検出、評価、警告が世界的に弱い。国際社会は、世界的大流行のリスクに関する実用的な情報を迅速に伝達できる、より強固で透明性の高い検知、評価、早期警戒システムを必要としている。
国家レベルの準備態勢におけるギャップ。各国政府は、不確実性や短期的なコストにもかかわらず、予測的な行動を促す「きっかけ」の首尾一貫したシステムに基づいて、国家レベルの世界的大流行への対応計画を策定することにより、準備態勢を改善する必要がある。
生物学的研究のガバナンスにおけるギャップ。生物学的二重利用研究を管理する国際的なシステムは、今日の安全保障上の要件を満たす用意もなければ、将来的に大幅に拡大する課題に対応する用意もない。生物科学の研究開発のライフサイクル全体を通じてリスク軽減の必要性がある。
世界的大流行に対する国際的な準備に対する不十分な資金調達。世界の多くの国では、世界的大流行対策に必要な国家的投資を行うための資金が不足している。
これらの知見に対処するため、報告書の著者は以下の勧告を作成した。

(提言の全文は本報告書の22ページに掲載されています。)

世界的大流行のリスク評価、警告、発生源の調査のための国際的なシステムを強化する。
WHOは、段階的で透明性のある国際的な公衆衛生警報システムを確立すべきである。
国連は、発生源不明の重大な生物学的事象を調査するための新たな仕組みを構築する必要がある。
早期かつ積極的な世界的大流行対応のための国家レベルのトリガーを開発し、制定する。
各国政府は、世界的大流行の対策に「後悔しない」アプローチを採用し、遅行指標である患者数や死者数の増加に反応するのではなく、先手を打って行動を起こさなければならない。
後悔しないための先回りした行動を促進するために、各国政府は、重大な生物学的事象に対応するための「きっかけ」を定義し、それを組み込んだ国家レベルの計画を策定する必要がある。
急速な技術進歩に伴う新たな生物学的リスクの軽減を専門に行う国際的な組織を設立する。
国際社会は、生物科学とバイオテクノロジーの偶発的な誤用や意図的な乱用による壊滅的な事象のリスクを低減するための専門組織を設立すべきである。
リスクを有意に低減するために、この組織は、資金調達から実行、発表または商業化に至るまで、生物科学とバイオテクノロジーの研究開発のライフサイクル全体を通じて介入を支援する必要がある。
世界各国における世界的大流行の対策能力構築を促進するための触媒的な世界保健安全保障基金を設立する。
国家指導者、開発銀行、慈善団体、民間部門は、世界的な健康安全保障と世界的大流行への備えを強化するための新たな資金調達メカニズムを確立し、リソースを提供する必要があります。
この基金の設計と運営は、各国政府が長期にわたって自国の準備に投資することを促すような、触媒的なものでなければならない。
サプライチェーンの強靭性という課題に取り組むための強固な国際的プロセスを確立する。
国連事務総長は、医療・公衆衛生用品のグローバルなサプライチェーンの強靭性を強化するための重要な措置に関する勧告を策定するため、ハイレベルパネルを召集すべきである。
2021年11月23日、生物兵器禁止条約締約国会議の傍らで開催される本報告書の発表会については、こちらをご覧ください。

NTIが過去にミュンヘン安全保障会議で行った卓上演習の詳細については、2019年の報告書「広がる疫病」と、2020年の報告書「地球規模の壊滅的な生物学的リスクを防ぐために」をご覧ください。

ハル・ターナー編集部意見

個人的には、これらの「演習」は全く「演習」ではないように思います。 実際のPLANS(計画)だと思うのです。

これです。 彼ら自身の猿痘「演習」シミュレーションのこのページを見てください。

https://blogger.googleusercontent.com/img/b/R29vZ2xl/AVvXsEiggcnbMdUclYBs8r96mtEVPVgJC0G9P_sRaq_Nn138x4H86f2MFO9TPA4jBKGlkIWCvYwvmI3Rpvzsxn4e7qWAB0lHiHaWc6sZCh4rz9evPIzyiygyQkhWxrxsz3rvpGD1MSC8NwE14L8rdcSL3eJ1mfhBTRLOtbaQYbplG1K9BINa1fzOvHgysigg/s1698/MonkeypoxAttackExercise-Plan2.jpg

さて、2022年5月ですが、見出しはどうなっているでしょうか。  

米国で初のサル痘患者が確認される(5月18日付記事)
とあります。

注意:ニューヨークのマンハッタンでサル痘が発生 (5月19日の記事)

まさに、「演習」が言ったことが起こるだろう・・・正確な月、正確な週に至るまで

ある「演習」が現実になったのは、これが初めてではない。

9.11のテロは、航空機のハイジャックをシミュレートする「演習」中に行われ、本物になった。

今、他の「演習」も同じように本物であることが判明している。  

もちろん、これらの演習を行う人々は、それがすべて「偶然の一致」であると信じさせようとしている。

偶然だなんて、とんでもない。 この人たちは意図的に私たちを攻撃しているのです。そして今、彼らは飛行機から建物への攻撃から、生物兵器による攻撃へとエスカレートしています。

COVID-19も攻撃された!

コビド19が計画されたことを示す実際の証拠があると思います。 あれは生物兵器による攻撃だと思います。 その理由はこうです。

リチャード・A・ロスチャイルドはCOVID-19がまだ存在していなかった2015年10月13日にCOVID-19のテストに関する特許を申請しています。

2015年に、病名が決まる4年近く前に、どうやって病気の検査システムに関する特許を申請するのでしょうか? (全文はこちら)

しかし、ちょっと待ってください。まだあるのだ。

AstraZeneca社のCOVID-19ワクチンの箱には、2018年7月15日の製造年月日が記載されている . しかし、「COVID-19」は2019年まで発見されず、2020年2月11日まで命名されなかったのです。

アストラゼネカはどのようにして、病気が発見される前、あるいは命名される前の2018年7月に「COVID-19ワクチン」を製造したのでしょうか? (全文はこちら)

さらにMOREがあります。. . .

「世界が新型コロナウイルスについて初めて耳にしたのは、2020年1月初旬、中国の武漢新型肺炎に似た病気が蔓延しているとされる報道があったときだった。しかし、世界保健機関新型コロナウイルスの病名を "Covid-19 "と正式に命名したのは同月11日だったので、世界が実際にCovid-19の存在を知ったのは2020年2月のことだった。

では、これが公式の真実であるのに、なぜ米国政府のデータでは、米国国防総省DOD)が2019年11月12日にLabyrinth Global Health INC.に「COVID-19研究」の契約を発注しており、新型コロナウイルスの出現とされる少なくとも1ヶ月前、そしてCovid-19と公式に命名される3ヶ月前になっているのか(全文はこちら)。

この不都合な真実への短い旅はさらに進み、私はこの小さな宝石を提供する。

米国国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)とModernaの間の秘密保持契約で浮上した機密文書は、彼らが2019年12月12日に、ノースカロライナ大学に「コロナウイルス・ワクチンの候補」を譲渡したことを示すものです。

. .これは、中国で新型コロナウイルスが発生する19日前のことです 

感染拡大が起こることを知っていたのでなければ、どうして感染拡大前にコロナウイルスワクチンが必要になることを知っていたのだろうか?  (全文はこちら)

最後に、もう一つ。

フランス政府は、フランスでCOVID-19の事例が発生する4日前に "VACCINE PASSPORT "の標識を印刷しました。フランス政府は、COVIDがフランスに上陸する4日前に、どうやって「ワクチン・パスポート」の必要性を知ったのだろうか?

個人的には、唯一の論理的な結論は、彼らが知っていたということであるように思われる。  (全文はこちら)

さて、猿痘を使ったテロ攻撃を含むこの「卓上演習」がありますが、演習では「攻撃」は2022年5月15日に行われることになっています。驚いたことに、2022年5月18日には、実際にサル痘が発生しているのです。

私の考えでは、これらの「演習」は実際には計画である。

生物兵器の攻撃計画だ。

そして、私たちが......あなたと私が......標的なのだ。

君のことは知らないが、私はもう十分だ。  あからさまな計画はもうたくさんだ。 実際に攻撃を行うのはもう沢山だ  そして、地元、郡、州、連邦のあらゆるレベルの法執行機関が、何一つ手を打たないことには、もう十分すぎるほどだ。

いつになったら、私たちは一丸となって、このクソッタレに終止符を打つことができるのでしょうか。

それとも、このサイコパスに殺されるのを黙って待つのだろうか?

古い格言に 「見返りは公平に 」というのがある。

そしてもう1つ 「一方について当てはまることは他方についても当てはまる」

先に攻撃したのは彼らだ